坂東玉三郎 初春特別舞踊公演
ハイ、ここからが今年のネタですよ~(笑)。

2018年の初芝居は、松竹座の「坂東玉三郎 初春特別公演」でした。
お正月らしく、ロビーには獅子舞の姿が。
わーすごい!と思っていると、なんと獅子舞がエスカレーターに乗って上の階へ行った(笑)。面白すぎる!
そして、そのまま舞台へ。
千次郎さん、當吉郎さん、開演前からお疲れ様です。

さて、舞踊公演ですが、まずは「口上」。
口上といっても挨拶だけではなく、全体の解説も兼ねていて、とても分かりやすかったです。
玉三郎さん・壱太郎さんが自分の言葉で語って下さるというのは、とても嬉しく素敵なことだと思います。
それと、玉三郎さんが自身のサイトなどで常々言及されていることですが、歌舞伎や日本文化を支える伝統産業に対する感謝の思い。
本当に良い品質のものや良い技術が衰退していくことを何とか食い止めたいという玉三郎さんの気持ちに触れて、果たして「便利なこと」だけがいいことなのか?と見直す機会にもなりました。

閑話休題。
最初の演目は「元禄花見踊」。
お正月に流れている音楽といえば、この曲か「春の海」だよねと思うくらい有名な曲です。
この演目は踊る人数も多く、お正月らしく華やかで綺麗。また、職人的な玉三郎さんの指導がきっちりと皆に行き届いている感じがしました。
玉三郎さんの相手として踊る松十郎さん、千次郎さんはさぞかしプレッシャーだと思いますが、こうやって頑張っている姿を見ると、こちらも励みになります。
今回の出演者は、玉三郎さんとその一門&上方の若手と思っていたら、中村屋の鶴松さんがいてびっくりした!
いつもとは違うメンバーの中で、更に吉太朗さんという部屋子の後輩もいるので、いい刺激をもらえたらいいなと思います。
その吉太朗さん。最年少の16歳ですが、若々しくクセのない踊りに好感が持てます。

続いて「秋の色種」。
これは本当に美しい曲で、鈴の音ばかりではなく三味線や琴でも虫の音を表現しているところが素敵です。
ただ、美しすぎて、途中でついウトウトしてしまいました…(私は曲がきれいだと心地よくなって寝てしまうんです)。
でも、玉三郎さんと壱太郎さんが琴を弾いているところはバッチリ見ました!
もちろん舞踊がメインなのですが、玉三郎さんは曲に合わせて色々と柔軟に演出されているんだなあ…と感じました。
(今回の舞踊公演は、玉三郎さんの演出力にも注目。特に「元禄花見踊」の人の出入りと、後に出てくる「傾城」での提灯の灯し方(暗転の中で舞台と客席の提灯をつけている)が印象的。決して奇をてらっているわけではなく、控えめながら品のあるところがいいですね)。

そして、壱太郎さんの「鷺娘」。
芝居心が必要不可欠な演目で、壱太郎さんは若いながらに圧巻の舞。そして迫力の表情。
後見の2人(翫政さん、光さん)も若手で、技術の善し悪しは私のような素人では分からないんですが、全体的に緊張感が漲っていて清々しいです。
壱太郎さんのブログに、この「鷺娘」の前日譚が載っていますが、実際に踊りを見ると、なるほどなあと思うところがたくさんありました。
どこか物寂しい白無垢姿から可憐な町娘になるところは、溌剌として幸せだった頃の回想かもしれません。
最後に死ぬところは、よりによって嫁入りの日に人違いで殺され、想いが残って鷺に生まれ変わってもまた不運に死んでいく娘の哀れさがグッと胸に迫ってきました。

切は「傾城」。
先ほど書いた暗転中の提灯の後には花魁道中があります。
そしてまたスッと暗転になるのはとても幻想的。
玉三郎さんの踊りはすごく美しい!!
唄の言葉が分からないところも少しありましたが、踊りでなんとなくニュアンスが伝わってきて、この花魁の心のうちが理解できる気がしました。
踊っているうちに襖が開くと雪が降っていて、その美しさにも感動。
ただ綺麗というだけではなく、何か深いものがあるような、胸の中にしんしんと降るような、そういった美しさでした。
スポンサーサイト
顔見世inロームシアター
なかなかブログを更新できなくてごめんなさい(誰も待っちゃいないかもしれないけど…)。
遊びすぎが祟って(?)感想を書いても書いても次がある状態…こっちだけじゃなくてもう一つのブログもね…。
でも、年内のことは年内に終わらせたいので頑張ります。

18日に千秋楽を迎えた京都の顔見世興行。
今年は中村芝翫さん、ご子息の橋之助さん、福之助さん、歌之助さんの襲名披露です。
私は始まってすぐ、4日の昼の部を見てきました。

まずは「壽曽我対面」。
21歳の橋之助さんが曾我五郎を初役で演じました。
若成駒の三兄弟にとって、今年は「対面」に始まり(「吉例壽曽我」。通称「雪の対面」)「対面」に終わった一年でしたが、歌舞伎の基本と言われるようなこの演目で(一年に一度や二度は必ずどこかの劇場でやってるよね)、若い三人が基礎からたくましく鍛えられているような気がしました。
橋之助さんの曾我五郎は、初役でまだ若いなら、まあこんなとこかなという感じですが、三宝を壊すところには父を殺された悔しさがリアルに滲んでいてとてもよかった。
そして、従兄の勘九郎さんが朝比奈、同じく従兄の七之助さんが十郎。
橋之助さんにとってこれほど頼もしい朝比奈と十郎はないと思います。
五郎への情愛なのか、従弟への情愛なのか、二人とも優しさが滲んでいて、ついつい微笑んでしまう場面もありました。
5年前の顔見世では、父・勘三郎さんを亡くした勘九郎さんが襲名披露で五郎を演じ、「泣いたりしてごめんなさい」と思いながらも、涙が出てしょうがなかったのですが、今、朝比奈を演じて従弟を支えている勘九郎さんはとても大きく、温かい存在になったと思います。(ちなみに、5年前の朝比奈は芝翫さん(当時は橋之助さん)。縁を感じます。)
同じく七之助さんも、久々に立役を見ましたが、包容力というのでしょうか、何か大きなオーラがあるような気がしました。
厳しさと同時に優しさも漂う梅玉さんの工藤祐経。
まなざしがすごくいいんです。やはりさすがだなと思います。
福之助さんと歌之助さん、襲名の2人が近江小藤太と八幡三郎を演じています。
福之助さんの成長の著しさに思わずハッとしました。台詞回しがすごく良くなってますね。
歌之助さんは、普段はまだ16歳の少年という感じがしますが、舞台に出ればもう立派な青年ですね。やっぱり二枚目が似合う。
そして、男女蔵さん、亀鶴さんが梶原親子という贅沢さ。これぞ顔見世です!

続いて、芝翫さんの襲名披露である「渡海屋」「大物浦」。
これもよくかかる演目ですが(今年に入って3度目の上演です)、知盛という役は、若い時は若い時なりの良さが出て、ベテランになればまた違った良さが出るような、不思議な魅力のある役だと思います。
芝翫さんは若手とベテランの間くらいの年齢で、まさに今、脂がのってきたと感じさせるものがありました。
それにしても、芝翫さんってホント、浮世絵から抜け出してきたみたいだなあ。
弁慶にかけられた数珠を引きちぎって成仏したくはないというシーンなど、動く錦絵という感じ。
そして、襲名、顔見世ということで、こちらも豪華な配役。
秀太郎さんの義経(ネットで配役を見ていたはずなのに、出てきた時にびっくりした)は、台詞の端々に気品が漂っています。
それと共に、義経の哀しみがグッと胸に迫ってきました。
鴈治郎さんと勘九郎さんが相模五郎と入江湛蔵。
さすがに上手い鴈治郎さん!面白いし、めっちゃ激しく動く!失礼ながら、あの年齢、あの体型でここまで機敏とは、さすが歌舞伎役者です。
時蔵さんの典侍局は、気丈さと安徳天皇への思いにジーンとさせられます。
義経たちに捕えられた時、やつれて哀れなのに、それが美しかった。
官女たちや入江湛蔵が身を投げるところは思わず涙…。こんな切ない、悲しいシーンはないですね。
しかし、彌十郎さんの弁慶が最後に吹く法螺貝は、単に悲しいとか悼むというだけではない、「お前の心は俺たちが受け取った」というような思いも感じられ、心が静かに癒されました。
(それにしても、彌十郎さん、昼の部は出番これだけなんてもったいなーい。しかも、最初のほうで弁慶の足が痛くなるシーンもなかったし。)

「二人椀久」は、まさに「待ってました!」。
前回見た時は仁左衛門さんが肩の手術で休演になってしまい(あの時も顔見世だったね)、愛之助さんが椀久だったので、仁左衛門さんの椀久を見るのは今回が初めてです。
椀久は狂気に陥っているんですが 時に愛らしささえ感じられて、それが逆に切ない。
孝太郎さんの松山は、せり上がってくるところで振り向く表情が美しい。
シースルーというのか、紗のような着物の打掛を羽織った姿は幻想的でした。
そして、やはり曲が美しい。
華やかなところも、今は昔…という思いをかきたて、こちらも切なさを感じました。

P・S ロームシアターは去年初めて行って、その時は飲食スペースのなさに苦しみましたが(みんな荷物を手に持ちながら立って食べてた)、今年は客席で食事をしてもよかったので助かった!できれば、コンビニ弁当ではなく、もっと美味しいお弁当を持って行きたかった…。でも予約する弁当は高いからなぁ…。

P・Sその2 素人がこんなことを書くのも差し出がましいと思いつつも、見ているうちに、三兄弟に将来演じてもらいたい役柄が浮かんできました。
橋之助さんには、「夏祭浪花鑑」の一寸徳兵衛をやってほしいと思います(これは努力次第で数年後に実現するかもしれません)。
若いんですが、義侠心や男の色気を感じさせる役が似合うと思います。
そういった点では、もちろん、団七も。
でも、やっぱり徳兵衛がいいなあ(単に私が徳兵衛という役が好きってだけなんだけど)。
福之助さんには、「柳影澤蛍火」の柳沢吉保を。
周りがどんなに衝撃を受けていても平然と座っている姿に、ぶわっと色気がにじみ出るのではないかと思います。
そりゃまあ、今はまだ無理だと思いますが、30歳になったらやってみてほしいですね。
歌之助さんは「新口村」の忠兵衛かな(「封印切」じゃなくて「新口村」というこだわりがあります)。
やっぱり女形や二枚目がいいなあと思います。
こちらも、もちろん10代では無理ですが、いつか見てみたいです。できれば初役の時に見たい(理由は特にないですが)。
それにしても、こんなに違った魅力の従弟たちがいると、児太郎さんは相手役選び放題ですね(笑)。
大阪文化芸術フェスティバル 歌舞伎特別公演
28日に松下IMPホールで行われた「大阪文化芸術フェスティバル 歌舞伎特別公演」を見てきました。
最初は見に行く予定ではなかったのですが、たまたま某所でチケットを売っているのを見かけ(といっても転売サイトじゃないですよー)、7月以来歌舞伎に飢えていたためについポチッとしてしまった次第(笑)。
でもでも、期待に違わずとっても楽しい公演でした!

まずは「操り三番叟」。
鴈治郎さんのリアルな人形っぽさが見事。
どんな激しい動きでも表情がまったく動かないのがスゴイ!
鈴の振り方も、いかにも人形に持たせて上で操ってる感じがすごく出ていて面白いです。
最初のおごそかな千歳と翁の舞では、壱太郎さんの久々の立役に「わりと背が高いなあ」と思ったり(女形の時はきっと膝を曲げているのでしょう)、翁の愛之助さんが踊っている間、微動だにせず平伏していて、動くのも大変だろうけど、じっとし続けるのも大変だろうなと思ったり。
愛之助さんは「翁」というには若いですが(まあ、この翁は、能で面をつけて踊るときのイメージで「翁という役」という意味なのでしょうけど)、その分、華やかさがこぼれるようで、荘厳さの中に彩りを添えていたのではないでしょうか。
上方歌舞伎以外からの唯一の出演である種之助さん(彼のルーツも上方なのですが)は、相変わらずお父さんの又五郎さんにそっくり(笑)。
可愛らしいイメージの強い種之助さんですが、切れた糸を結び合わせる芝居などに少し大人になった部分を感じました。また、声もとても良かったと思います。
愛之助さんのお弟子さんとしておなじみの愛一郎さんが前半で後見をしていますが、女形でない姿がなんだか新鮮でした。
後見をじっくり見るというのはナンセンスかもしれませんが、きちっとした動きも素敵です。

つづく「舞妓の花宴(しらびょうしのはなのえん)」は、成駒屋に伝わる舞踊で、壱太郎さんの色香があふれる舞でした。
壱太郎さんの女形の綺麗さには定評がありますが、今回は若さゆえの美しさだけではないものが出てきたなと思いました。
動きに色気があり、最初の白拍子姿の重厚な舞、島田髷の娘姿に代わってからの艶やかな美しさ、どちらも楽しめました。
最後に紅葉がヒラヒラと舞い降りてくるのも風情があって、とても美しかったです。

最後は「釣女」。
地元といえば地元な西宮のえべっさんを舞台にしたお話です。
めっちゃおもしろかったー!
愛之助さんの太郎冠者のとぼけた味わいが楽しく、種之助さんの大名のわがままなおぼっちゃまぶりと好一対でした。
壱太郎さんの上臈は輝くばかりに美しく、種之助さんがでれでれしているのが可愛かった(笑)。
そして、メインイベントともいうべき(笑)鴈治郎さんの醜女。おブスなんだけど可愛い(笑)。
しかもアドリブ入れまくり。こんなに自由なのは初めて見た(笑)。
そういえば、三番叟と醜女が同じ鴈治郎さんだと気付かない方もおられたようです。

少人数、短期間での公演でしたが、名優ぞろいの本格的な歌舞伎で、お客さんたちの帰りの反応を見ていると、初心者の方もかなり楽しめたようで良かったなと思いました。
これを機に松竹座にも見に来てくれるかな?
猿之助さん、お大事に!
猿之助さんが舞台で骨折されたそうです。
すごく心配ですが、元気なコメントも出ていてひとまず安心。
でも、痛かっただろうな…。
そして、「麦わらの挑戦」でルフィ役をつとめている尾上右近くんが本興行で代役に。
すごいことになってしまったな。
プレッシャーはいかばかりかと思いますが、とにかくやりきってほしい!応援しています。
またまた嬉しかったこと
市川右團次さんのブログを読んだときに、「そういえば大阪(関西)での襲名披露っていつになるんだろう?地元だし、絶対やるよね」と思ってたら、松竹座のHPに、来年10月、市川齊入さんとの同時襲名披露との記事が!(数日間見ないうちに、いつの間にかUPされてました(笑))
もう、ホントに嬉しくて感激しました!
関西にゆかりの深いお二人が松竹座で同時にというのも感慨深いです。
市川家は江戸歌舞伎なれど、ここはひとつ、上方の演目もやってもらいたいですね。
新・右近くんは来るのかなぁ~(学校かな)。