花戦さ
さぁ、「やじきた」に引き続いて、映画「花戦さ」の感想も書いていきましょう(ちなみに、この映画にも猿之助さんが出演。狙ったわけでもないのに、なぜか猿之助さん特集に…(笑))。

野村萬斎さんが演じる主人公・池坊専好は、どこか「のぼうの城」の主人公・のぼう様を彷彿とさせる人。
それは、同じ人が演じているからというのではなく、一見ふわふわとした中に、一筋の信念が感じられる点が似ているから。
その信念は、ただ「岩にかじりついても己の道を貫く」というだけではなく、もっと人への思いにあふれた信念。
私は流派が違うので池坊の詳しいことは分からないんですが、専好らが仏に花を捧げてこの世の幸せを祈り、花を通して人々の心を救済する「花僧」であることが、自身をただの怒りだけではない「救済の戦さ」に向かわせたのだと思います。
専好は「私は執行に向いていない」と泣くこともあるのですが、命を賭して秀吉に立ち向かう姿に「彼は紛れもなく執行だ」と思わせるものがあり、感動しました。
それにしても、中井貴一さん、佐藤浩市さんというすごいキャスティングでこの映画を見ることができたのは幸せでした。
中井貴一さんは少ししか出てこなかったのですが、短気で怒りっぽい半面、文化を愛する深さも持ち合わせる信長で、話の重要な伏線をつくっていたと思います。
佐藤浩市さんが利休というのはなかなか意外なキャスティングでしたが、信長の茶頭であった頃の、まだ商人の面影を感じさせる闊達さ(「~さしてもらいまっさ」という大阪弁が上手い)、そして、秀吉の不興を買い、その悩みの中で、奥深く思考の内に沈んでいく姿に、単に悲しみだけではない、利休独特のものを感じました。
そして、猿之助さん。
この方は映画では舞台とはまた違ったオーラを発揮するんだなぁ~といつも思います。
一つ一つの表情、セリフに、非常に細かく「何か」を感じさせてくれるんです(その「何か」はストーリーや役柄によって違うんですが)。
ちょっと浅はかなところもあるけど陽気な男だったのが、権力を持つにつれ、自分のことしか信じられなくなっていく秀吉。
その孤独からくる憎しみのエネルギーがすごい。
幼い子の首まで刎ねたりとショッキングなところもありますが、そのまなざしに、非常に暗い、哀しいものが感じられます。
だからこそ、最後にお館様を思い出し、笑うことができたのは良かったなと思います。

演出で良かったのは雨。
利休の首が晒された時のあの悲しさは、間違いなく雨がふっていたから。
雨によって、理不尽な世界を嘆く専好らの気持ちがより伝わってきました。

P・S それにしても、旅に出たっきりの方はどうなったのでしょう?
スポンサーサイト
「LA LA LAND」
アカデミー賞でも話題になった(まさかのハプニングでしたね~)映画「LA LA LAND」を見てきました。
明るく楽しいオープニングから、懐かしいMGMミュージカル的なものになると想像したのですが、結末はまた違ったものに(だからこそ、アカデミー賞の作品賞にノミネートされたんだと思いますが)。
物語の終盤、ミアとセブが「こうだったらよかったのに」と思う場面が、まるで夢のように展開され、その美しさが却ってほろ苦く、切なく、人生には掴み取れるものも、そうじゃないものもあるということを伝えています。
私がもっと若ければこの結末には納得できなかったかもしれませんが、幸いにも(?)オバサンになりつつあるので、たとえ掴み取れないものがあったとしても、それが人生。成功しても失敗しても人間はいろんな思いを抱えながら生きて行くんだと思うことができました(まさか「グランドホテル」を観た時のような感慨を得るとは、思ってもみませんでした)。
それにしても、主演のエマ・ストーンとライアン・ゴズリング、二人とも踊りが上手いですね~。
それも、いかにも踊ってますというパワフル系ではなく、とても自然で上品なダンス。
こういうところは古き良きMGMミュージカルの要素を踏襲してますね。

P・S 新聞評には、この映画には様々なミュージカル映画へのオマージュがあると書かれていたのですが、宝塚で舞台版の「TOP HAT」を観ていたので、どの辺に「TOP HAT」へのオマージュがあるのか、すぐに分かりました。ポスターにもなってるあのタップのシーンね(笑)。

P・Sその2 「LA LA LAND」、なぜこのタイトルなの?と思ってたんですが、もしかして、LA=ロサンゼルスってこと?「スターの街よ」って歌も出てきたし…。
映画「真田十勇士」
2週連続の映画鑑賞。今回は「真田十勇士」を見てきました。
(ネタバレしますので、これから見る方は後で読まれるほうがいいと思います。)

超高速!参勤交代リターンズ
久々に天王寺に出て、映画「超高速!参勤交代リターンズ」を見てきました。
前作も面白かったけど、今回もめっちゃ面白かった~!
二日間で牛久から湯長谷藩(現在のいわき市)まで帰らないといけない…というお話のはずが、なんだか壮大な展開に。
それでも、やっぱりご家老は井戸に落ちる(笑)。しかも泳げないのに皆に気付いてもらえないし。
それと、猿の菊千代がめちゃめちゃ可愛い~!詳しくは書けませんが、旗を持っているところがすごーーく可愛いです。
あと、「七人の侍」か?!と思うようなシチュエーションも(笑)。まあ、実際に七人だったけど。
今回は古田新太さんが大岡越前守忠相役で出ています。
古田さんというと、今、朝ドラで悪役を演じているので大岡越前とのギャップがすごい(笑)。
寺脇康文さんの妻役を演じる富田靖子さんも今回からの参加ですが、気丈な女性でカッコよかったです。
この先、まだ続きがあるのか、ないのかは分からないのですが、このメンバーはすごく良いので、スピンオフか何かでも見てみたいなと思います。
「殿、利息でござる!」
先月末に、話題の映画「殿、利息でござる!」を見てきました。
面白かったし感動したし、めっちゃよかったー!
クスッと笑えたりするところは「超高速参勤交代」を思い出したんですが、やはり本当にあった話というのは、飄々と描きながらもずっしりとした感触があると思いました。
また、美術陣もそのリアリティに一役買っています。セットなのかロケなのか分からないんですが、「パッとしない宿場町」のリアル感がすごい。
その宿場町で貧困にあえぐ人々のため、一歩間違えば首が飛びかねないような奇想天外な策を思いつく人々。
しかも、そこに「驕り高ぶらない」という気持ちを込めた「慎みの掟」を自ら課します。
単に慎み深いというだけでなく、人のこと、町全体のことを考えた上での慎み深さに胸が熱くなりました。
また「慎みの掟」ができるよりずっと前から慎みに慎みを重ね、そのために誤解されたまま死んでも悔いはないという深い心を持った人も。
そのために兄弟の葛藤も起こりますが、それを乗り越えていく関係の深さに感動。
阿部サダヲさんの涙と、妻夫木聡さんの静かな演技が胸を打ちます。
また、敵役(?)を一手に引き受けた松田龍平さんの上手さにも唸りました。
そして、男たちを驚かすほどに剛毅な女たち。
竹内結子さん演じる小料理屋の女将のきっぷの良さ、瑛太さんの妻役の山本舞香さんの潔さが爽快です。
そしてそして、超サプライズ配役!羽生選手が演じる藩主!「重村である」と言うセリフの殿らしさがなかなか良かったかも。
本当に素晴らしい話で、何度も見たくなるような映画でした。

P・S 原作者…というのかな?調査して本を書いた磯田道史先生が武士の役で出演!こちらもサプライズですね(笑)。