歌舞伎鑑賞教室
昨日、南座の「歌舞伎鑑賞教室」に行ってきました。

歌舞伎鑑賞教室

南座には、ミュージカル「阿国」を見に行ったことがあるんですが、歌舞伎を見るのは今回が初めて。わくわくしながらこの日を待ってました。

まずは、落語家の桂九雀さんによる「南座と歌舞伎」の解説。
これがまた楽しい!
歌舞伎について、いろいろなことを分かりやすく、笑いも大いに交えて話してくださいました。

この「歌舞伎鑑賞教室」は今年で14回目になるそうで、毎回「特集」のようなことをしているそうですが、今回は歌舞伎の「音」、とくに大太鼓について。
大太鼓は自然現象を表すことが多いようで、雨や風や波はもちろん、雪まで音で表現します。
たとえば、「雨」でいうと、「助六」の登場シーン。
私、以前から、助六がなんで傘をさしているのか分からなかったんですが、あれは雨が降っているからなんですね。
こういうふうに「音」についての約束が分かると、話の設定も分かってくるんですね~。感心。
では、「雪」はというと、たとえば「鷺娘」等に出てきます。
雨や風のときの撥とちがう先の丸い撥を使っていました。
ここではお客さんを一人呼んで、練習の後、歌舞伎のダイジェスト版(素踊りのようなもの)に音をつけてもらいました。

「音」についての説明の後は、舞台機構について。
セリや盆は宝塚でもおなじみなんですが、花道は歌舞伎独特のもの。
「七三」と呼ばれる場所で、役者が見得を切ったりするということや、歌舞伎通は花道の出口のカーテンが開閉する音を聞いて「○○屋!」などの声をかけること、スッポンと呼ばれる花道のセリから上がってくる人物は妖怪や怪しい人が多いということ等を教えてもらいました。
ここでもお客さんを呼んで、歌舞伎の衣装を身に着けてもらってました(ここでは可愛いお姫様の衣装でした)。ちなみにとても重いものだそうです。

そして、第2部は上村吉弥丈による歌舞伎舞踊「鷺娘」。
ここでさきほどの「雪」の音が出てきました。
吉弥さんの鷺娘は、歌舞伎をはじめて見たせいか「あっ、普通の女の人よりは大きいな」とは思いましたが、美しく可憐な娘ぶり。でも踊りが進んでいくうちに「女の恋の情念」が色濃く現れ、思わず見入ってしまいました。
この「鷺娘」の見どころは「引き抜き」や「ぶっ返り」といった衣装の早替り。
後見さんが衣装についている糸を引いたり、衣装を引き抜いたりすると、白い衣装が一瞬にして赤になったり、桃色になったり、紫になったり、また白になったり…。いったい何枚着ているんだろうと思うくらいの素早い早替りでした!
また、この早替りは単に観客の目をおどろかすだけではなく、衣装の色や髪型によって、感情の微妙な変化が見えるようになってるんだな~と思いました。そして、色が変わるたびに感情の変化を細やかに演じ分けた吉弥さんもほんとにすごい方だと感心しました!

囃方の演奏もとても素晴らしく、とくに三味線の音の美しさには聞きほれました。
謡の言葉はあまり意味が分からなかったんですが、声がとにかく素晴らしくて、生はやっぱりいいな~と思いました。
来年の「歌舞伎鑑賞教室」はもちろん、松竹座での歌舞伎や南座の「顔見世」も行きたくなりました!

南座


P・S 南座のすぐ横の和菓子屋さんで柏餅を買いましたが、これがまたすごく美味しかった!お餅がいいんですね。
今度はこちらの名物「祇園饅頭」も買いたいと思います(実は最初「歌舞伎饅頭」だと思って、そう書いてました。恥ずかしー!!)
スポンサーサイト
食べる・喋る・笑う
昨日、友人Nちゃんとランチしてきました。
Nちゃんとはこの前も「アフタヌーンティー」でお茶して、そのときに「今度はランチで来ようね」と言ってたので、今回は「アフタヌーンティー」でパスタをいただきました。

パスタ&桜緑茶

私がオーダーしたのは、期間限定の「菜の花と桜えびのパスタ」。
あっさりした味で、菜の花も桜えびもおいしかったんですが、私が特に気に入ったのは、すごく小さなグリーンピース。普通のものよりプチプチしておいしかったです!
これならグリーンピースが苦手な人でも食べられそう(ちなみに、私は冷凍のグリーンピースがちょっと苦手です。冷凍じゃないものは大好き)。
Nちゃんはエビが苦手なので、スパイシーチキンのトマトクリームパスタ。
チキンはほどよい味付けで、パスタも美味しかったそうです。

今回も宝塚の話で盛り上がりましたが、それ以外にも、京都の話(Nちゃんが先日行ってきて、お土産をくれました!私も今度行ってきます)や、昔見たドラマやアニメの話などなど、すごく面白かったです。
とくに、懐かしの「大映ドラマ」の話は大盛り上がり!
「スケバン刑事」とか「スチュワーデス物語」とか「ヤヌスの鏡」とか「スワンの涙」とか…(笑)ある一定の年齢以上の人なら、懐かしくてたまらないと思いますが、今の高校生くらいだったら、きっと分からないだろうなぁ…。高校生諸君、杉浦幸とか知らないでしょ?(笑)
私はちょうど小学生くらいの時に見ていたので、「スケバン刑事2」ごっことかよくやってて、指の間にビー玉をはさんで「ビー玉のお京」のマネとかしてました(笑)。あと、「スチュワーデス物語」の片平なぎさの手袋の脱ぎ方とかもやってましたね(笑)。

話がすごく面白かったので、ちょっと買い物してから、以前にも行った喫茶店でもたくさんおしゃべりしました。

イチゴ杏仁豆腐

写真はそのお店で食べた「イチゴの杏仁豆腐」です。
シロップのかかった杏仁豆腐の上にイチゴが乗っかってるだけのシンプルなデザートですが、ちょっと硬めの杏仁豆腐がツルンとしてて、すごくおいしかったです。
Nちゃんはバナナケーキをオーダーしました。
このお店の定番で、オープン当初からあるメニューだそうです。
あと、二人ともミルクティーを頼んだんですが(セットで付いてます)、それぞれの好みの加減はこのとおり。

それぞれの好みのミルクティー

ミルクが多いほうがNちゃんで、そうじゃないのが私です(笑)。
ちなみに、Nちゃんはお砂糖入り、私はお砂糖なしです。
私はコーヒーでも紅茶でも砂糖なしで飲むのが好きなんです。

今回も、いっぱいお喋りして楽しかったです!
でも、まだまだ話し足りないので(笑)、今度また違うお店で食事しようと約束しました。
江戸下町てくてく紀行・見おとし(^^;)
宝塚のCS放送チャンネル「タカラヅカ・スカイステージ」のアンコールアワー(再放送)で、「名作の旅『月の燈影』」をやってたので、それをビデオにとって今見てます。
去年9月にここで紹介したところのほとんどを、タカラジェンヌの蘭寿とむさんがいろいろまわってますが、私が見落としたところもちらほら。
今度東京に行くときは、富岡八幡宮と清澄庭園行かなきゃ!
隅田川の川下りは…、うーん、どないしょう?(いきなりネイティブ関西弁(笑))
それにしても、去年10月の旅行といい、あの界隈から抜け出せない私…。
他に行くとこないんかい(笑)!
名残りの桜
花の道


今日は宝塚に行ってきました。
写真は宝塚大劇場前、花の道の桜です。ボケボケでごめんなさい。
携帯なんですが、屋外だとなぜか上手く撮れないんですよ。
雨と風でだいぶ散ってしまいましたが、まだ大丈夫。
でも、今日あたりが最終の見頃かな?って感じです。
今年の名残りの桜といってもいいでしょう。

そういえば、去年もここに花の道の桜を載せましたね。
今日もまたあの時と同じトレンチコートを着て花の道を歩きました。
寒いんですよね、去年も今年も。
ごく私的なことですが、トレンチコートの着こなしは全然上手くなりません(^^;)
いつになったらサマになるんでしょうね…。
民放チックなNHKドラマ
今日、ふと見たドラマ「マチベン」。
なかなか面白いですね!
江角マキコがちょっとショムニっぽいのもご愛嬌。
話の展開が良くて、引き込まれました。

びっくりしたのは、これがNHKのドラマだということ!
ボロい薬屋を買い取って弁護士事務所にしたから、事務所の屋号もそのまま「えびす堂」なんて、普段のNHKドラマにはないようなふざけた(笑)設定なんで、てっきり民放だと思ってたんですが(NHKドラマの設定って、ちゃらんぽらんな設定にしようとしても、いつもそこはかとなく堅実なんですよね(笑))、いつまでたってもCMがないんで、おかしいと思ったら…。
ていうか、「新選組!」の土方副長&源さんが出てる時点で気づけよ!って感じ?(笑)

弁護士事務所の面々も面白いメンバーだし(ジュリーにはびっくり!)、脚本も良いんですが、ただひとつの難点は、CMがないので、途中でトイレ休憩をしたり、お茶を入れたりできないこと!
しかも、普通のNHKドラマは45分なのに、これは58分あるんですよ。
そこらへんの問題をどうしようか、現在検討中です(笑)。

かんたん手作りチーズ
手作りチーズ

今朝食べた「手作りチーズ」です。
…といっても、大層なものではなく、コーヒーのペーパーフィルターにプレーンヨーグルトを入れて、4時間以上水分を漉しただけ(下にコーヒーメーカーやコップを置いて、水を受けてください)。超簡単です。
でも、味はちゃんとしたクリームチーズ風。
水分が抜けて、ヨーグルトよりも酸味が少し和らぎ、ねっとりした食感で美味しかったです。
今日はトーストに塗って食べたんですが、これを使ってチーズケーキやティラミスを作ると、市販のものより低カロリーでいいかもしれません。普通のクリームチーズよりもやわらかくて混ぜやすいし。
ぜひ、お試しあれ!
あ、そうそう、漉した水は、ミネラルとか栄養分がたくさん含まれているので捨てずに飲むといいそうです。
すっぱいので、苦手な方は料理に混ぜて使ってもいいそうです。