スパワールド
昨日、大阪のスパワールドに行ってきました。
今、1000円キャンペーンをやってるんですよ。
今回の目的はズバリ「水泳」。
ダイエットのため、最上階にある温水プールで、一時間ほど泳いできました。
以前、夏に行ったときは、あまりの人の多さに閉口しましたが、今回は冬だし、朝一番10:00に行ったこともあって、そんなに混んでなかったので泳ぎやすかったです。
私は5歳から小学校6年生まで水泳を習ってたんで、フォームはしっかり覚えてましたが、しばらく泳いでなかったら、もう肺活量が衰えまくりで何メートルも泳げない…
25メートルや50メートルなんかどうやって泳いでたんだろう?
スパワールドは、「世界の大温泉」のほかに、水着で入れるお風呂もあって、寒くなるとそこへ入って、温まってからまた泳いでました。
お昼近くになってそろそろ混んできたので、「世界の大温泉」に移動。
今月の女性のお風呂は「アジア風呂」。
私はここの大きなヒノキ風呂が大好きなので、アジアでラッキーでした♪
他にもバリやイスラム、インドをイメージしたお風呂があります。以前あった中国風呂はなくて、そこがバリ風呂に改造されたようです。
ん~、でも、やっぱりヒノキ風呂が一番!

泳いで体を鍛え、あったまってリラックス、今回は入りませんでしたがスポーツクラブもあるし、別料金で岩盤浴や酸素カプセルもあります。
しかも、タオルから部屋着からドライヤーまで何でもそろってるんで、スパワールドはオススメです。
行ける方は、1000円キャンペーンのうちに行っておいたほうがお得ですよ。
4/8まで1000円キャンペーンだそうなので、私もまた来月にでも行ってみようかなと思います。
来月はアジア風呂じゃなくヨーロッパ風呂なんで、ヒノキ風呂はないけど、足湯ができたそうなんで楽しみです。
スポンサーサイト
名古屋ヘルシーグルメ
16日のお昼から17日の夕方まで、名古屋に遊びに行ってました。
目的は昨年同様、宝塚の中日劇場公演
星影の人

今年は雪組で「星影の人」「Joyful!!Ⅱ」(公演の感想はコチラ)。
そして、今年も名古屋のうまいもんツアー…といきたいところだったのですが、急にダイエットを始めてしまい、今年はおいしいものが食べられないかな~…と一瞬思ったんですが、転んでもただでは起きない管理人ささ、「よーし、それなら体に良くておいしいものを食べてやる~!」ということで、まず、その日の夕食は、去年も紹介した「Ciao」のあんかけスパゲティ。
あんかけスパゲティ(キャベツベーコン)

いろんなトッピングがあるんですが、今回はキャベツベーコン。
味は去年食べたミラカンのほうが好みかなとは思いましたが、キャベツたっぷりで歯ごたえが抜群!シャキシャキして甘みのあるキャベツがたまりませ~ん(*^0^*)
ここにミニサラダとドリンク(アイスティ)のセットを頼んだので、野菜をたくさん食べることが出来ました。
食事の後、夜景を見たくてセントラルタワーズの最上階に行ってみたんですが、カフェに入らないと夜景が見れない…(泣)。
仕方ないので、途中の15階からの眺めを載せておきますね。
名古屋の夜景

ホテルに帰ってお風呂に入ったあとは、ここ数日間、日課にしている筋トレ(笑)。
「腹筋○回」等と決めてしまうと、早く終わらせようと思っていいかげんになるので、20分間を目安にいろんなトレーニングをしています。
友達からメールが来たりして読んでいたので、実際は17分くらいだったかもしれませんが、約20分間筋トレをすると、息が上がってしまうくらいしんどいです(軟弱?)。
疲れて、テレビを見ている途中に寝そうになったので、あわてて布団に入りましたが、ねまきが薄くて寒かった…。
ホテルはすごく綺麗で明るくて、清潔で気に入ったんですが、ねまきだけがちょっと残念かな。
まぁ、ダイエットで脂肪が落ち始めるとやたら寒いんですがね。

翌日の朝食は、友達オススメの「フルタイムモーニング喫茶 リヨン」へ。
リヨン

店の場所が分からなくて、しかも入っているビルが工事中で迷いましたが、それも歩いてカロリー消費したってことで良しとしましょう。
こちらでは、名前のとおり、8時から18時まで、コーヒー一杯の値段でモーニングセットがいただけます。
私が頼んだのは野菜プレスサンド。
野菜プレスサンド

はっきり言ってワタクシ、このサンドイッチにハマりました!また食べに行きたいです。
これもキャベツが入ってるんですが、昨日のスパゲティの時とはまた違う食感で、キャベツ料理って奥が深いかもと思いました。
ホテルに荷物を取りに行ってから、栄へ移動して少しお買い物。
食べ物の誘惑には気をつけてましたが、着る物の誘惑には勝てませんでした~(A^^;)袖がフレアっぽい黒のボレロ買っちゃった!バルーンのもあったけど、ちょっと寒そうだったので、今回は普通の長さの袖で…。
お昼は少し早めでしたが、また「Ciao」へ行って(同じ系列店ですが、昨日行ったところとは違うとこです)あんかけスパゲティを食べてきました。
あんかけスパゲティ(カントリー)

今度はカントリーという名前で、去年食べたミラカンの、ハムが入ってない野菜だけのバージョンのものにしました。
一口食べて、「そうそう、この味!やっぱりあんかけスパはタマネギとピーマンが入ってないと物足りないんだよね」と一人で納得。
ちなみに、キャベツベーコンとカントリーは同じSサイズ。キャベツのボリュームがすごかったんだな…。
そして、この日は待望の中日劇場公演を観劇。
めちゃめちゃ楽しかったです!
お昼が早かったので、おなかが空きすぎると困るなと思って、幕間には中日ビルで買ったフルーツゼリー(白桃)を食べました。
数日間、甘いものをほとんど食べていなかったので、すごくおいしかった!

あっという間の名古屋旅行でしたが、ダイエット中でもそれなりにグルメが楽しめてよかったと思います。
私はやせにくいので、たぶん、あと何ヶ月もダイエット生活が続きますが、たまには大阪でもヘルシーグルメを見つけて楽しもうと思います。
もちろん、それに見合う距離を歩かなきゃいけないけどね。
「天上の虹」20巻
待ちに待った「天上の虹」20巻が発売されました!
私はこの漫画の10年以上のファンで、コミックは全巻持ってるんですが、持統天皇の生涯を描いた作品で、歴史の好きな方、とくに古代史の好きな方にはぜひ読んでいただきたいですね。
もちろん史実そのままではなく(っていうか、そのままを描こうにも、誰もあの時代に生まれてないんで描けないよね)創作された部分もありますが、里中満智子先生は、歴史をしっかりと調べた上で(コミックの発売がよく遅れるのはそのためなんですが(笑))創作部分にもきちんと裏づけをとって、歴史小説のように書いておられるので、その辺がなかなか良いなぁと思っています。
さて、20巻ですが、あまりネタバレするといけないんで、一言だけで表すと「おお~、そうきたか!」って感じ。
どのへんが「そうきたか」なのかは、皆様が読んでからのお楽しみ。
とりあえず、私はこれから、ある人物を調べてみたくなりました。
その結果は…やっぱネタバレなんで、調べてからも秘密にしときますね(笑)。
「ピカソとモディリアーニの時代」展
昨日は宝塚バウホールに行ったんですが(その感想はコチラ)、2時30分開演だったので、その前に大丸ミュージアム(梅田)で、「ピカソとモディリアーニの時代」展を見てきました。
「ピカソとモディリアーニの時代」展

皆様ご存知のとおり、ピカソとモディリアーニは共に20世紀初頭の「エコール・ド・パリ(パリ派)」を代表する画家ですが、作風は全然違い、モディリアーニは独特の叙情感あふれる人物画を数多く残し、ピカソは「キュビズム」という新しい表現方法を生み出しました。
「~の時代」ということで、ピカソと共にキュビズムのさきがけとなったブラックやビュッフェ、エコール・ド・パリの代表的画家であるユトリロ、パウル・クレーなどの絵も展示してあり、キュビズムを中心とした20世紀のフランス絵画の発展を知ることが出来ました。
私はキュビズムや抽象画はあんまり詳しくないんですが、色彩の勉強をしているときに、キュビズムは様々な角度から見たものを一つの絵にまとめたものという説や、絵画の中に精神性を表現しているという説を聞いたことがあります。
そう思いながら見ると、四角やら丸やらを描きまくったような画も、なんだか意味が分かるような気がしてきます。
今回、モディリアーニの画を見てハッとしたのは、描かれた人物の「手」。
絵の具を丹念に塗り重ねてあるからか、まるでモディリアーニがそこにいて絵筆を動かしているような錯覚にとらわれました。それくらい新鮮味のある印象だったんです。
彼の画はたくさん残っていることもあり、よく見るんですが、それだからこそ、見逃してる部分もあるんやな~と思いました。
だから、同じようなテーマの展覧会でも見ずにはいられなくなっちゃうんですよね。
あと、私はおそらく初めて見たと思うんですが、セルフィーヌ・ルイ(だったかな?)という画家の花の絵が力強くて印象に残りました。
展示数は少なかったんですが、新しい発見があって楽しかったです。