父の日デザート
今日は父の日だったので、母の日同様にデザートをプレゼントしました。
フロマージュブラン風デザート

ゼラチンの会社のHPに載っていた「フロマージュブラン風デザート」です。
本当は牛乳を使うのですが、父は高血圧気味なので、先日のmimiちゃんのコメントを思い出して、今回は豆乳を使ってみました。生クリームも植物性ホイップを使ってるのでちょっとヘルシーかも。
マンゴーソースは市販のものです。
その上に、ホイップクリームの残りと、もらいもののブラックベリー、家にあるローズマリーを飾ってみました。
調理時間30分で(冷蔵庫に入れる時間は別よ)、とっても簡単にできるのに、ぷるぷるしててやわらかいプリンみたいで美味しかったです!
父は鼻がききすぎるので、豆乳の匂いを気にするかも…と心配でバニラエッセンスを少し入れたんですが、「豆乳で作ってるように思えない」と言ってもらえて良かったです(^^)。
父以上に母が気に入って、「こんなに簡単に作れるんなら、夏の間に何回か作って欲しい」と言ってました(笑)。
弟もプリンが好きなので、誕生日にでも作ってあげようかな。

…それにしても、家族や女の子の友達じゃなく、恋人とかだんなさんに作ってあげられるのはいつでしょうねぇ~…。
言っておきますが、ほんとに大好きな男の人にしか作らないよ~!
その前にそんな人いないけど(笑)。
スポンサーサイト
てづくり
奈良へ行ったときに買ってきた布で、風呂敷を作りました。
って言っても端をミシンで縫っただけ(笑)。それでも縫い目ガタガタなんだから、我ながらどんだけ不器用なのかと思いますね…
この風呂敷を結んでバッグにしてみました。
ふろしきバッグ

生地のアップ。
ふろしきバッグ(生地アップ)

ゾウさんです。
市販の風呂敷にはあまりないデザインで、面白いかも。
葛うどん
ちょっと用事があって、今週の日曜も奈良でした。
そして、この間のならまち散策でも少し書いた、「葛うどん」を食べに天極堂へ(途中で行き過ぎて、東大寺の南大門まで行ってしまった…(^^;)。
冷やし葛うどんセット

以前から食べてみたかった「冷やし葛うどん」!
セットで頼むと胡麻豆腐と葛餅が付いてきます。
あったかい葛うどんはだしがトロッとしておいしいけど、冷やし葛うどんのつるんとしたのど越しも最高!!また食べたいな~。
胡麻豆腐もクセが全くなくあっさりしてて、口の中でとろーんととろけてしまいます。胡麻豆腐が苦手って人でも大丈夫そう。胡麻豆腐のイメージが変わるかも。
そして、葛餅。
葛餅

注文を聞いてから作る(セットの時は食後のタイミングを見計らって作ってくれます)ので、ほのかに暖かくて、とろん、つるっ、としてすごーくおいしかった!
皆様も、奈良にお越しの際はぜひ食べてみてくださいね。

おみやげに葛湯を買いました。
夏は牛乳で煮て冷蔵庫で冷やすとプリン風になるそうです。
私もやってみよ~!

天極堂の地図はここ
葛レシピも載ってます。
なお、葛うどんがいただけるのは本店のみです(うどんの販売は一福茶屋でもやってます)。
チャレンジ
昨日、ホットケーキミックスが家にあるのを見つけて、「そういえば、ホットケーキミックスで蒸しパンってできるんじゃないの?」と思って、早速やってみました。
ネットでいろんなレシピが載ってたんですが、作りやすいように自分で分量をアレンジしました。
「分量」って言っても正確じゃなく、ホットケーキミックスと牛乳を混ぜて、ホットケーキが作れるくらいのやわらかさ(生地をすくってみてリボン状に落ちるくらい)にして、紙コップの3分の1くらいまで入れて電子レンジで1個につき1分(たとえば5個いっぺんに入れるときは5分ね)。
これだけでできあがり!ホットケーキを作るより簡単です。
今回は卵を入れずに作りましたが、お好みで入れてもいいかも。
同じ味ばっかりじゃつまらないので、家にあるものでいろんな味を作ってみました。
蒸しパン

一番上の白いのから順に、プレーン、コーヒー、レーズン、ココア、シークヮーサー、緑茶、紅茶、真ん中はシナモンです。
シークヮーサーが意外においしくて、私的に大ヒット!さわやか~な風味です(^^)
スーパーで売ってるシークヮーサー原液で簡単に作れるので、やってみてね。レモンでもいいかも。
混ぜるものの分量は、1個につき小さじ半分くらいでOKです(レーズンは10粒くらい)。シナモンは入れすぎるとキツイので、ほんのちょっとで!
バナナがあったので入れたかったんですが、知らないうちに弟が食べてしまったので断念…(--;)
緑茶は、ホントは抹茶にしたかったんですが、なかったので、粉末緑茶を入れました。私は食べずに父が食べたので、どんな味かは分からないんですが、ビタミンCたっぷりなのは確かです(笑)。
ネットでいろんなレシピを見てると、いちごジャムを牛乳で溶いて入れるとピンクの蒸しパンができるそうなので、また今度、やってみたいと思います。バナナやシークヮーサーと一緒に、フルーツシリーズで作っても可愛いかな。
朝食にしたいときは、粉末コーンスープの素やハム、チーズ、ベーコン、ほうれん草などを入れてもいいそうです。
他、かぼちゃやニンジンやトマトの裏ごしを入れても体によさそう(裏ごしめんどくさいけど…)。
いろいろ作ってみて、コツが分かりかけてきたんで、カスタードをはさんでおみやげ物のカスタードケーキ風や、ココアにシナモンとチョコチップを入れて大人の味風(子供も好きそう)などなど、いろいろチャレンジしてみたくなりました。

もう一つ、チャレンジといえば、風呂敷を使って、お花のハサミをつつんでみました。
風呂敷を使って

友達に教えてもらったサイトをいくつか見て、包み方を組み合わせてやってみました。
なかなかカワイイでしょ?
それと、いろんな風呂敷のサイトを見たために、すっかり風呂敷バッグにハマってます。旅行にも風呂敷2枚くらい持っていけばいいかも。
手ぬぐいといい風呂敷といい、日本の昔の知恵に乾杯ですね!
ならまち散策
6/2に、友達と奈良の「ならまち」へ遊びに行ってきました。
「ならまち」とは、奈良公園の近くで旧・元興寺(がんごうじ)の境内付近にひらけた古い街並みで、町家を利用したお店や資料館などがたくさんあります。

まずは、ならまちへの道、もちいどの商店街へ。
ちなみに、「もちいどの」とは漢字で「餅殿」と書きます。けっして「もちいど・の・商店街」と切らないように(笑)。
まぁ、私も子供の頃、「もちいど」って何?と思ってましたが…。
それはさておき、この商店街にある手ぬぐい屋さん「朱鳥(あかみとり)」に行きました。
朱鳥(あかみとり)

奈良をイメージした手ぬぐいや、オリジナルの模様の手ぬぐいがいっぱい!和風だけどモダンでお洒落で、どれも欲しくなってしまうくらいです。
手ぬぐいで作ったポーチやエプロン等もありました。
私はハーフサイズの手ぬぐいを購入。
これは旅行の時の汗拭きに持って行こうと思います。
手ぬぐいはすぐ乾くし、アイロン要らずでなかなかいいんですよ。
泡立ちもいいので、大きい手ぬぐいは旅先のユニットバスで大活躍です。

可愛い和雑貨屋さんを見たりしながら、いよいよならまちへ。
故・河島英五さんの奥様が経営しているカフェ「TENTEN CAFE」でランチをいただきました。
コップに英五さんの言葉が書いてあります。
ラクダの絵がキュート。
TEN TEN CAFE(1)

こちらのシンボルマークはラクダなんですが、赤膚焼(あかはだやき。奈良市の名産品です)のシュガーポットにもラクダの絵が描いてありました。赤膚焼には「奈良絵」という、ある程度決まった図案があるんですが、ラクダはないので、同じならまち内の工房での特注のようです。
さてさて、お待ち兼ねのランチはこちら。
TEN TEN CAFE(2)

優しい甘辛さの牛丼やお味噌汁、ブロッコリーとジャガイモのサラダ等、とてもおいしかったです!
ほかにデザートメニュー(名前が面白い!)もいろいろあるので、また今度行ったときに食べたいと思います。

先ほど書いたように、ならまちには町家がたくさんあり、古いものもたくさん残っています。
庚申堂もそのひとつ。
庚申堂

「庚申さん」といわれる赤いお猿さんをモデルにした人形(下の写真参照)がたくさん吊るしてあって、華やかで庶民的な感じ。
庚申さん

屋根の上に「見ざる・聞かざる・言わざる」があって可愛かったです。
次に訪れたのは「ならまち格子の家」。
古い民家を公開してあり、懐かしい階段箪笥などもあります。
ならまち格子の家(1)

そして、驚くべきことに、「お水取り」の大松明が!
ならまち格子の家(2) 大松明

まさかこんなところで見られるとは思いませんでした。
その後、元興寺の塔の跡を見に行き、「ならまち振興館」というところのボランティアガイドさんに教えてもらった元興寺・極楽坊へ。
元興寺(1)

元興寺は、明日香にある飛鳥寺を平城京遷都と共に奈良へ移したという古い歴史のあるお寺。
昔は大変広くて、現在のならまちの70パーセントが元興寺の境内だったそうです。
火災などで伽藍がなくなり、今は残念ながら僧坊である極楽坊が残っているのみです。
極楽坊の屋根には、明日香から持ってきたという瓦があり、見てみて「おお~!これが1300年前からあるんだ!」と感慨にふけりました。
元興寺(2)

(色が赤茶っぽいのが明日香時代の瓦です。)
宝物館には貴重な五重塔の模型(五重塔を作るときに1/10サイズで作るもので、普通は取り壊すそうです)やたくさんの仏像、元興寺跡からの出土品など、盛りだくさんに展示してあって、かなり見ごたえあり。
その中で、二人とも、如意輪観音の美しさに見とれてしまいました。

元興寺を見た後、お店を見たりしながら歩いていたんですが、疲れたので、偶然見つけた「天極堂・一福茶屋」というお店へ。
天極堂 一福茶屋

「天極堂」本店は東大寺近くにある、吉野葛の和菓子専門店なんですが、こちらは販売と共に喫茶にもなっており、葛で作ったスイーツが味わえます(ちなみに、本店ではスイーツと葛うどん(ランチ)がいただけます)。
私たちは「葛ぷりん」とアイスティーをいただきました。
葛ぷりん&アイスティー

葛ぷりんは、普通のプリンよりももっちりした食感で、なおかつ、つるんとなめらかで、すごくおいしい!
アイスティーも、ティーポットと氷をたくさん入れたグラスを用意していただき、淹れたてが味わえて感動しました!

そして、その隣の「ならまち工房」へ。
ならまち工房

可愛い手作り雑貨がたくさん売ってあり、とんぼ玉を作る工房もあって、今度は作ってみたいな~と思いました。
もと来た道へ戻って、もちいどの商店街名物(?)の和菓子屋さんの高速餅つき(笑)も見て、奈良駅前へ戻ってきました。
時間があったので、小西通りにある可愛いお店や書店(分かりやすい仏像関係の本がいっぱいあって楽しいです)をのぞいてから帰ってきました。
友達と、地元なのにあまり奈良を観光してないので、またいろいろ行きたいね~と話したりしながら帰ってきました。
次はどこへ行こうかな?