胃腸炎
ご無沙汰しております~。
実は1週間ほど前に感染性の胃腸炎を患い、タイヘンな目に遭ってました
もう治りかけなんですけど、まだお粥食べてる状態で、普通のゴハンが食べられない…。
先日、もう大丈夫かと思って鶏肉を食べたら、消化が悪くて1時間くらい寝込んでしまいました。
食べられないから体力も衰えてるし、もう少しぼちぼちと回復させるべきですね。
まあ、元気にしてますのでご心配なく。
スポンサーサイト
お茶会
前回お伝えしましたように、今週の日曜日に奈良の吉城園(よしきえん)でお茶会がありました。
一度だけ、お客さんとして参加したことはあるんですが、自分たちで主催して行うのは初めてで、お茶やお菓子を準備して運ぶタイミング等、けっこう難しかったですが、楽しかったです。
下見の時に、写メではうまく撮れなかったお庭もデジカメで撮ってきました!
苔の庭

生で見たらもっときれいで、時間があればお見合い写真でも撮っておけば良かったかなって感じです(笑)。
床の間のお軸やお花、棚飾り(茶道具を置いたりして使います)はこんな感じ。先生のお宅から持って来た物です。
お軸は「門を開けば落葉多し」、お香合は「亀」です。←私たちのお稽古の「亀の歩み」にちなんで(笑)。
床

棚

ほとんどは先生の物ですが、一部、私や友人の道具もあります。(床の間の花器は我が家のもので、二月堂の解体修理のときに出た木でできているので「割れなくていい」ってことで持ってきました)。
道具を車で運んでくださった先生のだんな様&お茶で一緒の友達、ありがとうございました!
写真は私たち若手が担当したお薄席(いわゆるふつうの「お抹茶」の席)だったんですが、お濃茶(フォーマルなお茶。お抹茶をいっぱい入れるのですごい濃い)の席もあり、そちらも撮りたかったんですが、狭いのでやめときました。
きちんと「つくばい」で手を清め、「にじり口」から入る本格的なお席で、すごく素敵でした!
お茶室は、大正時代に建てられた、かやぶき屋根の建物で風情があるんですが、ちょっと大きな声で話すと丸聞こえ!なので静かに話すようにしてました。冗談も静かに言って静かに笑うって感じ(笑)。
翌日脚が筋肉痛になるくらい大変でしたが、みんなでワイワイ(でも静かに(笑))協力しながらやるのは面白いですね。
今度は春に、地元でお花見もかねて、もっと簡易なお茶会をする予定で、それも楽しみにしています。

この日の着物は赤い付け下げに綴織りの帯。一年に一度くらいしか着ない礼装です。
もっと裾すぼまりに着ればよかったな…(笑)。
帯は振袖の時と同じです。この帯を締めるのが礼装の時の楽しみです。何にでも合うスグレモノなんですよ。
今日のよそおい

帯締めは、以前ここに書いた落ち着いた赤色のものは合わせてみるとちょっと地味だったんで、あざやかなほうの赤にしました。
地味なほうは、もう少し年齢を経てからのお楽しみ(こういうのが着物のいいところですね)。
帯揚げはグリーンの絞り染め。赤とグリーンでちょうど反対色になります。反対色はすごく合うんですよ。
紅茶蒸しパン
紅茶蒸しパン

飽きもせず、また作ってしまった蒸しパン…。
今回は紅茶蒸しパンです。
ふつうのホットケーキ生地に、紅茶の葉と、紅茶液を入れただけのお手軽おやつ。
今まで作った蒸しパンの中で一番あっさりしておいしかったです。いくらでも食べられてしまうのが悩ましいところ…。
午前中はチケット争奪戦に惨敗してグッタリ、しかも明日は茶会なのに何やってんじゃー!って感じですが、やっぱり疲れたときは甘いものでホッとしなければ(言い訳)。
夕食後にお茶会準備しまーす。
昭和のコドモ
昨日、むしょうにプッチンプリンが食べたくなってコンビニに行ったんですが、デザート売り場にプッチンプリンがない!
あるのは「焼きプリン」とか、「ジャージー牛乳入り」とか、「生クリーム仕立て」とか、「なめらか」「とろーり」ってキャッチフレーズ入りとか…。みんな、おしゃれっぽく(?)なっちゃったんだな~。
もちろんそういうのにも惹かれるけど、あのプッチンプリンの味が懐かしくて、むしょうに食べたくなるのは、私が「昭和のコドモ」だからなんだろうか?
なんせ、私のコドモ時代は、お中元とかお歳暮でもらうプリンのカラメル、もしくは調理実習で作るプリンのカラメルを「にがい」と言ってたコドモがいっぱいいた時代でしたからね(笑)。
おしゃれなプリンに慣れた平成のコドモは、きっとそんなこと言わない気がする…。
そういえば、包丁を入れるとピキッとヒビが入るバタークリームのバースデーケーキなんかも、平成のコドモは知らないだろうな~。
あれはたいしておいしいとは思わなかったけど、チョコレートのバタークリームのはおいしかった気がする。
でも、誕生日やクリスマスに「(ケーキは)チョコレートのがいい」と親に言ったら、8割くらい「アカン」と言われたのはなんででしょうね?白より高かったんでしょうか。

あ、プッチンプリンはスーパーに行ったら無事に(?)売ってましたよ。
オトーサンの名言
「天上の虹」10巻で、天武天皇が息子の大津皇子に「どんなことにも理由はある」と言ってました。
それを読んで、某携帯電話CMの犬のお父さんが言ってた「すべてのものに理由はある」を思い出してしまいました(笑)。

犬でも天武天皇でも、オトーサンというのは同じようなことを言うんでしょうかね。