ちょっと先取り
もうすぐ7月なので、ちょっと季節を先取りして、お茶のお稽古に薄物の帯を…。
夏の帯

濃い茶色に赤や黄色の抽象的な模様の入った帯です。
お茶の先生に聞いたら「羅(ら)」という生地だそうです。
着物はまだ単で、ピンクの紬。実際は写真よりも赤みがかった色です。
この前のグレーの紬にこの帯でもいけるかと思ったんですが、合わせたら意外と地味だったので、もう少し華やかな色の帯上げ&帯締め(淡い黄色がいいかな)を、安いお店で買って(笑)合わせたいと思います。
今回の帯締めと帯揚げは淡いグリーンの夏物です。

単を着るのも今日のお稽古でおしまい。次はもう薄物か浴衣です。早いなー。
スポンサーサイト
オトーサン再び
近所にソフ○○○クの「お父さん」そっくりな犬を発見!
毎朝「あー、今日もお父さん吠えてるな~」とか思いながら通り過ぎてます。
そのうち「それはただの白い犬だ」って声が聞こえてきそうです(笑)。
クレームブリュレ
父の日にクレームブリュレを作りました。
クレームブリュレ

作り方は簡単なんですが、蒸すのに時間がかかります。
上の焦げ目は、食べる前に黒砂糖をふってオーブントースターで焼きます。
お店で買ったようにはならないんですが、ちょっとだけパリパリとなって美味しいですよ。
今度は何を作ろうかな~(ただし、簡単なもので)。
佐保路ピクニック
お久しぶりです。
もう先週の話になってしまって恐縮ですが、7日に、奈良の法華寺の秘仏特別開扉ほか、いろいろと歩いて回ってきました。
本当は、最初に不退寺へ行って法華寺へ回るつもりだったんですが、私も友人のNちゃんも、不退寺へ向かっているつもりで道を勘違いして法華寺前へたどり着いてしまいました(笑)。
先に法華寺を見てしまうと不退寺へ行くのが大変なので、ハイキングコースにもなっているウワナベ古墳の前を通って不退寺へ回りました。
これがその「ウナワベ古墳」です。
ウワナベ古墳

景色がとてもきれいだったので、「きっと『写真を撮りなさい』って呼んでたんだよ」と友達と言ってました(笑)。
そしてようやく不退寺にたどりつきました。
不退寺

ここは「花の寺」として有名で、写真手前にあるバケツでも睡蓮を育てていました。
今は金鶏菊が満開でした。
金鶏菊

ほかにも、奥でいろいろ育てておられます。
いろんな植物

アジサイや睡蓮も咲いています。
アジサイ(1)

睡蓮

お寺なので、仏像もスゴイ!
在原業平が作ったと伝えられる聖観音菩薩は気品があって、業平ってこんな感じの人だったのかなーと思わせてくれます(不退寺はもともと平城(へいぜい)天皇の奈良での住まいで、その孫に当たる在原業平ゆかりの寺です)。
五大明王は、空海が唐から持ち帰った仏像。たぶん、この仏像が東寺の五大明王のモデルになってるんだと思います。彩色がよく残っているのがなんか嬉しかったです。
あと、お庭の新緑が美しかったので何枚か写真を撮っておきました。
多宝塔に青楓が映えます。
多宝塔

こちらは「業平橋」。池の花菖蒲が盛りの頃はとても美しいそうです。
業平橋


そして、また(笑)法華寺へ。
法華寺・門

秘仏・十一面観音開扉中で、たくさんの人がお参りに来てました。中にはバスツアーも!
十一面観音様、人気ですね~。
さっそく、本堂へ。この中に憧れの十一面観音様がおられます。
法華寺

実際に生で見てみると、その人気の高さも納得。
わずか1メートルほどの高さなのですが、存在感抜群、美しさも抜群!
妖艶にして高貴な雰囲気を持つ仏様でした。
法華寺の境内も花と緑でいっぱい。
菖蒲

アジサイ(2)

法華寺本堂とシモツケソウ(?)

(写っている人は私たちではありません。偶然そこにいた人です)
別料金なので行かなかったのですが、庭園に花菖蒲がたくさん咲いていてとても美しいそうです。
これも別料金で行かなかったんですが(笑)、有名な「からふろ」を外からチラッと見ることができました。
光明皇后が千人の病者・貧者の背中を流したと伝えられる古代のサウナです。
からふろ


法華寺を見た後は、平城宮跡へ。
ここでお弁当(?)を食べました。
お弁当

うちでホームベーカリーを買ったので、手づくり食パンとサラダです。
サラダに入っているルッコラとバジルは、家のプランターに植えてあるものです。
安上がりな昼食(笑)。
下に敷いてあるマットは、友人Nちゃんが明日香でもらってきたもので、あすかの観光マップになっていてめちゃめちゃ面白いです。

食事の後は、平城宮跡の「東院庭園」へ。
東院庭園(1)

古代、宴が行われたりした庭園を復元してあり、日本における作庭の源流と思われます。
そういえば、里中満智子さんの漫画「長屋王残照記」で、ここをモデルにしたような宴のシーンが出てきます。里中先生も取材に来たのかな?
それにしてもこの庭園、めちゃめちゃ綺麗!
ゆったりと優雅な雰囲気で、平城京の貴族の雅びな生活がしのばれます。
東院庭園(2)

庭の隅に、萩の花が咲いててびっくり!
春咲きとかあるんだろうか?
萩


そして、平城宮跡の中を歩いてイトーヨーカドーで一休み。
このイトーヨーカドーは長屋王邸の跡地。
以前ここにあった某デパートが倒産したときは、「長屋王の呪いか?!」とか言われてましたが…(^^;)
Nちゃんが以前見つけてきてくれたお店でミニパフェをいただきました。
抹茶アイスと豆乳ブラマンジェのパフェ


よく歩き、よく食べ(笑)、健康な休日を送りました。
次に佐保路散策をするときは、まだ行ってない海龍王寺に行きたいと思います。
あと、建設中の大極殿も完成したら行きたいです。
そのときは、平城遷都1300年祭をやっていると思うので、せんとくん&まんとくんに会えるかな(笑)。
「天地人」主な配役発表!
来年の大河ドラマ「天地人」の主な配役が発表されました。
おおー、北村一輝さん(上杉景勝)大抜擢ですね~!!
そういえば、北村さんを最初に見たのは、同じく大河ドラマの「時宗」でした。
「大奥」をはじめ個性の強い役をたくさん演じておられますが、景勝はどんな感じになるのか楽しみです。
主役・直江兼続の年上の奥方・お船(せん)の方には常盤貴子さん。
気が強くしっかり者で、兼続のブレーンでもあったというお船は、いかにも戦国時代の女という感じですね。生き生きと演じていかれるのでは?と思ってます。
そしてびっくりなのは、阿部寛さんの上杉謙信!
しかも高島礼子さんと姉弟って強烈やな。
「義経」での平知盛がとてもよかったので、こちらも気になります。
ひとえデビュー
早いものでもう6月です。
私も袷から単に衣替えしました。
昨日の観劇スタイルです。
6.1の装い

去年も着てた、グレーに紺の模様入りの紬です。
帯は母の単帯。西陣織ですごく固くて締めにくいんですが、お茶の先生からも「何度も使って柔らかくするのよ」と言われているので、一ヶ月間頑張って締めようと思います。
帯揚げ&帯締めは夏物の濃い青にしました。
そして、手ぬぐい半襟第二弾!
友達にもらった千鳥柄の手ぬぐいです。
青いポチッとしてるのが千鳥なんですが、半襟にすると2匹(2羽か)くらいしか見えないので、ちょっとさみしい…。でも、涼しそうなので気に入りました。
今回は補正下着(といっても自分で作ったやつで、マラソンのときの、真ん中に穴を開けたタオルみたいなもの(さらしで作ってます)の前後に折ったタオルを縫い付けただけのものですが)の着方がちょっとよくなかったです…。長襦袢の襟に合わせて、もうちょっと襟を抜かなきゃいけません。
基本的なことを忘れがちだな~と思ったので、今度のお茶のお稽古の時には、着物の着方も基本をきっちりしようと思います。