お気に入りカフェ復活
今月はあんまり更新できてなくてすみません…。
先週は家の電気の配線が老朽化して(何しろ築56年の陋屋なんで…)、私と弟の部屋の床をめくって工事していたので、箪笥やら何やらいっぱい移動させなきゃいけなかったんです。
工事は終わったんですが、まだ部屋がとっちらかってます。あと一息なんだけど…。

とっちらかってるけど、ネットはするし、お気に入りカフェにも行く(笑)。
以前、移転すると紹介したアンジュ・エストが場所を替えて復活したので(って言っても移転してけっこう日が経ってるけどね)、友達と二人で行ってきました。
今度の店舗も昔の建物を改装して作られているんですが、今回はより民家らしさを残した感じ。
店員さんたちで改装を行ったそうですが、とっても趣味がよくて、あったかい感じでした。
前のお店で使っていたテーブルや椅子もあって、なつかしー!
カフェ・アンジュ・エスト1
今回はティータイムで、ショコラパフェ&リンゴとさつまいものタルトを注文して二人で分けました。
カフェ・アンジュ・エスト3

カフェ・アンジュ・エスト2
ここのパフェは小さめサイズでお値段もケーキと同じか少し高いくらいなので、温かい飲み物と一緒にいただけてちょうどいいんですよ←ケーキと同様にドリンクセットがあります。
リンゴとさつまいものタルトは初めて食べたんですが、温かいタルトとバニラアイスが合っててほんとにおいしい!ハマりました(^0^)
ごくたまに家でもリンゴのケーキを焼いたりするので、できたての上にバニラアイス乗せて食べたいな~。家族みんなで少しずつ食べるくらいなら太らないよね?ねっ!

ともあれ、ホッとできる空間が復活して嬉しいです。
今度はランチに行きたいと思ってます。
スポンサーサイト
炉開き
ご無沙汰してました。
15日に茶道教室の炉開きに行ってきました。
5月~10月までは「風炉」というところの上に釜を置くんですが、11月~は畳に切った「炉」に釜をかけます(下の写真参照)。
その「炉」を開くのが炉開きです。

今日の棚は、三木町棚(みきまちだな)。
三木町棚と炉
三種類の木を使っているのでこういう名前になってます。
杉と桧と…あとは何でしたっけ?(笑)
ちなみに紀州公好み(何代目の藩主かはわかりませんが)の棚で、和歌山には「三木町」という町もあるそうです。
そして、久しぶりの炉のお点前ですが、覚えてないこと甚だしい…
しかも後炭なんて久々すぎるし!
早く思い出さないとなー。

この日も先生お手製の茶懐石をいただきました
茶懐石
(あと、これにご飯と白味噌のおつゆがついてます)。
左上の丸いのが今回のメインで、三枚におろした秋刀魚を調味料に浸けて巻き、上にうずら卵をのせてグリルで焼いてあるそうです。こってるなー!
美味しくて、彩りも秋らしくて、ほんとに先生はすごいです。
お菓子もお手製で、写真は撮るのを忘れたんですが、抹茶を混ぜた白餡と、黄身を混ぜた白餡、ピンク色の餡の茶巾絞りで、銘は「紅葉」でした。

この日は、母の江戸小紋(?)を着てみました。
11.15のよそおい
なんか、いつもの私のテイストと違ってシックな気がします。
もうちょっと大人にならないと着こなせないなぁ…。
うっそ!ショック!
「あさきゆめみし」アニメ化中止!
ヤ○ーニュースで見てガックシ…。
監督が、自分自身の手による「源氏物語」にしたくなったからだそうです。
あと2ヶ月!ってとこでこれかいな…(泣)。
友達と、「原作どおり綺麗な絵だったらいいね」とか話してたのに~。
めっちゃ悲しいです。

関係ないけど、「魔王」で好演していた忍成修吾くん出演の「ビロクシー・ブルース」が見たいです(来年3月大阪公演。東京はもうすぐだっけ?)。
なんかねー、「魔王」にハマッてから、田中圭くんだけじゃなくって「魔王」出演者がみんな愛しいんですよー。
もっと言うとスタッフも愛しい←だって、こだわりがすごすぎだもん。
ああ、でも、7500円は高いし、トウコさんサヨナラ公演もあるし、宝塚が10公演になっちゃって出費も増えそうだし…どうしよう。
しばらくジレンマに悩まされる日々が続きそうです。
「さきがけ」の芸術
この間の三連休に、京都国立近代美術館の「生活と芸術-アーツ&クラフツ展」と、神戸市立博物館の「コロー展」を見に行ってきました。

まずは、アーツ&クラフツ展から(写真はチラシです)。
アーツ&クラフツ展
アーツ&クラフツとは、19世紀後半、ウィリアム・モリスらが提唱した芸術運動。
産業化・工業化が進むことで生活が無機質になるのを懸念したモリスらは、昔からある手仕事に芸術性を見出し、それを再び暮らしに取り戻そうと提案しました。
この展覧会では、家具や壁紙など、身近なものが展示されているのですが、手作りの良さや自然の美しさが効果的に取り入れられていて、モリスたちが目指したものがなんとなく分かるような気がしました。
また、アーツ&クラフツの精神は、自然をモチーフにしたアール・ヌーヴォーにさきがけているとの解説もありました。最初は酷評されていたアール・ヌーヴォーに好意的な評価をしたのもアーツ&クラフツの提唱者たちでした。
なるほど、壁紙のツタ模様や女性をモチーフにしたポスターなどは、どこかアール・ヌーヴォーと通じるものがあります。
さらに、アーツ&クラフツ運動は日本にも入ってきていて、昭和初期に柳宗悦らが「民芸」運動として展開させました。なんと、この「民芸」運動を実現した家(三国荘)の一部も再現されていて、本当にびっくりでした。
今回はデザインがテーマの展覧会なので、ミュージアムショップも普段に使いやすそうな柄で可愛かったです。
ただ、気に入ったピアノ(キャビネットみたいな中に入ってて、扉の裏と表でデザインが違うの)のポストカードがなかったのは残念…。ポストカードも自体ももう少しあればいいんですが。

展覧会を見てから、烏丸御池まで足を伸ばして、京都国際工芸センター内の期間限定ショップ「ギャラリー源氏」へ。
ギャラリー源氏
源氏物語千年紀ということで、高そうなものからちょっと笑えるものまで、さまざまな源氏物語グッズがありました。
私はモダンな柄の「源氏物語手ぬぐい」を買いました。
「akashi」とか「aoi」とか、ローマ字で書いてあって面白いんですよ~。

ちょっと疲れたので、お茶でもしようかなと思ったんですが、この日はどこもかしこも満員!本当に11月の京都はスゴイ人出だ…。
仕方ないので、三条会商店街までフラフラ歩いて行って「さらさ3」へ。
さらさ3
ここは以前に前を通ったことはあったんですが、入るのは初めて。
アットホームな感じのする、あったかーいカフェでした(^^)
ここでチャイとスコーンを頼んだんですが、チャイ最高!
スパイスもきつすぎずちょうどいい位でした。
チャイとスコーン
さらに、スコーンには自家製のイチジクジャム付き!おいしかったです。

せっかく三条会まで行ったので、前に閉まっていた昔菓子屋さん「格子屋」へ足を伸ばしました。
格子屋
やっと、念願の名物商品「どろぼう」を買うことができました!
「どろぼう」とは、かりんとうの一種なんですが、ドロボウしてでも食べたいくらい美味しいという意味だそうです。
家で食べたけど、本当に美味しかったです!

翌日は神戸市立博物館「コロー展」へ。
コロー展
コローの絵は今まであまりじっくりと見たことがなかったので、この機会にと思って見てきました。
風景画の壮大さと優しさ、とりわけ、葉が煙るような木の描写が気に入りました。
おもしろかったのは、前日の「アーツ&クラフト」がアール・ヌーヴォーのさきがけとなったように、コローもまたバルビゾン派や印象派のさきがけになっているということ。
この展覧会には、印象派など、コロー以外の絵もあって、その発展の仕方がよく分かりました。
あと、コローと同じ景色を描いても、描く人によってタッチが全然違うのが興味深かったです。
今回はミュージアムショップにポストカードがいっぱいあって、5枚ほど買ってしまいました(笑)。

この日のランチは、超久しぶりにオリエンタルなカフェ「HASU」でいただきました。
ほんとに何年ぶりだろう?
メニューはHASUのまぜごはんです。鮭そぼろと野菜、蓮の実が入ってます。
HASUまぜごはん
神戸はやっぱりおしゃれなカフェが多くて楽しいな♪
てくてく京都
さて、26日(日)の京都散策のお話を。
この日は雨が降っていたので、当初の予定を一部変更して、ゆっくり散策&お買い物をしてきました。
まずは、Sちゃんのリクエスト、清明神社へ。
私は以前訪れたことがあるんですが、今回も桔梗が咲き始めていてきれいでした
雨にもかかわらずお客さんもわりとたくさんいて、清明人気はまだ続いてるんやなーと思いました。
映画化やドラマ化されただけあって、いろんな芸能人やスポーツ選手のサイン入り絵馬がずらりと並んでいるんですが、その中に、宝塚のCS番組で訪れたタカラジェンヌさん(妃鳳こころちゃん)のサインもあって、Sちゃんと二人で喜んでました。
その後、晴れてれば下賀茂神社へ行く予定だったんですが、雨なので、三条へ行ってお食事&雑貨屋さんめぐりしました。
まずは昼食。
あらかじめ決めていたお店を何軒か見て回ったんですが、貸切予定だったり、他の店に変わっていたりして、ちょっと大変だったんですが、京都文化博物館内の豆腐料理のお店「有福(ゆうふく)」に落ち着きました。このお店も、ずっと前から行きたいと思ってた所だったので嬉しかった!
しかも、10食限定の「湯葉カレー丼セット」をいただけて満足♪
湯葉カレー
カレーうどんのダシをもう少しスパイシーにした味の和風カレーに、生湯葉がトローンと入ってて本当においしいです。
サラダにも生湯葉が入ってたり、柚子豆腐もすごくおいしくて、豆の味を堪能って感じです(笑)。
またここで、他の豆腐料理も食べてみたいなー。
お食事の後は、雑貨屋さんをかなりたくさんめぐりました。
私のお気に入りのお店も行って、すごく楽しかったんですが、まだ行ったことのなかったビーズパーツショップもなかなか素敵でした。
和菓子の落雁そっくりのパーツと帯留め金具を買ったので、また帯留めを作ってここで披露できたらいいなーと思ってます。
四条のお香屋さん「リスン」にも寄ってきたんですが、ここは本当に種類が多くて、一つ一つ香りをかいでみるだけでも楽しいです(そのかわり、どれを買おうか迷いますが(笑))。
2本買ったんですが、私は室内で火をつけるのが恐いので、匂い袋を作ろうと思ってます。
いつになるか分かりませんが、これも披露したいです。
その後、バスで小野篁(おののたかむら)ゆかりのお寺・六道珍皇寺に向かいました。
四条河原町があまりにも混んでいたので、八坂神社の前で降りて歩いていきました。
この前行ったときは修復中だった門がすっかり綺麗になってます。
八坂神社
六道珍皇寺は、ここから南へ下がって、少しややこしい道を通って行ったところにあります。
六道珍皇寺
宝塚の「花のいそぎ」という作品を見てから、すっかり篁ファンな私達。
お芝居の篁と伝承上の篁は少し違うけれど、ここに来るのが念願だったので、叶ってとても嬉しかったです。
もちろん、篁の像と、彼が作ったといわれる閻魔像も(ガラス越しですが)しっかり見ました。
なんかミョーな迫力があるわ~。
篁は平安時代の人間なんですが、身長が180cm以上あったそうで、篁の像もけっこう大きかったです。
篁が閻魔大王の手伝いをするためにくぐりぬけて通ったといわれる「冥府通いの井戸」も、近くまでは行けませんが見ることができました。
これは普通の井戸です(笑)。でも、その井戸のある庭がキレイ!
あ、それから、境内にある提灯の文字にも注目。
六道珍皇寺2
六道珍皇寺3
二つ目のが特にインパクト大です(笑)。

あいにくの雨ではありましたが、雑貨屋さん等でもSちゃんに楽しんでもらえて、念願の六道珍皇寺にも行けてとても楽しかったです。
Sちゃん、また遊びに来てね!