カラーセラピスト養成4回目&アートセラピー2回目
早いものでカラーセラピスト養成講座も4回目です。
今回は同じ受講生の方をクライエントにして、三枚のカラーカードを選んでもらう「スリーカラーリーディング」を実践。
色の意味を伝えることはまあまあできたんですが、話していることの中から関連するものを引き出すのが難しい~。
でも、自分自身でも同じリーディングをしてそれを文章化する作業もやったので、クライエントに対しても頭の中で文章化してお話してみたらいいかも…と思ってます。

翌日はアートセラピーの授業。
前回のワークよりも今回のほうが手軽にできそうな感じでした。
今回は受講者が私一人だったんですが、見学の方がおられたので、他の人のワークも見れて良かったです。やっぱり客観的に見る機会があるのはいいですね。
私のワークにも前には使っていなかった色が出てきたりして、徐々に心のバランスが取れてきているのかもしれません。着ている服も、この間まで真っ黒が多かったんですが、最近は少しずつカラフルになってきているし。
セラピーの授業は、色彩を上手く取り入れる参考にもなるし、そのことで気持ちも明るくなります。
色彩心理学ってすごいんだな~。
スポンサーサイト
手作りシフォンケーキ&手作りイチゴジャム
イチゴのシフォンケーキ
イチゴをたくさんもらったので、母と一緒にジャムを作りました。
市販のようにうまく固まらなかったんですが、手作りだとこんなもんかなぁ…。
たくさんできたんで、活用するためにシフォンケーキを作って、生クリームと一緒に添えてみました。
写真では分かりにくいんですが、ケーキの生地にイチゴジャムの液状の部分を入れたので、ちょっと粒々が残ってて美味しかったです。
シフォンケーキは特別な材料がいらないし、いろんなバリエーションが作れるので、また他の味にも挑戦してみようと思います。
カラーセラピスト養成3回目&初アートセラピー
月曜日にカラーセラピスト養成講座の3回目の授業を受けてきました。
今回からプロ養成講座になるので、具体的な手法を教えてもらって実践したんですが、まだちょっと上手くいかない感じ…。
実際にクライエントがいて、コミュニケーションを取れたら変わってくるのかもしれませんが。
それでもまだ5年前に勉強した色彩の知識が頭に残っているので、イメージはしやすかったと思います。
翌日の火曜日は、アートセラピーの授業第1回目。
アートセラピーにはカラーセラピーの要素も多く入っているので、とっつきやすいと思いました。
それでも初めての授業はやっぱり緊張…
まだ自分をさらけ出せてるようでさらけ出せてない状況です。
でも、私自身の絵の筆圧や描き方がカラーセラピーを始めた時と違ってきていて、精神状態が良いほうに向かっているようで、自分自身を癒すことはできているようです
こういうふうに他の人の心も癒せたらいいなー。
キトラ古墳壁画四神「青龍・白虎」特別公開
14日に友達と、飛鳥資料館の「キトラ古墳壁画四神『青龍・白虎』特別公開」に行ってきました。
白虎のみ去年もあったんですが、待ち時間が長くてあまりにも混んでいるので(近鉄沿線に待ち時間が書かれてました)行かなかったんです。
今年は私も友達も仕事をやめたんで、この機会を利用して見てきました。
やっぱり平日はすいてる!
遠足の小学生がいっぱいいたんですが、運よく先に入れました。←途中で入ってきたけど、その時は常設展を見ていて、あとでもう一度壁画を見ました。
青龍の絵はあんまり残っていないんですが、白虎はきれいに残っています。
1000年以上前の絵がこんなに鮮やかなことに驚きました。どんなもので描いたんだろう?
あと、青龍と白虎は同じ型紙を使って描かれたとのこと。
後年になると、白虎が青龍のようになってしまって見分けがつかないものもあるようです。
一時間ほど飛鳥資料館にいて、その後は飛鳥をハイキングしました。
仕事をやめてからあまり歩かなくなったので、この間の京都散策と共にいい運動になりました。
10月に行った所も一部通ったんですが、亀石は10数年ぶりに見ました。
亀石
あと、鬼の俎(まないた)、鬼の雪隠(せっちん)は初めて見ました。どちらも本来は一つのもので、石棺だったそうです。
大化の薄葬令にのっとって作られたもので、中臣鎌足や中大兄皇子と同時代の人の墓と推定されるそうで、いったい誰の墓かと思うとワクワクします。
そして、天武・持統天皇陵へ。
天武・持統天皇陵
敷石が滑る~何でこの石にしたんだ?
ここからずーっと歩いて行って、飛鳥駅前のコッコロ*カフェへ。
以前橿原にあったアンジュ・エストが移転して、名前も変わったんですが、内装は昔のアンジュ・エストに似ていて、とっても可愛く安らげる空間です。
また行きたいんですが、飛鳥までは少し遠いかな…。
行きは橿原神宮前駅からだったんですが、帰りは飛鳥駅から。
駅の前の橋のデザインが四神です(写真は朱雀)。さすが。
飛鳥駅前
それにしても、今年は年明けに宝塚で「太王四神記」を見て、最近は四神に関連する「鴨川ホルモー」を見て、キトラ古墳の壁画を見て…と、「四神」に縁があるな~。
イタリア美術とナポレオン
12日に京都文化博物館の「イタリア美術とナポレオン」展を見てきました。
ナポレオンの叔父フェッシュ枢機卿のコレクションを展示したもので、主にイタリア美術、そしてボナパルト一族の肖像画などがあります。
展覧会自体の作品数は少ないんですが、イタリア美術はけっこう好きなので見れて良かったです(^^)
ルネサンス後期になると、オランダ絵画の影響を受けたのもあったり興味深かったです。
ナポレオンの親兄弟・ボナパルト一族のことはほとんど知らなかったので、これを機会に少し知ることができたのも良かったと思います。
展覧会を見た後は、地下鉄で移動して金戒光明寺へ。
平安神宮の横を通って歩いていきました。
寺へ行く前に、近くのカフェでお茶しようかと思ってたんですが、あいにく休み…。
でも、喉が渇いた~。自販機はあったんですが、お腹の調子が良くないのであたたかい飲み物が飲みたい~。で、近くに喫茶店を見つけて入ったら、本日の営業は終了とのこと。
うわーん…私ってなんて不幸なのかと思ってたら、目の前の自販機にホットのジャワティーが!
わーい!私ってなんて幸運なんだろう(笑)。ホットのジャワティーなんてあんまりないのに。
さっそく買って飲み、意気揚々と金戒光明寺へ。
ここは本当に癒されます。
風も涼しくて、新緑もきれいで、本堂の階段に座ってボーっとしているのが最高に楽しいです。
この間のブログにも書いたんですが、ここは映画「鴨川ホルモー」にも出てきます。
金戒光明寺
ここで「ゲロンチョリー!」ってやってたんだよね(笑)。
授業第二回目
昨日はカラーセラピスト養成講座の第二回目でした。
前回も色のイメージの勉強をしたんですが、今回もその続き。
プラス、ワーク(実践)が多いので、少しずつだけど掴めてきたような感じ。
色鉛筆を使って描いたりするのは先生にみてもらいましたが、オーラソーマ(カラーボトルによるセラピー)は、他の人が選んだものをリーディング(読み取り)しました。私の初リーディングです(笑)。
実践することで、相手に対してどういう言葉で言えばいいのか、相手の反応によってどう返していけばいいかが実感として分かってくるので、すごく勉強になります。
いくつかのワークを教えてもらったので、こんど友達にも協力してもらおうかと思っています。
今回で入門編は終わり。来週からは上級編になります。
一人だけ入門編の後はどうしようか?と言っていた人がいたんですが、その人も引き続き受講することが決まって嬉しいです。
先生曰く、私たちのように初対面からこんなに仲良くなる人はあまりいないそうです。
ワークでも知らないうちに同じ色を選んだりすることが多いので、考え方や目指す方向性も似ているようです。
私は、来週からはカラーセラピーに加えてアートセラピー講座も受講します。
またさらに世界が広がるのが楽しみです。
母の日のよもぎ白玉だんご
昨日の母の日に、よもぎ白玉だんごを作りました。
最初、白玉粉によもぎの粉を混ぜたときは色が薄いと思ったんですが、ゆでてみると、きれいな緑色に!
よもぎ白玉だんご1
なんかちょっと、空豆か?って思いますね(笑)。
でも手触りがツルッツルしてて気持ちいい。もちろん歯ごたえも香りもいいですよ~。
これを市販のカップ入り冷やしぜんざいの上に乗せてできあがり!
カップのままだとあまりにも味気ないので、ガラスのお皿に移し替えました。
よもぎ白玉だんご2
よもぎだんごがいっぱい余ったので、写真に載せている以外にも何個か入れて食べました。

もうひとつ、ビーズをゴム糸に通したブレスレットを作って母にプレゼント。
かなりシンプルなんで、黒~グレー~透明のグラデーションで5連作りました。
1連ずつビーズの色の割合を変えていくのが難しかった…。
来年のプレゼントは何にしよう?
千家十職×みんぱく
昨日、茶道・華道の仲間と一緒に国立民族学博物館の「千家十職×みんぱく」展に行ってきました(内容はコチラ)。
これはなかなか実験的なイベントで、千家十職(安土桃山~江戸時代以来、茶道具作りを専門とする十家)の名工が、民族学博物館に所蔵されている世界各地のさまざまな品物にヒントを得て新しい道具を作り、それを作業のテーマ別(「叩く」「削る」「塗る」など)に展示するというものです。
最初は分かりやすいように各家の歴代の名品を展示。
歴史的価値のあるものが多く、素晴らしい道具をじかに見ることができて良かったです。
次に千家十職が選んだみんぱくの所蔵品と十職の作品とのコラボレーション。さらにそれを発展させたテーマ別の展示、と世界がだんだん広がっていきます。
世界にはいろんな道具があるんだなーと感心する一方、それらの道具を茶道具に「見立て」し、柔軟な発想で伝統の中に組み込んでいく十職の技に感心しました。
海外旅行した時に陶器や木でできた小物入れを買って、それを香合(お香を入れるもの)として使ったりすることは私たちでもありますし、伝統的にも「唐物」と言って舶来の貴重な品物を茶道具として大切に取り扱うお点前もあります。でも、ここまで大胆なコラボは初めて見ました。
常設展は時間の都合で見られなかったんですが、またいつか行って見たいと思います。

万博公園はバラが満開!
あまりきれいには撮れませんでしたが、2枚ばかり写真をどうぞ。

バラ1

バラ2

P・S みんぱくに行く途中、千里中央で玉木宏さんの新曲イベント(握手会)に遭遇!
整理券を持ってないので握手はできませんでしたが、生で玉木くんを見ることができました。やっぱ細いわー!髪形を変えて前より若くなった感じがします。
それにしてもすごい混雑だったなー。司会者さんの読み上げる整理番号も1000番台とか、すごい数字だったし。

P・Sその2 Sちゃんに引き続き、Aちゃんも結婚決定。おめでとー!!
でも、私はまだ後には続けないと思う(笑)。 
字のおけいこ その2
ボールペン字
いろいろあって中断していた、ボールペン字の練習を再開しました。
写真は今日練習した分なんですが、漢字って偏と旁のバランスが難しい
どうしたらバランスよく書けるのか思案中です。
でも、タカラジェンヌの芸名に使われている漢字が出てくると、にわかにやる気が出ます(笑)。
たとえば、この写真だと、「柚希礼音の『礼』!」とか「飛鳥裕の『裕』!」とか言ってはしゃいでしまいます
先のページを見ると人の名前を書く練習もあって「海斗」とかもあったので、そこを練習するときは「星条海斗の『海斗』!」と言って存分にはしゃごうと思ってます(笑)。
砂利洗い
GWだけど、どこにも行ってません。
だって混んでるの嫌だもーん。
私だけじゃなく、家族もみんなどこにも行ってません。
てことで昨日は、苔が生えてしまった庭の砂利を家族総出で洗ってました。
砂利をいったん脇に寄せて下の苔や土を洗い流し、砂利を洗って元通りに敷き詰める。
これを少しずつ繰り返して終わり。
朝から昼の3時頃までやってました。
もー、めちゃめちゃしんどかった
その代わり、昨日は韓国料理屋にプルコギを食べに行きましたんまかった!!
でもまた体重が増えるんだなぁ…(汗)。
鴨川ホルモー
昨日、映画の日に「鴨川ホルモー」見てきました。
もう一回見たいくらい面白かった!!
「鹿男あをによし」の万城目学さんの原作で、四神や式神(オニ)など、古代史的な独特の世界観は好き嫌いが分かれるかと思いますが、神様への奉納の舞がなぜか「レナウン娘」だったり、オニにレーズンをあげると元気になったりと、キッチュでハチャメチャ、でもとっても可愛いコメディでした

オール京都ロケというのも魅力の一つ。ほとんどの場所に行ったことがあるので懐かしかったです。
とくに、ついこの間行った金戒光明寺がクライマックスシーンでびっくり!
京都の好きな方にも楽しめる作品だと思います。

キャストも個性派揃い。
山田孝之くん・濱田岳くんを中心に、石橋蓮司さん、荒川良々さん、栗山千明さん、芦名星さん、石田卓也くん、斉藤祥太くん、斉藤慶太くん、それに、パパイヤ鈴木さんまで!
これでハチャメチャにならないはずがない(笑)。
しかも、「ゲロンチョリー!」や「アイギュウ・ピッピキピー!」等、奇妙なオニ語&ポーズが満載(ポーズはパパイヤさん振付)。これらを真剣な表情で演じる若手陣が笑いを誘います。←でも、いつのまにかこっちも真剣に見入っちゃってるんですよね。
CGのオニも可愛くて、ホルモーに負けて死んじゃったりすると可哀想になるくらいでした。

かなり気に入ったので、原作も読もうと思います。
あ、それから公式サイト(こちら)も見どころいっぱいで面白いですよ。

P・S 実はそれぞれの役の名前も、歴史や陰陽師が好きな方なら思わずニヤリとさせられる名前なんですが、話すと長くなる(かつ、オタクっぽくなる)ので、興味のある方は調べてみて下さい。
笠そばと花の郷 滝谷
4/29に、桜井市の笠と宇陀市の花の郷 滝谷に行ってきました。

笠はおいしい蕎麦が有名。
11時頃に着いたんですが、もう人がたくさんいました。
私は「荒神そば」をいただきました(笠には荒神さんがあります)。
笠そば
コシがあっておいしい!やっぱり冷たいお蕎麦のがいいねー。
荒神さんは石楠花が満開でした。
石楠花

つづいて、花の郷 滝谷へ。
花の郷 滝谷
しばざくらがきれいだときいて行ったんですが、もうすでに散りかけ…。
しばざくら
でも、他の花もたくさん咲いてました。
中でもきれいだったのはシャガの花。こんなに群生しているのは初めて見ました。
シャガの花
あと、すずらんや山吹や牡丹がとてもきれいでした。
すずらん

山吹

ぼたん

滝谷は、花しょうぶが有名で、6月中旬頃には咲いているとのことなので、またその時期に訪れてみたいと思います。
もちろん、その時も笠で蕎麦を食べたいな(笑)。