菱
菱(ひし)の実を貰いました。
横のトゲトゲを切って真ん中を割って白い実を食べます。
食べるとこはあんまりないけど、味の薄い栗みたいな感じです。
菱を食べるのなんて、かれこれ20年ぶりくらいでしょうか。
母に「これ、川に生えてるねんな?」と聞いたら「池や!」とつっこまれました(笑)。
それにしても、菱ってマジで菱形ですねぇー。
というか、菱の形だから「菱形」か(笑)。
スポンサーサイト
キラー・ヴァージンロード
昨日、映画「キラー・ヴァージンロード」を見てきました。
この映画は、俳優の岸谷五朗さんの初監督作品。上野樹理さん、木村佳乃さん他の出演です。田中圭くんも出ています。
最初のあたりは「うわ、ブラック」と思ったんですが、話が進むにつれて、芸の細かいコメディシーンの応酬に笑いっぱなし。そして、ちょっぴり涙も(というか、そのシーンは号泣です)…という作品でした。
岸谷さんはミュージカル大好きで、この作品も最初のほうに「シカゴ」ばりのミュージカルシーンがあります。ただ、ほんの少しだったので、もし次にメガホンを取られるなら、MGMやインド映画のような全編ミュージカル映画に挑戦していただきたいです。
普段テレビでよく見る若い演技派女優二人、上野さん・木村さんのかみ合わないようなそうでもないようなコンビぶりが面白い!とくに木村佳乃さんには観客をストーリーにグイグイ引っぱっていく力を感じました。
「えええー!!」と思ったのはMAKIDAIこと眞木大輔さん。EXILEでのかっこいい姿しか知らなかったので、終盤の演技には、ただただびっくりです。
寺脇康文さんも、「相棒」でのイメージだけで見に行くと大変な目に遭うと思います(笑)。
圭くんは警官の利根川という役。春に「子育てプレイ」で山本という役をやってたんですが、それを髣髴とさせるテンションの高い演技で、はっちゃけてて面白かったです。
たぶん、何も知らずに「TAJOMARU」と両方見る人がいたら、そのギャップにすごくびっくりするはずです。
それにしても利根川くん、一晩中、自転車であんな森の中を走ってて、しかも顔に猪が激突!って、普通生きて帰れないよ(笑)。
暴走族のリーダー役の中尾明慶くんもすごく面白かった。ガンを飛ばしながら「ふざけんじゃねーぞ、コラァ!!」って出てくるのに、その後のギャップがおかしすぎる。しかもそれが何度もあります。
余談ですが、中尾くんはうちの従弟にすごく似ている…(笑)。
あと、圭くん同様「チーム魔王」の一員である、東根作寿英さんがすごかった!今までのイメージになさすぎる役だ(笑)。
そして、ヅカファンの私としてはとても嬉しいことに、元タカラジェンヌの祐輝薫さんと蘭花レアさんが出演しています。二人ともけっこう目立つところにいます。私、この二人の現役の頃、舞台で何度も見てるんだよねーと思うと、何だか不思議な感じでした。
最初は映画ならではの迫力と、ちょっとギャグちっくな展開に、「テレビで放映されたら嘘くさくなってしまうかな」と思ったんですが、一番最後まで見ると、ぜひいつかテレビで放映してほしいと思うようになってました。それくらい楽しい映画なので、テレビ放送も待ってます。
メールでアートセラピー
カラーセラピーの授業で一緒だった方に、メールでアートセラピーを行いました。
前に会ったとき、紙を渡しておいて、そこに私が指定した絵を描いてもらい、その写真と、絵に対する質問の答えをメールで送ってもらって、私が分析結果を返信するという形でやってみました。
直接会って分析できないので不安はありましたが、セラピーというのは、私が「こうすれば良い」と教えるのではなく、ご本人の「気づき」をサポートする作業なので、これくらいの距離感もむしろ良いものだと感じました。
お会いしたことのない方だと難しいかもしれませんが、少し顔見知りの方ならメールでも大丈夫かも。
私の知り合いでパソコンのメルアドを知っている方、もしアートセラピーをやってみたいと思われたら、お気軽にお申し込みいただければと思います
A4の紙と12色~24色くらいの色鉛筆があれば簡単にできますよ~
ルーヴル美術館展&カフェ2つ
TAJOMARUを見に行った後、前に行ったインド料理屋さんでランチしようと思ってたんですが、店が閉まっていたので、スマート珈琲店に行ってきました。
有名な店ですが、いつも前を素通りするだけだったので、偶然とはいえ今回行けてよかったです。
ランチはメニューの中から2品を選んで盛り付けてもらう方式。
私はクリームコロッケとハンバーグにしてみました。
スマート珈琲店のランチ
クリームコロッケなんて何年ぶりだろう。アツアツですごくおいしかった!
横についてるマカロニサラダもおいしかったです。

食事の後は、岡崎の京都市美術館でルーブル美術館展を見ました。
3時ごろに着いたんですが、なんと入場まで70分待ち!さすが「美の殿堂」ルーブルの人気はすごいです。
平日でこんなに混んでるなんて、正倉院展以来です。
まあ、途中からは進むスピードが速くなって50分待ちくらいになったのでよかったけど、博物館の中も大混雑!
それでも、ルーベンスやフェルメール、ベラスケスなどなど、すごい絵画が見れてよかった。
とくにルーベンスの絵は大迫力でした!
スペインの絵画で、エル・グレコの真似?みたいな絵もあって面白かったです。
思ったより作品数が少なかったので、ポストカードを買う時間もありました。
欲しいカードが全部あってよかった~。

美術館を出て、そのまま地下鉄に乗って帰るのも退屈だったので、平安殿でおはぎを買った後、一駅分プラプラ歩いて、KYOUENの中の和カフェ「CHAIMON」でティータイムにしました。
おいしいお茶とサツマイモのスイーツがメインなカフェで(店の名前にも注目(笑))、特にお腹も空いてなかったので、ライチ紅茶を飲みました。
ライチ紅茶&さつまいも
紅茶めちゃくちゃおいしかった!やっぱり丁寧に淹れてもらうと味が違いますね~。
ちょこっとついてくるふかし芋もおいしかった。特に紫芋が甘くて最高!
おいしそうな煎茶やほうじ茶もあったので、またいろいろ飲みに来たいと思いました。
TAJOMARU
ここでも何回か話題にしている「TAJOMARU」を、ついに昨日見ることができました!
一部「ありえへん」と思うようなとこもありましたが(笑)、なかなか素敵。
あらすじを読む限りでは、原作の「藪の中」的なところはちょっとしか出て来なくて、ただモチーフになるだけかと思ってたんですが、本編を見ると、けっこう最後のほうまで謎を引っぱってて、やはり「原作:藪の中」なのだなと。
そして、思ったよりもラブストーリーでした。阿古に対する直光の愛、直光に対する阿古の愛がしっかり描かれています。
小栗旬くん扮する直光(多襄丸)の「愛しているんだ」ってセリフに、けっこうグッときちゃいました。
小栗くんは「天地人」で石田三成をやってますが、時代劇は何回かやっているので、それにふさわしい存在の仕方を身につけてるなーと感心しました。
阿古姫を演じた柴本さんは「鹿男あをによし」を見てからお気に入りの女優さんの一人なんですが、すばらしい表情の変化で難役を演じきっていたと思います。
注目の田中圭くんは、直光を裏切り策謀の中に陥れる家来・桜丸。でも裏では室町幕府将軍・義政が糸を引いていて…という役どころでした。
子供時代がけっこう描かれているので、桜丸の気持ちもすごくよく分かります。おそらく、義政の男色の相手に選ばれなかったら彼はこうなっていないんだろうな。
圭くんは童顔で少し子供っぽく見えるという欠点はありますが、終始冷たい眼をして、暗い屈折した気持ちを精いっぱい表していたと思います。
それにしても、桜丸ってば、すごい剣の遣い手だな!圭くん、殺陣も時代劇も初めてらしいんですが、すごい迫力でびっくりしました。
あとは、ベテランの先輩方や小栗君たち、スタッフさんたちから時代劇のたたずまいみたいなものをきっと学べたと思うので、またそれを生かすような役が見たいです。
そして、やはりこの作品に欠かせないのはベテラン勢の皆さん!とくに、松方さん、ショーケンさんの存在を抜きにしてこの「TAJOMARU」は語れません。
ベースにある時代背景までしっかり感じさせてくれる映画になったのはお二人の功績だと思います。
ほか、やべきょうすけさん率いる盗賊軍団もすごくよかった。
やべさんは、ある舞台に出ているのをヅカファンブログをやっている方が観劇されて「良い役者」と書かれていたので、どんな演技をするのかと期待していたんですが、ほんとによかった。ごく自然に盗賊・道兼(どうけん)になっている!
あと、盗賊の手下・鷹に扮した須賀貴匡さんは「天地人」で宇喜多秀家を演じているので初めて見たときは「宇喜多どの!」と驚いてしまいました(笑)。
「魔王」に出ていた竹内寿くんも、セリフはありませんが可愛らしい小姓役で出演しています。
そしてもう一つ、奈良の曽爾高原でもロケを行ったようです。
エンドロールを見ていて「曽爾高原」の文字が出てきたのでビックリ!思い返してみると「あのシーンかな?」と思うところがいくつかありました。いつ来てたんだろう?
戦場のメロディ
今、ドラマ「戦場のメロディ」を見終えました。
すごかった…!衝撃的でした。
それと同時に、日本側の気持ちも分かるし、日本人に家族を殺されたフィリピンの大統領の辛さも分かって、なんともやるせない気持ちになりました。
去年放送してた、樺太の女子郵便局員のドラマもそうですが、戦後に生まれた私達は戦争のことを知らなさすぎますよね…。
私の亡き祖父母もそうだったんですが、戦争を経験された方の中には、あまりに辛すぎて戦争のことは語りたくないと思われる方も大勢いらっしゃるし、そういった方に聞くのも残酷だなと感じているので、たとえ少しでも構わないから、「こういうことがあったんだよ」と伝えるドラマはこれからもやっていくべきだなと思いました。
舞台化!
昨日知ったんですが、「おくりびと」が、中村勘太郎さん主演で来年五月に舞台化されるそうです!
すごーい!!!
私はまだ映画も見ていないんですが、近々テレビで放送されるそうなんで楽しみにしてました。
そこへ舞台化のニュースだったんで、本当に嬉しかった。
大阪公演もあるそうなんで、ぜひ行きたいなと思います。

…関係ないけど、気が付いたらもう今日は9月9日、重陽の節句ですねー。
イケメン
最近、ついつい凝視してしまう「UNO フォグバー」のCM。
イケメン俳優4人って…販促いや反則だよ、資生堂さん!!
気になってサイトを見に行ったら、フォグバーは女の子も使える(説明つき)とのこと。
買いものに行ったら乗せられて買いそうになってしまいます(笑)。
あ~、それにしても三浦春馬くんって、すんごい綺麗な顔立ちしてますね
カシオのデジカメのCMも見とれてしまう…(但し、アップでガン見してくるのはちょっとコワイ)。
なんというか…美人(笑)。実は私、美形に弱いのかも…。時々、檀れいちゃんにもうっとり見とれたりしてるし(笑)。
子役の頃からよく出てましたが(数年前まで名前は知らなかったけど)、ここ何年かで本当に美男子になってきたなぁ~。
「ブラッディ・マンデイ」の時もちょっと書いたけど、芝居もなかなかいいし。
三浦くん、この間まで梅田芸術劇場で、岸谷五朗さん&寺脇康文さん主催の演劇ユニット「地球ゴージャス」の舞台に出てたんですが、今日雑誌で舞台写真を見て、「なんで見に行かなかったんだろう…」と今更ながら後悔orz
前売りが出てた頃、ローソンチケットのHP見ながら、「あ、三浦くんだ!地球ゴージャスの舞台も興味あるし見ようかな。でも、この時期って博多座も行くし、お金が…」と小一時間ほど悩んで、結局チケット買わなかったんだよね…。席数の多い梅芸なら、3階席の一番後ろくらいは取れたでしょうに…。
まあ、またいつか舞台やるだろうし、次行けばいいか。
どうしても見たくなったら、DVD買おう。

…まあ、こんなこと書いてますが、決して田中圭くんから浮気したわけではありません(笑)。
圭くんは圭くんで大好きですよ~。
しまさこにゃん
大河ドラマ「天地人」に登場する島左近(若林豪さん)を見るたびに、
「あ、しまさこにゃんだ」と思ってしまう…。
ちなみに、いしだみつにゃんもいるよ。
しかも、みつにゃん何気にツンデレ(笑)。
ミニアメリカンドッグ
アメリカンドッグ
昨日は弟の誕生日(ドラえもんと同じ日(笑))で、プレゼントにミニアメリカンドッグを作りました。
実は、事前になーんにも用意してなくて、でもまるっきりスルーしてしまうのもさすがに気の毒なので、何か食べるものを作れないかなーと冷蔵庫と戸棚を探ったら、ウインナーとホットケーキミックスを発見。
小学生の頃、クラスのお楽しみ会で模擬店をやったときに(ヘンなクラス(笑))隣の班が作ってたのを思い出し、更にネットで調べて、ミニ版のアメリカンドッグを作ってみました。
コツはホットケーキミックスを牛乳と卵で溶くとき、やや硬めにすること。
といっても、硬すぎるとウインナーにくっつかないので、「ちょっとだけ硬いかな」くらいでいいと思います。
…それにしても、私も弟もいい大人なのに、いつまでもこんな小学生なノリでいいんだろうか(笑)。

追記:ホットケーキミックスを普通のやわらかさに溶いて、小さく切ったウインナーと一緒にたこ焼き器で焼いてミニミニアメリカンドッグを作ることもできます。