お幸せに~!
夕方に知ったんですが、中村勘太郎さん&前田愛さんの結婚式、今日だったんですね~
ネットのニュースで写真を見たんですが、爽やかカップルでめちゃめちゃ素敵!
歌舞伎界ってことで和装はもちろんですが、洋装の写真がすごく可愛くてほのぼのしてます。
勘太郎くん、愛ちゃん、本当におめでとう
なんかこっちまで幸せを感じて嬉しくなってしまいます。
また歌舞伎も見に行くからね!
それにしても、披露宴に640人ってすごい人数だな!
スポンサーサイト
ドラマ三昧
前のクール(7~9月)は、そんなにたくさんドラマを見てなかったんですが、今クールは毎日ドラマ漬けになってます。
ここに書き出してみると

 日…「天地人」 
 月…「東京DOGS」
 火…「乙男(オトメン)-秋-」
 水…「相棒」
 木…「傍聴マニア」
 金…「おひとりさま」
    「マイガール」
    「深夜食堂」
 土…「サムライ・ハイスクール」

って具合です
特に好きなのは、今のところ「サムライ…」と「マイガール」かな。「深夜食堂」も好き。

「サムライ…」は2話目ですが、毎回大爆笑
三浦春馬くん、なかなかやりますねー。
あんな美男子が思いっきりヘン顔したり、周囲からズレまくっている侍を大真面目に演じてるのが面白いです。超どコメディに躊躇してない姿勢が好感度大です。
城田優くんも、「天地人」の真田幸村役しか知らなかったので、気が弱くてオドオドした役にビックリ!しかもそれがめちゃめちゃカワイイです。日曜に、ワイルドに柿を食う幸村を見て、あまりのギャップに笑ってしまいました。
杏ちゃんは、しっかり者だけど恋に不器用でけなげな女の子が似合ってます。
前クールの「華麗なるスパイ」で頭に鍋をかぶったりするコミカルな演技を思いっきりやってるのを見てから、なかなかいい子だなと思ってます。
それと、実は彼女は超マニアックな歴史好きなので、そのあたりも親近感を持ってます(「サムライ…」番宣で「さ」の付くものを挙げるゲームをやってたんですが、「佐幕派」と言ってました(笑)。佐幕派て!)。
あ、ちょっと追記。サムライ言葉は確実に感染します(笑)。見終わってから「なかなか面白うござったな」とか(嘘のようなホントの話)。

「マイガール」と「深夜食堂」は時間がモロにかぶってるので、毎回どちらかが録画です。
先々週は時間変更で3分だけ重なってたんで、どうにか両方見ました(後で「マイガール」の最初の部分だけ録画を見ました)。
「マイガール」は毎回涙です。1話と2話はまだまだ「お涙頂戴」的なとこもあったんですが、3話は泣いているシーンじゃないところでも号泣してしまいました。
正宗(相葉くん)の娘コハルちゃん(石井百々果ちゃん)が、小さいのに超けなげで切なくなります。
他の役もみんなどこか切ないし、どこかあったかい。
正宗くんが亡き恋人・陽子さん(優花ちゃん)と、娘のコハルちゃんに注ぐ愛が純粋で、これからコハルちゃんと良い親子になれたらいいなと思います。

「深夜食堂」は「マイガール」とはまた違ったあたたかさのあるドラマで、私は、7話に田中圭くんが出ると知って見始めたんですが、今や作品そのものに魅了されてます。
先週見た3話は、コミカルなところが多いのになぜか涙が出そうになってしまいました。
圭くんはどういった感じで出てくるのかな。

「乙男」がもうじき終わるので、火曜はドラマお休みの日になりますが、毎日毎日ドラマを追うのが大変でもありそれ以上に楽しくもあります。
ここに感想を書いたドラマ以外にも面白いのがあるので、また機会があったら何か書きますね。
美しきアジアの玉手箱
日曜日に神戸市立博物館で「美しきアジアの玉手箱」展に行ってきました。
これはシアトル美術館所蔵の日本美術・東洋美術コレクションを展示したもので、俵屋宗達・画&本阿弥光悦・筆の鹿下絵和歌巻(しかしたえわかかん)という巻物をはじめ、古代~近代に至る逸品が揃っています。
鎌倉時代の仏像や、葛飾北斎の美人画、中国・韓国の陶芸品などが印象に残りました。
それにしても、こんなにいっぱいアメリカに流れてるのね。
一緒に歴史を勉強していた大学の時の友達と行ったので、二人で巻物に書かれた字を読んだりしてたんですが、ある程度は読めても、達筆すぎるのは読めませんでした(+ +)本阿弥光悦の字なんてホント達筆だよ~。

久々に神戸に行ったので、おいしいパンを買って帰りました。
神戸はいろんなおしゃれなものやおいしいものがあるので、また行きたいな。
何か良い展覧会があったら行こうかな。
紀三井寺と和歌山散策
10/10~20まで、和歌山の紀三井寺で秘仏の特別開帳をしているので、一度見てみたいと思って行ってきました。
紀三井寺1
門を入ると、いきなり300段くらいの急な階段です。
紀三井寺2
ちゃんと上れるかな…と思ったんですが、どうにか上まで行くことができました。
かなり上まで上ったところで振り向くと、後ろは海!これはかなり素敵な景色なのでオススメです。
紀三井寺4
さて、無事にお寺に着きました。
紀三井寺3
この奥で秘仏開帳をやっています。
秘仏は計6体。
紀三井寺では、本尊の十一面観音と、開山の伝説にゆかりのある千手観音の二体を並べて中央におまつりしてあります。
どちらも開山の為光上人の手彫りと伝えられている、素朴で重厚な二体の仏様です。
脇士の梵天と帝釈天は共に平安時代頃の作。梵天は僧侶が彫り、帝釈天は仏師が彫ったと言われています。
まるで伏目の美少年のような帝釈天の美しさが印象的で、また見れたらいいなと思いました(偶然かもしれないけど、帝釈天像って美男が多いよね(笑))。
そして、以前は秘仏のお前立だったという十一面観音。
こちらは女性的で清らか。美仏として名高い仏様だそうです。
最後に、毘沙門天。
美しいお厨子の中に入っていて、保存状態が良いので彩色がまだ鮮やかに残っています。
一度にこれだけたくさんの仏像を見ることができて、ほんとに幸せです~
別の仏殿で新しくできた十一面観音にもお参りしてきました。
11メートルもある大きな仏様で、見上げていると、ちょっと首が疲れてしまいました(笑)。

紀三井寺を出てから、電車で和歌山駅まで行って、和歌山ラーメンを食べに市街に行ってみました。
その前にトラブル発生!なんと、私の着ていたキャミソールの紐がちぎれてしまいました。
上に服を着ていて見えないけど、いつまでも肩紐をブラブラさせてるわけにもいかないので、急遽駅前でキャミソールを買ってトイレで着替え…。これで時間だいぶ取っちゃったな~。
駅を出て、和歌山城の近くにおいしいラーメン屋さんが何軒かあると聞いたので歩いていったんですが、めちゃめちゃ遠い…。まさかこんなに歩くとは思いませんでした。
1時頃に、口コミで聞いた「幸太郎」というお店に到着…。予定より30分くらい遅くなっちゃったな。
でも、念願の和歌山ラーメンを食べることができました!
和歌山ラーメン
あっさりとこってりがあるんですが、今回はあっさりを注文しました。
醤油ベースだけど濁りのあるスープで(これが和歌山ラーメンの特徴らしい)、とてもおいしかったです!
食べた後は、和歌山城の西の丸にある「紅葉渓庭園」へ。
紅葉渓庭園1

紅葉渓庭園2
紅葉谷というだけあって、紅葉の木が多く、紅葉の時期はものすごくきれいだろうな~と思いました。
もちろん、青楓でも風情があってきれいですよ。
上の写真の池(実は堀)に何か橋のようなものが写っていますが、これは「御橋廊下」という、紀州藩主が西の丸へ行くための専用の廊下で、渡っている姿が外から見えないようになっています。これはつい最近復元されたものだそうです。
昔は藩主とお付きの人間しか渡れませんでしたが、今は誰でも渡ることができます!
御橋廊下
私は往復してみたんですが、床が低~い階段状になっていてギザギザしているので、足の裏がちょっと痛かったです(笑)。
紅葉渓庭園も御橋廊下も無料なのでお得です。面白いので、和歌山へ行く方はぜひ寄ってみてください。
蒸しパン再挑戦
何年か前、やたら蒸しパン作りに熱中してた時期がありましたが、またちょっと再燃。
今度はもっとふんわりしっとりな蒸しパンを作るぞ!と意気込んで、ネットで検索したり、この前作ったチョコレート蒸しケーキを参考にしたりで、前よりいくらかマシな蒸しパンが出来上がりました。
蒸しパン
ヨーグルト蒸しパン(白)と抹茶ミルクの蒸しパン(緑)です。
ヨーグルト蒸しパンは牛乳の代わりにヨーグルトを入れるだけで、ちょっと甘酸っぱい味になります。
ネットで見たレシピよりちょっと少な目に砂糖を入れましたが、蜂蜜でもおいしいかも。
抹茶ミルクのほうは、余ってた抹茶ラテの素を入れました。母曰く、もっとたくさん入れたほうがおいしいとのこと。
そして、気をつけたのは蒸し方。
手前はチョコレート蒸しケーキの作り方を参考に、フライパンの中に湯を入れて、その中に耐熱容器を入れ、ホイルで容器に蓋をして火にかけました。15分くらいで蒸しあがります。
四角い耐熱容器に隙間なく蒸しパンを詰めたので、形が四角くなってしまいました(笑)。
奥のほうの4つは試しに電子レンジで2分蒸したんですが、出来上がりのボリュームがこんなに違っててびっくり!
もちろん、フライパンのほうが食感もふんわりしっとりです。
また蒸しパンのアレンジを考えてるので、作ったら載せますね。

追記:うぉぉ、肝腎なことを書くの忘れてた。生地にサラダ油を入れるとしっとり感UPです。
初!ブログパーツ
今月、「実感・雑感」に初めてブログパーツをつけてみました。
「ヅカネタはないの」と書きつつ、宙組公演「カサブランカ」のパーツです。
あの有名な映画を世界で初めてミュージカル化!
名曲「As Time goes by(時の過ぎ行くままに)」の日本語バージョンもあるそうです。
以上、自主宣伝隊員(?)ささがお伝えしました。