映画「ラブコメ」
今日、大阪で映画「ラブコメ」を見てきました。
気が強くて男勝りのヒロイン真紀恵(香里奈ちゃん)と、気弱な幼なじみ美晴(田中圭くん)の恋を、笑いを交えて描いた作品で、「ラブコメ」ってタイトルそのままやん(笑)って思うけど、原作が先にあるんですね(ちなみに、今日、原作本を買いました)。
とっても可愛らしいお話で、人物造詣はデフォルメされてはいますが、どこかでこういう恋をしてそうな人が実際にいるような親しみがありました。
見ながら、「ああーそこではっきり言おうよ~」とか、「そう!よく言った」とか、思わず応援してしまってました(笑)。
そして、5分に1回笑えるところがあります。
とくに、真紀恵が花を届けにいくバーのマスター(加藤虎之介さん)とそのバーの上の階に住んでいる探偵(佐藤二朗さん)のやりとりがおかしすぎて爆笑です   
また、東京下町の夏の描写が美しく(デジタルプロジェクター上映の効果あり!)、現代なんだけど、どこか温かみがあってこの作品にぴったりでした。

それにしてもこの映画、全国10か所のシアターでしか公開されないのはもったいない…。
そりゃまあ、派手さはないけど、もうちょっと公開されてもいいのにねえ。
スポンサーサイト
ふらっと1300年祭
1300年祭(1)

20日に友達と会をしたんですが、お店が平城宮跡の近くだったので、平城京遷都1300年祭にふらっと立ち寄ってきました。
昼過ぎだったんで、そんなに混雑もしていなくてちょうどいい感じ。
1300年祭(2)

この日は「なりきり体験館」を少しのぞいて、大極殿に入っただけで帰ってきたんですが、衣装体験をしている人がわりとたくさんいて、次に来たら絶対やってみたいなーと思いました。
でも、一人でやるのはイヤだから、友達みんなで行ってやってみたいな…。
ちなみに、「なりきり体験館」で写真を撮るバージョン(500円)と、少し簡略された衣装で会場を歩けるバージョン(300円)があります。
1300年祭が始まる前にパンフレットで見た時は、500円バージョンでこっそり写真を撮って終われたらいいやと思ってたんですが、衣装で会場を歩いてる人を見たら、どっちもやってみたいなーと思うようになってしまいました
でも、きっと実際に見たら、そう思う人が多い気がする…。
「花の武将(ひと) 前田慶次」
昨日、松竹座で「花の武将(ひと) 前田慶次」を観てきました。
ストレートプレイなので展開が遅かったらやだな…と思ってたんですが、さすがに「傾き者」を主人公にしているだけあって、シンプルなセットや回り舞台での素早い場面転換、ミュージカル的なシーンも用いてとてもスピード感があったと思います。
それと同時に、原作「一夢庵風流記」を書いた故・隆慶一郎氏の、世間の枠からはみ出した者たちへの愛情、思いの深さを感じることができました。

それにしても、慶次は漫画「花の慶次」から抜け出してきたような大胆な衣装!虎の革とかラメとか使ってます。
そして、それに見合うだけの豪気さと熱さを持ち、同時に繊細さや優しさも持ち合わせている。
男心に男が惚れる、スーパーヒーローなんですよね。
しかも、その「惚れる」側の男たちも、慶次が惚れるような心意気を持っているから、そこに友情が生まれるんですね。
男が惚れるなら、もちろん女も惚れる。
前田家の奥方・まつと旅芸人の伽耶姫、二人に愛されてモテモテです(笑)。
女性達も、戦国時代らしく豪胆さと気丈さがあって素敵です。
愛馬・松風も登場!!馬の脚に人間が入ってるんですが、かなり大きくて「あー、これでこそ松風だわー」と思ってしまいました(笑)。
馬なのにうなずいたりして、漫画よりもちょっと可愛い感じでした。
今回の敵役はもちろん、秀吉や家康といった権力者側なんですが、彼らも、それだけの権力を握ることのできるいやらしさや魅力をしっかり持っている。
ここはベテラン勢が大健闘でした。

あとは、もう少し全体のバランスが揃えば更に良くなるかな。
ともあれ、面白かったので、「一夢庵風流記」も読んでみたくなりました。
初!食べるラー油
ブームになって数ヶ月、私もようやく「食べるラー油」に出会うことができました!
しかも、沖縄の島とうがらしで作ったラー油。お土産でもらいました。
甘辛いのに後からピリッ!ときて、やみつきになりそうな美味しさ。
ごはんに乗せて食べるのはもちろん、クラッカーに乗せて食べると、ビールのおつまみになって美味しいです。
あと、パンにも合うそうですが、朝から食べる自信はないです…
ほかに、ギョーザのタレに混ぜたり冷奴に乗せたりすると美味しいらしいので、またやってみようと思います。
チョコチップクッキーのプディング
弟の誕生日にデザートを作ってみました(いい歳して過保護…と自分で思わないでもないですが)。
今回は森永ビスケットのサイトを参考にして作ったチョコチップクッキーのプディングです。

チョコチップクッキーのプディング

本当は缶詰のダークチェリーを入れるんですが、なにぶん田舎でスーパーへ行っても見あたらなかったので、代わりにブルーベリーの缶詰を買って、味がおかしくなると嫌なので混ぜ込まずにソースにしました。
ブルーベリーソースは、缶の煮汁を温めて水溶き片栗粉を少し加えただけで味は缶詰そのままです(笑)。
今朝食べたんですが、想像してたより甘すぎず、ちょっとほろにが系で大人のプリンって感じです。
ブルーベリーソースとも合うので良かったです。
ソースは余ると思うので、ヨーグルトに混ぜたりパンに塗ったりしようかな。
ほんとに簡単にできるので、また友達が来たとき等に作れたらいいなと思ってます。
サイト簡素化第1弾!
「かもな・まい・はうす」簡素化第1弾として、サイトマップとプロフィールを1ページにまとめました。
前まではプロフィールのサイトを借りていたんですが、今回は借りずに簡略化してみました。
自分についてたくさん書かなくても、このブログで自己紹介してるようなもんだから、まあいいかーと思って(笑)。
来月また模様替えするついでに、どこか簡略化させようと思います。