壽初春大歌舞伎
壽初春大歌舞伎

23日に松竹座の「壽初春大歌舞伎」昼の部を観てきました。
演目は「土屋主税」と「男の花道」。
どちらも江戸時代に作られたものではなく、「土屋主税」は明治40年、「男の花道」は戦前の映画が初演と、比較的新しいものなのですが、わりとお馴染みな作品になっています。
明治以降に作られた歌舞伎は、近代の演劇の要素を取り入れているからか、人間ドラマが分かりやすく自然だなと思いました。

「土屋主税」は、「忠臣蔵」の外伝物で、吉良邸の隣家に住む旗本・土屋主税を主人公に、赤穂浪士・大高源吾、その俳諧の師匠・其角、源吾の親友・勝田新左衛門の妹お園らが絡む、討ち入り当日の夜のお話。
翫雀さん演じる土屋主税の爽やかな気性が舞台を感動的にしていました。
雪景色の美しさ、盆回しでのスピーディーな場面転換もよく、いかにも歌舞伎らしい雰囲気と人情、近代的な手法がうまく合わさっていたと思います。

「男の花道」は、一度見てみたかった作品なのですが、日本版「走れメロス」とでも言いましょうか、二人の男-名優・加賀屋歌右衛門と眼科医・土生(はぶ)玄碩の固い友情の絆を描いた物語です。
金勘定なしで自分の目を治してくれた玄碩の生命の危機に、舞台の最中ではありながら、何をおいても駆けつけねば人の道が立たないと訴える歌右衛門の熱意に観客が打たれ、客席を駆け出していく歌右衛門の姿に思わず涙してしまいました。

歌舞伎というと「難しい」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、こういう比較的新しい歌舞伎から入ると、とても分かりやすくていいかと思います。
夜の部には江戸川乱歩の「人間豹」を原作とした「江戸宵闇怪鉤爪」もありますので、こちらを見るのもいいかも(私も見たかったけど、金銭的にも時間的にも余裕がないのでまたの機会に…)。
スポンサーサイト
7周年
おかげさまで、「かもな・まい・はうす」は7周年を迎えました!
まさか7年も続けられるとは…と、自分でもびっくりです。
7年のうちにネット上の流行もいろいろ変わりましたが、必要だと思うところは変えつつ、ゆっくりやっていきたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。
戦国のオスカル
歴史ミーハーでお恥ずかしいんですが、大河ドラマ「江」の関連でいろいろ興味の赴くままネットを見ていたら、ひこにゃんでお馴染みの井伊家に面白い人物を発見!
その名は井伊直虎。女性です。
漫画「ベルサイユのばら」で、男子に恵まれなかったジャルジェ家のオスカルが「神と剣」という意味の男性名をつけられたように、彼女も父・井伊直盛に男子がいなかったために、幼名・次郎法師、長じて直虎という男性名をつけられました。
彼女は一族の井伊直親を婿養子に迎える予定でしたが、直親の父が讒言により殺害されたために直親は信濃へ隠棲、その間に結婚し早世(享年28歳)したため、直虎は生涯を独身で過ごし、直親の遺児・直政(家康に赤備えをもらった人)を養子として育てました。
彼女は女戦国大名として過酷な時代を戦い抜き、徳川家康の傘下に入るなど、後の井伊家の礎となりました。
面白いのは、彼女の曽祖父の仇として井伊家と争いを繰り広げたのも女性(夫の死後、女城主となり、直虎と戦って討ち死に)。
戦国というと「男の世界」みたいなイメージがありますが、永井路子さんの小説で有名な今川義元の母・寿桂尼といい、女性もけっこう活躍してたんですねー。
オスカルは架空の人物ですが、日本にこういう女性が実在していたというのは非常に興味深いですね。
今年の初釜
昨日、茶道教室の初釜に行ってきました。
やっぱりこの間お茶会をやったので、全体の流れ等がよく分かって「ああ、なるほどなー」と納得できることがあって面白かったです
それでも、お正月しか出ないお菓子器の扱いは忘れてる~
あ~、でも花びら餅美味しかったな。

そして、今年も美味しい茶懐石をいただきました。
初釜(2)

初釜(3)
毎年、先生がすごく手間をかけて作って下さるんですよ。

今年の床の間はこんな感じ。
初釜(1)
掛軸は「以和為貴(和を以て貴しと為す)」。
聖徳太子の言葉ですが、和やかさを大切にするお茶席にぴったりですね。
帰ってきました~
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
年末年始は巴里に行ってました(なぜか漢字で…)。
疲れた~…。
いっぱいいろいろ回ったり、同行の友達に迷惑をかけてとっても悪い子だったりしました(それだけが悔いだわ)。
これからまたゆっくり旅行記を書きますね。