笑う展覧会!「歌川国芳展」
映画を見た後、大阪市立美術館の「歌川国芳展」を見てきました。
展覧会を見に行くのは今年に入って初めて。
去年から数えても半年くらい行ってなかったです(薄給なのよ…)。

それにしても、この展覧会、めちゃめちゃ笑った!
展覧会で笑うなんて初めてかも。
どういうふうに面白かったか、ちょっと言葉では説明しきれないので、まずはこちらの公式HPをご覧下さい。
最初のほうにフラッシュで出てくる絵や、下のほうに載ってる絵を見ればお分かりかと思いますが、「猫尽くし」「金魚尽くし」というような、ユーモアあふれる絵がたくさんあります。
ほかに、化け物が忠臣蔵を演じてたり(背景も化け物が演じてます)、人がいっぱい集まって顔になってたり、「機嫌よし」「景気よし」など「よし」にちなんだものをいっぱい描いていたり(端の方に「国よし」もいます)と、面白いし可愛いしで、見ている人みんなが笑ってました。

国芳の作品には、他の浮世絵師と同じように武者絵や役者絵、美人絵などもあります。
中には、芝居の一場面の設定か、歌川(安藤)広重が背景を担当し、国芳が人物を描いたものもありました。
武者絵は構図がダイナミックで、まるでアニメか特撮ヒーローのよう。
当時の男の子たちがさぞかし親にねだったのではないかと思わせるものがあります。
あと、国芳とは直接関係ないかもしれませんが、やはり歌舞伎の影響は絶大で、武者たちも歌舞伎の舞台から抜け出したような衣装をつけています。
私のような素人には、役者絵と区別がつきにくいものもあります。
美人絵は、気品と生気が両立していて、とても明るい、可愛らしいものでした。
ほか、子どもを描いた絵もとても可愛くて、子どもや猫や金魚といった「小さなもの」を愛した国芳の優しさが伝わってきます。

展覧会というと、いつも真面目に、真剣な顔をして見なければいけないような気がしますが、こういう笑える展覧会ももっと開催して欲しいな~と思いました。
スポンサーサイト
映画「阪急電車」
23日、関西限定公開の初日に映画「阪急電車」を見てきました。
笑って泣いて、また笑う。そうしている間に心が暖かくなる作品でした。
私は、学生時代に毎日阪急電車に乗っていたし、作品の舞台になった今津線も、宝塚へ行くときによく乗りました。今でも時々乗っているので(西宮方面に寄りたい時以外は圧倒的に乗り間違いが多いんですが(笑))、とても親しみ深い感じで、時々、映画館ではなく電車の中にいるような錯覚にとらわれてしまいました(笑)。
阪急沿線の景色も「ああ、あれは○○や」と確認のためにもう一度見たいなと思ってしまいました(笑)。

そして、この作品は「いい女」たちの映画でもあったと思います。
上品でたおやかに見えるけど、決してなよなよしているわけではなく、芯が強く、決して折れ曲がることのない精神力を持っている「いい女」たち。
そしてそれは、私が感じている「阪急沿線の女の人」像でもあります。  
宮本信子さん演じる時江さんがまさにそういう人!
「泣くのはいい、でも自分の意志で涙を止められる女になりなさい」
幼稚園児の孫に、こういうことを言えるおばあちゃんはカッコいいな。
そして、時江さんの言葉は、翔子(中谷美紀さん)やミサ(戸田恵梨香さん)、そして彼女達が出会った女性たちの心にもすうっと入り込み、みんなきっと時江さんのような「阪急沿線のいい女」になっていくんだろうな~と感じさせてくれました

あと、この映画には、大阪・兵庫・京都出身の役者さん達が大勢出ています。
戸田恵梨香さんは、ふだん関西出身ということはまったく感じなかったんですが、関西弁を喋って演技していると、あっけらかんとした明るさのある「神戸っ子」なんだなーと感じることができます。
玉山鉄二さんも、いかにも関西にいそうなタイプの男の子(まあ、遠山くんほどアホな人はいないかもしれないけど(笑)性格的にね)で面白かったです。
名子役・芦田愛菜ちゃんも兵庫県出身なんですね~!

P・S 宝塚歌劇団で神戸出身の実咲凛音さん(みりおんちゃん)が出てたそうなんですが、どこにいるのか分からなかった~
たぶんあれかな?と思う人はいたけど、定かではありません。
イチゴケーキ
イチゴケーキ
昨日、母の誕生日プレゼントにイチゴケーキを作りました(ほんとは今日が誕生日)。
スポンジケーキの上の焼き目の部分がちょっと固かったけど、まあまあ美味しかったです。
それにしても、生クリームを上手に塗るのって難しい…
側面は何回かやり直しました。
おひさまの色
4月4日から、連続テレビ小説「おひさま」が始まりましたね。
それにちなんで、心を暖かくしてくれる、おひさまのような色をご紹介します。

たんぽぽ色  たんぽぽ色

オレンジ  オレンジ

ポピーレッド  ポピーレッド

黄色は光の色。希望を感じさせる色です。オレンジは元気とぬくもりを与えてくれます。

「おひさま」、私も見ましたが、9日に初登場した、明るいおひさまのような井上真央さんの笑顔が魅力的です。
兄の役で出てくる田中圭くんが楽しみなのですが、家族と離れて寮生活をしている設定のため、初出演は写真のみ(苦笑)。
子ども時代を演じていた子は、圭くんに顔や動きが似ていてびっくりでした。
来週は圭くんも出演するそうなので、楽しみに待ってます。
今年も花の道で
昨日、宝塚に行ったとき、大劇場前の花の道で桜の写真を撮ってきました。
実は先週も宝塚に行っていて、桜がちらほら咲き始めだったんで「来週行くときはきっと見頃になってるだろうなー」と期待して、カメラを持っていきました。
そして、やはり期待どおりきれいに咲いていて、大喜びしてしまいました
花の道の桜は毎年くらい見ていて、このブログにも何度も載せているんですが、今年もまた懲りもせず(笑)載せてみます。

花の道の桜1

今年は銅像ともコラボしてみました。
花の道の桜2

花の道の桜3
小林一三先生の像と桜のコラボも撮っておけばよかったな。

花の道の桜4

花の道の桜5

桜だけでなく、雪柳も見頃で、すごいことになってます。
真っ白すぎて葉っぱが見えないくらい!
花の道の雪柳1

花の道の雪柳2

この花たちも、16年前の震災を乗り越えてきました。
この美しさが、今回被災された方々へのエールとなりますように…。

P・S この日は阪急宝塚駅でタカラジェンヌたちによる募金活動も行われました。
宙組のみなさんが16人も揃っていて、驚くほどたくさんの人たちが募金の列に並んでいました。
私もかなり並びましたが、無事募金できました。
お食事会
土曜日、友達と4月恒例のお食事会をしてきました(去年はお花見だったけど)。
今年は大阪の梅田第3ビルにある「花かれん」に行きました。
このお店は、創作寿司がメインで、とても可愛らしい、きれいなお寿司や和洋折衷のコースを食べることができます。
花かれん1
これがお寿司?!って感じの可愛さでしょ?
味もなかなかです。
他にも、すごく変わった形の天むすや、道明寺粉仕立てのお椀物なども出てきました。
花かれん2

花かれん3
下の写真の道明寺仕立てのはデザートみたいに綺麗。
わりとご飯ものが多くてお腹いっぱいになりましたが、最後がおかわり自由のお寿司!
花かれん5
写真は海老づくしですが、他にも創作寿司や普通のお寿司などもあります。
お腹いっぱいで食べられなかったけど、マグロやハマチなんかも食べとけばよかったかな…と思ったりします(笑)。

食べてからは北浜に移動して、丸福珈琲店(北浜店)に行ってきました。
蔦の絡まるレトロな建物に、これまたレトロな内装ですごく素敵。
7人で行ったので、チーズトーストやホットケーキやバウムクーヘンなど、いろんなものを頼んで皆で少しずつ食べました。
丸福珈琲店(北浜店)
特に、チーズトーストとホットケーキが美味しかったんで、今度は一人前ぜんぶ食べてみたいな(笑)。