初!文楽
昨日、国立文楽劇場で初めて文楽を見てきました!
実は、今まで一度も文楽を見ていなかったにもかかわらず、文楽劇場の舞台には立ったことがあるんです。
もちろん、私が人形を遣えるわけではなく、学生時代にクラブ活動で琴をやっていて、その先生の一門の発表会でなんですが。
その時は盆回し(回り舞台が回ること)を経験できて楽しかった~

さて、文楽です。
よく「舞台は総合芸術」と言いますが、文楽はまさにそれ!
人形、太夫、三味線、皆様いずれも高い技術を持っておられますが、それが三位一体となって、より素晴らしい芸術になっています。どれ一つ欠けても成立しない、チームワークが大切な演劇だとも思いました。
まず、文楽といえば人形が出てくるのが特徴ですが、この人形一体でも3人の人が操っていて、これ単独でも三位一体といえます。一挙手一投足が絶妙のタイミングで、本当にリアルな動きでした。
人形なので表情は変わらないはずなのに、微妙な動きで表情があるように見えるのが不思議です。
当然、人形は喋らないので、浄瑠璃の太夫さんは語りもセリフも一人でやるんですが、ちゃんとそれぞれの登場人物の声として聞こえるのがすごい。どこか落語に通じるものがあると思いました。
三味線は、歌舞伎を見るようになって「こんなにすごい技術を持った方がたくさんいるとは!」と驚いている次第なのですが、文楽劇場で、舞台と同じくらいの高さのところで聞くと、より素晴らしさが分かります。
そして、ただ演奏が素晴らしければいいというものではなく、音の速さや強弱で、人物の心情や人形の細かな動きをドラマチックに表現しなければならず、当然、太夫さんともきっちりタイミングを合わせなければいけないので、とても大変だなと思いました。

今回見た演目は、『恋女房染分手綱』より「道中双六の段」「重の井子別れの段」、『伊賀越道中双六』より「沼津」、『紅葉狩』の三つ。
『恋女房…』は、生き別れの母と息子の、「沼津」は父と息子の再会と別れを描いています。
とくに「沼津」は、なんと悲しいお話なのかと心がしめつけられるようでした。
私は卒論で「忠臣蔵」をテーマにしていて、「江戸時代の芝居が最も強く表現したいのは『情』だ」などと生意気なことを書いてましたが、この二つの演目はとくに「情」が重要ですね。
そういえば、もうすぐ始まる平成中村座で「沼津」を勘三郎さん、仁左衛門さん、孝太郎さんらが上演されます。
東京なので見にいけませんが、さぞかし良いだろうなと思います。
『紅葉狩』も、歌舞伎で有名な演目。宝塚でも日本物レビューとして海外公演で演じています。
これは、いかにも秋らしい美しさと、そこから一転しての大迫力で、見る者をまったく飽きさせません。
歌舞伎舞踊を想定して作られた演目なので、人形は芝居をするだけではなく、舞を舞ったり立ち回り(殺陣)をしたり、これこそ遣い手さんたちの腕の見せどころなんだろうなと感じました。

あと、おもしろかったのは舞台の上のあたりに字幕(日本語)が出ること!
時々、無意識のうちにオペラグラスを目から離さずに見てしまって「うっ、字が大きくて見えない!」となったりしてしまいましたが(笑)昔の言い回しなどで分かりづらいところも字になると分かったりするので助かりました。

この三演目のように、文楽から歌舞伎に取り入れられたお芝居がかなりたくさんあるので、同じ演目の歌舞伎バージョンもぜひ見てみたいです。
スポンサーサイト
膳所焼窯元のお茶会
土曜日に、滋賀県にある膳所(ぜぜ)焼美術館へお茶会に行ってきました。
濃茶や点心(お料理)席もある本格的なお茶会は初めてで、しかも偉い先生方もたくさん来ておられて 何か粗相があったらどうしよう…と緊張しましたが、お茶室も庭もすごく風情のあるところで、美味しいお茶とお菓子、お料理をいただいて、とても幸せでした
そして、道具も表千家9代目家元の手作り品や江戸時代の古薩摩などといった見事なものにじかに手を触れることができ、おこがましいことですが、家元や江戸時代の名工と名もなき私の心とが一瞬繋がったような感動を覚えました。
記念品として、新しく作られたお茶碗もいただけて嬉しかったです。
今年は先代窯元の奥様が88歳、米寿ということで、稲穂の模様をあしらった美しいお茶碗です。
参加人数がかなり沢山なので、400個も作られたそうです!(しかも600個作って200個が失敗だそうです)
濃茶席のお菓子が縁高(ふちだか)という重ねられたものに入って出てきて(これが本式なんです)、初釜の時にみんなで「どう扱うんだっけ?」と戸惑いながらお菓子をいただいたことがここで役に立ちました!
やっぱり日々の積み重ねなんだなー。
再来週は先生のお宅の炉開きです。
また覚えることがいっぱいだー
これもまた「積み重ね」で頑張ろう。
オレオのレアチーズケーキ
オレオのレアチーズケーキ

少し早いんですが、父の誕生日にオレオのチーズケーキを作りました。
先月、弟の誕生日に作った桃のレアチーズケーキのレシピをベースに、3つのレシピのいいとこどりで作りました。
1つのレシピにまとめておかないと次に作るときに忘れてしまうので、メモをかねてここにレシピを載せておきます。


●材料(18センチ丸型)
プレーンヨーグルト 1パック
生クリーム 150㏄
砂糖    30グラム
粉ゼラチン 5グラム
水     大さじ1~2
レモン汁  小さじ1
オレオ(底用) 12~15枚
   (混ぜ込み用) 3~4枚
バターまたはマーガリン 30グラム
クリームチーズ 好みで少々(なくても良い)

●作り方
1,ざるにキッチンペーパーを敷き、下にボウルを置いてヨーグルトの水を切る(4時間以上)。
2,二重にしたビニール袋に底用のオレオをクリームごと入れて細かく砕き、溶かしたバターを加えて袋をよくもむ。ラップを敷いた型に入れ、コップの底などで押さえて敷き詰める。これを冷蔵庫に入れておく。
3,ゼラチンを水でふやかす。
4,ボウル等に1と砂糖、混ぜ込み用オレオのクリーム、レモン汁、好みでクリームチーズ(かたい場合はレンジでやわらかくする)を入れて混ぜる。
5,生クリームをレンジで沸騰直前まで温め、3を加えて溶かす。これを4に加えて混ぜる。
6,5に粗く砕いた混ぜ込み用のオレオを入れ、黒い粉が出ない程度に軽く混ぜ合わせる。
7,6を型に流し入れて平らにし、冷蔵庫で固まるまで冷やす。

砂糖とレモン汁はお好みにより増減してもかまいません。
皆様もよかったら作ってみてください。
火を使わないので、お子様と一緒に作っても安全で楽しいと思います。
十月大歌舞伎
土曜日に南座で「十月大歌舞伎」を見てきました。
気合入れて早く京都に着き、高島屋でお弁当&お菓子も買って意気揚々と出かけたんですが、客席に着くまでにすでに疲労困憊
南座は階段しかなくて、しかも古い建物を改装してあるので、悪い脚で3階まできつい階段をよじ登らなければならないし、しかも取った席が一番出入りしにくい席で(実は買うときに席が選べるんだけど、出入りしやすいかなと思ってセンターブロックの一番端にしたら衝立等で仕切られた奥だった…私のリサーチ不足です…)、座るためにそのブロックの方にいったん移動してもらわなければならず、かなり申し訳なくて…。
もっといい席にすれば無問題なんだろうけど、そうなると、それこそ清水の舞台から飛び降りる覚悟をしないといけません。
次はもっと早く…一番乗りの決意で行きます(笑)。席も出入りしやすいとこで。

大変疲労したにもかかわらず、始まる頃にはすっかり忘れてワクワクどきどき。
最初の演目は「矢の根」。
橋之助さんの曾我五郎です。
昔はお正月に曾我兄弟ものをやると縁起がいいと言われていたので、この「矢の根」も、初夢の話や七福神を取り入れたセリフなど、お正月仕様のめでたいもの尽くし。
橋之助さんは先週、最愛の父・芝翫さんを亡くされたばかり。色々忙しくて疲労もたまっておられるでしょうし、もちろん深い悲しみがあると思いますが、テレビのインタビューで「このような大役をいただいて(たとえ死に目に会えなくても)父も喜んでいるでしょう」と答えておられたように、疲れを微塵も感じさせずに豪快で時にユーモラスな五郎を明るく演じ、客席もとても盛り上がってました。

二番目は「墨染念仏聖(すみぞめのねんぶつひじり)-法然上人譚(ほうねんしょうにんものがたり)-」。
今年は浄土宗の開祖・法然上人の800年大遠忌。そして、その法然上人を「たたえる会」会長の藤十郎さんが法然を演じる、まさに今が旬の新作歌舞伎です。
ギリシャ演劇以来、演劇に効果的に使われる「コロス」(「コーラス」の語源)をお弟子さんたちが僧の姿で演じ、舞台構造もシンプル且つダイナミックな現代風。
そして、なによりもいいところは、予備知識がなくても楽しめるところ。
法然に帰依した人々には、平敦盛と対決した源氏の武者・熊谷直実や、「玉の緒よ絶えなば絶えね長らへば忍ぶることの弱りもぞする」という歌で有名な式子内親王などがいますが、歌舞伎の演目は知らなくても、平家物語や百人一首なら知っているという人も多いので、彼ら彼女らのエピソードには親近感を持てるし、そのエピソードを通して、清らかで優しく温かい法然の心に触れることができます。
藤十郎さんの超越したオーラ、直実役の橋之助さんの「矢の根」とはうってかわっての渋さ、式子内親王役・壱太郎さんの美しさ(前よりも面差しが大人になってきましたね)に魅了されました。
欲を言えば、式子という役には「抑えても抑えきれぬ恋に悩む大人の女性」という雰囲気があるので、また何年かして壱太郎さんがもっと大人になってからもう一度見てみたいですね。
法然の高弟で彼の思い出を語る源智上人・翫雀さんの抑えた語り口も印象的。お殿様役の似合う方ですが、こういう役も上手いですね。

おしまいは、お馴染みの「連獅子」。
今回は翫雀さん・壱太郎さん親子でした。
獅子はわが子を千尋の谷に突き落とす…といいますが、その様子を厳しい芸の世界に生きる実の親子が見せるというのは、感動と共に一種の凄みを感じさせます。
それでも、親獅子が谷底からなかなか登ってこない子供を心配するところや、そんな親の姿が水面に映ったのを見て「頑張るぞ!」とばかりに子獅子が飛び跳ねるところは微笑ましかったです。
親獅子・翫雀さん、最初に狂言師で出てきたとき「藤十郎さんに似てきたな~」と思いました。
舞踊の上手さはさすがで、ちょっとした動きでも目が離せないほどでした。
子獅子の壱太郎さんは、たおやかで美しい式子内親王から一転してキリッとしたかっこよさ(ちなみに、素顔もフィギュアスケートの小塚選手似のイケメンです)。獅子の毛振りには若いパワーがあふれています。
間狂言の「宗論」は、以前に見て内容が分かっていても思わず笑ってしまいます。
好きな役者さんの一人である亀鶴さん、左団次さんのご子息・男女蔵さん(初めて見ましたが、快活な雰囲気で素敵な方ですね。そして、顔がお父様そっくり!)、お二人とも芸達者な方で楽しかったです。

先月、今月と歌舞伎を見ましたが、見れば見るほど歌舞伎って楽しいですね。
12月の顔見世も行きたいんですが、行けるかな~。
再開
今年のお正月に行ったパリの旅行記ですが、書きかけのままで半年ほど放置していたのを、最近になってまた再開しました。
全部で4ページくらいなのですが、最初のページを書き終えたところです。
他のページもちょこちょこと書いていますので、そのうち…できれば今年中に公開したいと思っています。
ということで、写真を一枚…。

パリ

モンマルトルです。
ではでは、完成をお楽しみに~。
名優死す
歌舞伎俳優の中村芝翫さんが10日に逝去されました。83歳でした。
御本人もファンも待ち望んでいた、孫の勘太郎さんの勘九郎襲名披露公演への出演と、新しい歌舞伎座の杮落とし公演への出演は、残念ながら果たされることはありませんでした。
けれども、歌舞伎界のお父さんのように慕われ尊敬された芝翫さんの精神は、福助さん橋之助さんをはじめとする家族や後輩の役者さん達と共にあり、きっと生きて果たすことのできなかった公演にも、笑顔で舞台のどこかに立っておられると思います。
私はとうとう生の舞台を拝見する機会がありませんでしたが、映像で見た芝翫さんの、風格がありつつも清楚な舞台姿はいつまでも忘れないと思います。
謹んでご冥福をお祈りします。
博物館 明治村
連休に犬山市の明治村まで遊びに行ってきました。
すごーく広くて、明治時代の建物がびっくりするくらいいっぱい(よくぞここまで移築したなーと感心しました!)で、一日ではすべて回れないくらいでした。また行かなきゃ(笑)。

まずは入り口。

明治村1

これは名古屋にあった第八高等学校の正門です。
効率よく回るために、ここから村内バスに乗って、一番奥の「5丁目」にある帝国ホテルへ。

明治村2

かの有名なフランク・ロイド・ライトの設計です。
内装もお洒落。

明治村3

家具もお洒落。

明治村4

とにかくとてもお洒落で、しかも結婚式もやっていて、たくさん写真を撮ったんですが、この調子ではいつまでたっても他のところへ進めないだろう…ということで、次は新潟にあった小熊写真館へ。

明治村6

屋根のガラス張りのところが写場(スタジオ)になっていて、自然光が入るようにしてあります。
光の量はこういう白黒のカーテンで調節します。

明治村5

明治村には監獄の建物も移築されています。

明治村7

これは金沢監獄の門です。この先に続く監獄は、バスの中から見ました。

続いては教会。
壮麗なザビエル天主堂へ。

明治村8

この天主堂、長崎のどこかにあったのかな?と思いきや、なんと京都にあったそうです。
ここはステンドグラスが綺麗幻想的です。

明治村9

明治村10

お次は劇場。というより、芝居小屋というほうが風情があるかな。

明治村11

呉服座と書いて「くれはざ」と読みます。
大阪府池田市にあったもので、明治から昭和に至るまで、川上音二郎・貞奴夫妻やミヤコ蝶々さんら錚々たるスターが舞台をふみました。
中はこんな感じ。

明治村12

ここで歌舞伎やってほしいな~。

続いて、お伊勢さんのお膝元、宇治山田郵便局へ。

明治村13

伊勢では一年中注連縄を飾っておくそうです。
入り口には昔のポストもあります。
ここは建築の豪華さも素敵なんですが、普段見ることのできない、窓口内からの眺めも見ることができます。

明治村14

そして、おどろくべきことに鉄橋まで移築されています。

明治村15

汽車もありますが、今は動かしていません。

神戸の旧居留置からも移築された建物があります。

明治村16

二階が渡り廊下でつながってて、しかも洋風と和風というのは面白いですね。

歩き回ってお腹がすいてきたんですが「食道楽のカフェ」なる食堂は満員。他の食堂も満員で、なかなか食事にありつけず、屋台の「たません」(えびせんべいの間に大阪のイカ焼きのようなものをはさんでいる尾張名物)とひき肉と馬鈴薯のコロッケー(コロッケと呼ばないのがポイント)を食べました。
たませんはけっこうお腹がいっぱいになったのでよかった。
コロッケーは見た目は普通だけど、角切りじゃがいもとミートソースのようなひき肉の炒め物で、今のコロッケとは少し違う感じ。とても美味しかったです
これを食べた時点で、そろそろバスの時間になりました。
名古屋の栄で降りて、中日ビルにあるキャトルレーヴ(宝塚グッズのお店)に寄ってから奈良へ帰りました。
かわいい
カプチーノを注文したら、こんな感じで出てきました。

カプチーノ

かわいいー飲むのがもったいない!…飲んだけど(笑)
カプチーノの泡に絵を描くことはすごく流行ってますが、私は今回が初めてです。