伊勢路散策(2)
2日目は、念願の二見浦散策です。
有名な夫婦岩は、二見興玉神社の海中にあります。
二見興玉神社
こちらの祭神は、昨日訪れた猿田彦神社と同じ猿田彦です。
そして、そのお使いといわれているのがカエルさん。
このカエルの像に水をかけると願いが叶うといわれています。
カエルさん
小さい子達がすごくはしゃいで水をかけていて、お母さんが「行くよ」といっても「嫌!もっとやりたい!!」と言っていました。
私もやってみたのですが、なかなか楽しかったですよ
そして、夫婦岩へ。
夫婦岩
私、夫婦岩というのはもっと陸地から離れていると思っていたんですが、女岩のほうが陸につながっているんですね。
それで注連縄がかけられるのか!と納得したんですが、たとえ陸続きでも、荒波の中にそそり立っている岩にかけるのはかなり大変そう。かけ替えるときの写真も見たのですが、もしかしたら命がけかも…と思うくらいでした。
余談ですが、二見浦の駅は、夫婦岩をモチーフにしています。
二見浦駅
この神社には、こういったものもあります。
天の岩屋
「ええっ!」とびっくりしたのですが、「天の岩屋」「天の岩戸」と呼ばれているところは日本各地にあるそうで、どこが伝説の地なのかははっきりしないそうです。
また、竜宮社もありました。
竜宮社
辰年に竜神様にお参りできるのは本当に縁起のいいことだなと嬉しくなりました。

その後、二見シーパラダイスの下にあるお土産屋さんで色々とお買い物。
こちらはシーパラダイスの入場料を払わなくても入れます。
…それにしても、二見浦というのは、いろんな意味で(笑)時が止まっているかのようなところで、お土産屋さんにも「いつからあるねん」と思われるようなレトロなものが売ってあったり、店のお兄さんがセクハラな褒め言葉(?)を連発してみたり…。いや、もう典型的な「観光地」でした(笑)。

参拝を終えて、今度は旅館街を散策。
今の時期は「おひなさまめぐり」というイベントをやっていて、旅館やお店や民家で、雛人形などを展示しています。
中には、「曲水の宴」を表現した大がかりなものも。
おひなさまめぐり2
観光案内所入り口に掲げられているおひなさまは、色付けしたペットボトルでできています。
おひなさまめぐり1
このあたりは古くて歴史のある旅館が多いのですが、近年は伊勢に来る修学旅行生が少なくなったためか、お土産屋さんも旅館も少しさびれている気がしました(私の泊まった旅館も、従業員が少ないのか、どこか雑然とした感じでちょっと残念)。

お昼は何か伊勢らしいものを食べたいと思って、あるリゾートホテルの1階にある和食屋さんで、今が旬の牡蠣フライをいただきました。
出てきたカキフライを見てびっくり!
カキフライ
ものすごい量!しかも一つずつが大きい!
でも、新鮮な牡蠣を使っていて、めちゃめちゃ美味しかった!
自分が日頃いかに新鮮でない牡蠣を食べているのかが分かってしまうくらいでした(奈良だから仕方ないんだけどね)。
お腹がいっぱいになったけど、何とか完食し、サービスのコーヒーまでゆっくりいただいて大満足でした。

そしてまた伊勢市駅まで戻り、帰宅の途につきました。
もうクタクタで、眠くてしょうがなかったんですが、何とか無事に帰ってまいりました。
まだ友達にお土産を送っていないので、明日あたり、急いで準備したいと思います。
スポンサーサイト
伊勢路散策(1)
ご無沙汰しております。
先週、伊勢に行ってきました。
伊勢は十数年ぶり。前回は鳥羽まで行ったのですが、今回は「とことん伊勢」というテーマで(笑)前回見られなかった所も色々行ってきました。

伊勢に行く前に名古屋の中日劇場公演に行って、その足で一泊したので、朝早くからお伊勢さんを巡ることができました。
まずは外宮(げくう。伊勢神宮には外宮と内宮(ないくう)があります。地元の人は「外宮さん」「内宮さん」と「さん」付けで呼びます。)。
お膝元の伊勢市駅前からすでにウェルカム状態です。
isesiekimae
なんかすごく嬉しい。ほっとする。
そして、歩いて五分で外宮へ。
gekuu
こちらは本宮。他に多くの別宮があります。
神聖な場所ですので、本宮で撮影できるのはここまで。
本宮の横に、西の御敷地(みしきち)があり、来年の式年遷宮から20年間は、こちらが本宮になります。
nisinomisikiti
来年に向けて、すでに新しい社殿の建設が始まっていました。

参拝を済ませて戻ろうとすると、向こうから神職さんたちが来られました。
oomike
「おおみけ」と呼ばれる、神様のお食事を持って行かれるのだそうです。
たまたま朝早く来たのですが、見ることができてよかったです。

外宮から内宮まではバスで行くのですが、バス停前でいろんな名物を売っていたので、待っている間も退屈しませんでした。
basuteimae

そして、内宮へ。
着いたら9時半くらいだったのですが、すでに駐車場は満車。観光バスも何台も停まっていました。
mansha
さすが、何世紀にもわたって日本中の人々の参拝が絶えないお伊勢さんです。
torii
さっき、式年遷宮のことを書きましたが、写真の鳥居や五十鈴川にかかる宇治橋も20年に一度作り替えられます。宇治橋は遷宮に先立つこと4年前に架け替えられるので、この橋は、以前に私が渡ったものではなく、新しいものです。
橋を渡ってから、五十鈴川のほうへ下りることができます。
isuzugawa
昔はここで禊をしたそうです。
私も手だけ浸けてみましたが、当然ながら、冷たーい!!ちなみに、この日は雪がちらついてました
玉砂利をふみしめて、内宮の本宮へ。
naikuu
足の裏から伝わる玉砂利の感覚に、「ずーっと昔から、多くの人が熱い思いでここをふみしめて来たのだな」と、感慨深くなりました。
内宮も、次の遷宮の御敷地には新しい社殿が建設中でした。
senguu
混雑するので、内宮は行きと帰りは別々の道なのですが、帰り道にニワトリさんが!
niwatori1

niwatori2
このニワトリさんは神のお使いなのだそうです。

参拝が終わって、「おはらい町」へ。
ここはいろんなお土産屋さんや食事処が軒を連ねていて、とても賑やか。
テイクアウトもたくさんあって、食べ歩きもできます。
有名な赤福の本店もあります。
akafuku
この向かいの「おかげ横丁」にある茶屋や、赤福の支店で、冬季は「赤福ぜんざい」がいただけます(本店では普通の赤福のみ食べられます)。
akafukuzenzai
すごくあったまったし、想像以上にお腹がいっぱいになりました。
なので、食べ歩きも思ってたより回れなかったんですが、サザエの串焼きやコンニャクで作った五平餅が美味しかったな。
「おかげ横丁」では雛祭り開催中で、あちこちにお雛様や吊るし飾りがありました。
hinamaturi1

hinamaturi2
また、子供向けのイベントで紙芝居(かなり本格的)もやってました。
kamisibai
面白かったので、最後まで見て、近くの猿田彦神社へ。
sarutahikojinja
猿田彦は、天照大神の先導をつとめた神で、開運の神様として知られています。
私も開運にご縁があるように、お賽銭を5円おさめました(笑)。

その後、バスで古市へ。
古市は、その昔、参拝帰りの客で賑わった遊郭があり、旅館や料理屋などもたくさんあったそうですが、今は住宅地になっていて、当時の面影を残すのは、唯一残る現役の旅館・麻吉のみ。
asakiti1

asakiti2
ここは坂道に階段状に建てられています。
中には入れなかったのですが、外だけでもすごく風情がありました。
この近くに、歌舞伎「伊勢音頭恋寝刃」の舞台となった遊郭「油屋」の跡があります。
aburayaato
そして、この石碑の近くの大林寺には、主人公のモデルになった孫福斎(芝居では福岡貢)と、その恋人の遊女・お紺の墓があります。
dairinji
実は、本当のお墓ではなく、江戸時代の終わりごろと明治に歌舞伎役者の方々が建立したのだそうです。

その後、来た道を戻って、神宮徴古館へ。
jingukoukokan
ここには、式年遷宮で実際に使われた用具や美術品、日常で神様にお供えする物の模型など、伊勢神宮に関するものがたくさん展示されていて、なかなか見ごたえがあります。
すごく面白いのですが、展示品が多くて疲れてしまうほどでした。
それでもめげずに、同じ入場券で行ける農業館へ。
nougyoukan
伊勢神宮で神様にお供えする食べ物や着物は、すべて神宮や末社で自給自足されています。
その様子や、農業一般に関する展示、皇室の農業に関する展示があります。
徴古館を補完するような内容で、思っていたよりも楽しかったです。

かなりたくさん回って疲れましたが、おしまいに、倭姫宮(やまとひめのみや)へ。
yamatohimenomiya
祭神の倭姫は、ヤマトタケルの叔母にあたる皇女で、神のお告げにしたがって伊勢に神宮を定め、初代の斎王になりました。
寒かったけれど清らかなお宮で、神宮の中にいるのと同じ清々しい気持ちになりました。

伊勢1日目の観光はここまで。
あとは早めに二見浦の旅館に入ってお風呂でのんびり(合宿中の高校生の一団が泊まっていたので、早めにお風呂に入って正解でした)。
2日目の観光は、また後ほどご報告します。
「ラ・カージュ・オ・フォール」
5日に、梅田芸術劇場でミュージカル「ラ・カージュ・オ・フォール」を見てきました。
「これぞブロードウェイミュージカル!」とも言うべき華やかさとハートウォーミングなストーリー。
私は13年前にも同じ劇場(その頃は「劇場飛天」といいましたが)で見ていて、その時は「見終わった後にハッピーになれる作品」だなと思ったのですが、今回は、その楽しさや幸福感はもちろんのこと、それ以上に、思わず涙が出そうになるような感動がありました。

南フランスのサントロペで華やかなショーを見せるゲイクラブのオーナー・ジョルジュは鹿賀丈史さん。
前回のジョルジュは今は亡き岡田真澄さんで、ダンディさとそこはかとなく漂う可愛らしさという、ご本人の魅力で見せる感じでしたが、鹿賀さんはあくまでもお芝居で見せる感じ。
ゲイを表現するためか、語尾がちょっとオネエっぽかったのですが(笑)、何気ないセリフの中にも真摯な愛情が感じられてよかった。
ジョルジュのパートナーで、ゲイクラブのスター・ザザことアルバンは13年前と同じ市村正親さん。
男性だけど、れっきとしたヒロイン。前回よりも女っぽさが増したような気がします。
そして、張りのある歌声。「マスカラ」や「ありのままの私」に感動しました。
女っぽいとは言っても「よよと泣く」感じではなく、フランスの「女性」らしく矜持を持って生きている感じがします。
ジョルジュのたった一度の過ちで生まれた息子ジャン・ミッシェルの原田優一さんはフレッシュで若々しく、でも歌がとても上手かった。「見てごらん」の歌と、「彼は僕の母です」と言ったセリフに感動しました。
ジャン・ミッシェルの婚約者のアンヌは、宝塚退団後2作目の愛原実花さん(ミナコ)。
可憐な雰囲気と軽やかなダンスで妖精のような美しさでしたが、芯の強さを感じさせたところがミナコらしいですね。
そして、相変わらずスタイル抜群!ダルマ(レオタードのような脚を出した衣装)姿の脚の長さに、改めて「ああ、ミナコだな」と感じました(笑)。
同じく宝塚OGの香寿たつきさん(タータン)は久しぶりに見ましたが(「ウエストサイドストーリー」以来かな)、すごく洗練されていて美しく「できる女」という感じでした。でもちょっとコメディっぽいところも面白かったです。
そして、カジェル(女装のゲイダンサー)をつとめた皆さん。
フレンチ・カンカンまでこなすほどの激しいダンスや歌、しかも、男性でありながら女性以上に妖艶で美しくあらねばならないという、二重にも三重にも大変な役でしたが、本当によく頑張っていて感動!その中でも真島先生はやっぱりすごい。美しいです(ちなみに、今回の振付も真島先生です)。
冒頭の「ありのままの私」のコーラスは、カジェルたちのメッセージが込められていて、思わず涙してしまいました。

大阪の公演は、この日が千秋楽ということもあってか、舞台も客席もノリノリ。自然に手拍子や、時には歓声も起こってました。
市村さんや鹿賀さんや森久美子さんが何か面白いことをすると、お堅い議員役の今井清隆さんまでもが真似し始めて、もう笑った笑った!!
でも、そのすぐ後に感動するシーンが来てもまったく違和感がなく、この作品やカンパニーの持つ実力の高さを感じました。
祝!誕生
田中圭くん・さくらさん夫妻に女の子が誕生しました!!
おめでとう!私もめっちゃ嬉しいです
圭くん、お父さんになったんだな~(しみじみ)。
いいパパになってくださいね。
美味!生姜の砂糖漬け
生姜の砂糖漬け

近所で売っている生姜の砂糖漬けです。
普通の砂糖漬けはドライフルーツみたいな食感ですが、これはチップスみたいにサクサクしててすごく美味しいです!
一度、母が買ってきて、美味しかったのでまた買ってきてもらいました。
六代目!
また芝居関連の話が続きますが、今日、中村勘太郎さん改め六代目中村勘九郎さんが誕生しました!
ニュースで拝見しましたが、引き締まった表情での口上にジーンとなりました。
今日この日に祖父の中村芝翫さんがいらっしゃらないのは残念ですが、きっと空から見守っていて下さると思います。
ひょっとしたら建設中の歌舞伎座の上で待っているのかも…。
関西での襲名披露も楽しみに待っています(年末の顔見世も襲名披露なんですよね。チケット取れるかなー)。
がんばれ、六代目!

追記:新・勘九郎さんの叔父である橋之助さんが、芝翫さんの愛用された鬘をつけて口上に臨まれたそうです。
甥と亡き父を思う温かい気持ちにウルウルきてしまいました。
ルドルフ少年
またまたお芝居関連の話題です(興味ない方はすみません…)。
「エリザベート」のルドルフ少年役に加藤清志郎くんが!
「レ・ミゼラブル」にも出ていたので、ミュージカルは2度目のようですが、まさかあの「エリザ」とはね~。
宝塚版・東宝版の両方見ていて、ルドルフ少年の歌詞も覚えているのでびっくりです。
エリザベート役のオサちゃん(春野さん)とあさこちゃん(瀬奈さん)の息子になるんだな(笑)。