お大事に!
昨夜は染五郎さんの怪我の具合が心配で、なかなか眠れませんでした。
一夜明けて、幸いにも命に別状はないとのことで一安心しました。
それでも、3メートルの高さから落ちたというのは大変なことなので、9月の秀山祭は休演。
芸を継承する記念すべき公演だったので、さぞ悔しいことかと思いますが、体のことを考えるとやはり休んだほうがいいですね。
あーちゃん、ゆっくり休んでまた万全なときに「伏見の富くじ」をやろう!くれぐれもお大事に。
スポンサーサイト
しまった!
昨日正午からBS-TBSで放送された、こんぴら歌舞伎の特集番組を見逃しました…
21日に「歌舞伎美人」で告知してたんですが、余裕がなくて見てなかったんです。
21・22日ってシフト的に一番ハードで忙しかったんだよね…(かき氷はそのご褒美)。
いつかは行きたいと思っている憧れのこんぴら歌舞伎。
しかも、八坂神社の奉納舞から見守り続けている歌昇さんの特集だったのになー。
うわあーん再放送してほしいよー!
CSでは28日みたいだけど、スカステ(タカラヅカスカイステージ)以外は加入してないし…。
…それにしても、一日以上経ってもまだこんなに悔しいとは、思いもよりませんでした。

P・S 見逃した腹いせ(?)に、YouTubeでこんぴら歌舞伎のお練りの動画を見まくりました。
通り道で「播磨屋!」「萬屋!」等のかけ声をかけていたオバチャンが、隼人さんに「隼人くん!いい男っ!」と声をかけていて爆笑そりゃたしかに、めっちゃイケメンだけどさ。
今年初のかき氷
今日は仕事が早番で、帰りに時間があったので、近くのコーヒー屋さんでかき氷を食べてきました。
コーヒー屋さんなだけに、カフェオレのかき氷です(普通にイチゴとかもあったよ)。
カフェオレかき氷
写メだと、炊き込みご飯山盛りに見えてしまうのですが(笑)、ちゃんとした氷です。
カフェオレ味ってどんなふうに出てくるのかと思ってたら、ブラックコーヒーのシロップに、上からコーヒーフレッシュのようなミルクがかかってました。
私は、どちらかといえば練乳のかかっていないかき氷が好みなので、甘さ控えめなサラッとしたミルクが嬉しかったです。
今日はかなり疲れてて、一瞬、本気でくたばるかと思ったのですが(おおげさ)、このかき氷でちょっと持ち直した感じです。
デニッシュ風
今週は15日までのお休みの後に1日働いてまた3連休という変則的なスケジュールです。
こんなに休んでいると残り2週間がきついのでは…と心配ですが、休まないともっときついので、まあいいか。
昨日は出かけようと思ったのですが、朝から体調が悪くなり断念。
お昼からパンを焼きました。
ホームベーカリーで普通の食パンは時々焼きますが(私じゃなくて弟が焼いてるんだけどね)、それ以外の使い方は最近やってなかったので、今回はデニッシュ風な甘めのパンを作ってみました。
ココアデニッシュ1
機械でこねたあと、一度取り出して、中にココアとグラニュー糖を練り込みました。
焼き上がりを切ってみるとこんな感じ。
ココアデニッシュ2
本当のレシピはシナモンロールで、シナモンシュガーとドライフルーツを練り込むのですが、家族の中で好き嫌いが分かれるので、ココアにしました。
ちなみに、べたつくと切りにくいし、トーストすると焦げるので、上にかけるアイシング(糖衣)も省略しました。
お店で売っているデニッシュのようにバターをたくさん使っていないので、サックリ感はないのですが、ほんのり甘くて、控えめにココアの香りがしておいしいです。
色々とアレンジできそうな感じなので、また今度、違ったものを作ってみたいと思います。

それにしても、電気のブレーカーが落ちてしまうのを恐れて、エアコンをつけずに作っていたので暑かった
ヴェネツィア展
毎日暑い中で働いてますが、一昨日の11日から15日までお休みです。
一昨日と昨日は久しぶりに出歩いて、残り3日間はひたすらグータラ生活の予定です(休みだからといって遊んでばかりいると夏は体がもちません…)。
第一日目には、京都文化博物館の「ヴェネツィア展」を見てきました。
ヴェネツィア展
芸術家や有名博物館や特定ジャンルの名前を冠した展覧会ではなく、「ヴェネツィア」という街の名前の展覧会。いったいどのようなものかと気になっていたんですが、この展覧会はヴェネツィアじゅうの美術館・博物館・歴史的建造物が所有するコレクションの中から、「ヴェネツィア」の歴史や文化、特徴を持つ品を一堂に集めたもの。
もともと、仕事の合間に「あー、海外行きたい!!」と思ったので、この展覧会を見たのですが、現地の博物館にいるような感覚で、つかの間の海外旅行気分を楽しめました。
ただ、現地の美しい映像や模型なども多く、それを見ているとまた海外に行きたくなってしまうのが困ったところです(笑)。
帰りにミュージアムショップを見たら、現地で見たようなお土産がたくさんあり、またまた懐かしくなってしまいました。
いつかまた、本当にヴェネツィアに行きたいな。
今度はやっぱり本島だけじゃなくて他の島にも行きたいし、本島でもゆっくりと過ごしたいです。
そうなると、たぶん、1週間いても時間が足りなさそうだな~。
古代から続くもの
今日、朝の電車の中で、前の席に座った人がけっこう大きな声で「グレコローマンってなんやねん」と連呼していたので(ちなみにお連れ様がいたので一人で叫んでいたわけではないです)、心の中で「ギリシャ・ローマや」と言ってしまいました(笑)。
たぶん、五輪のレスリングのことだと思うのですが、競技の中継の時に「グレコローマンってどんなん?」と、父と弟に聞いたところ(私もレスリングの種目ってこと以外は知らなかったのよ)、脚を攻めずに上半身で戦うスタイルのことだそうです。
ギリシャ・ローマというくらいだから、古代ギリシャのオリンピックからやってるのかなーと思ってたら、テレビ画面の中で組み合う二人の選手の形に見覚えが
古代ギリシャの遺跡で出土したお皿に、テレビで見たのとまったく同じ形で組み合う選手が描かれていたのを思い出しました。
なんだか、ものすごく感動ホントに古代から続いていたんだな~。
オリンピックを歴史好きの視点で見ると、スポーツにも長い長~~い歴史があるんだなとしみじみ感じることができます。
ほほえましい(追記あり)
先月29日からロンドンオリンピックが開催されています。
始まる前には「盛り上がりに欠ける」などと言われたりもしてましたが、いざ始まってみるとけっこう盛り上がってるんじゃないでしょうか。
各競技については、私はまったくの素人ですので(なにしろ、この年になって初めて柔道のルールを理解したくらいです…)言及することはできないのですが、周辺のことでおもしろかったエピソードがあるのでご紹介します。

先日、競泳の入江選手が銅メダルを取ったときに、地元である大阪・天王寺区(以外だったんですが、関西人なんですね)の商店街の方々が掲げた横断幕に、ブロンズ色に「銅」の字が書かれたステッカーを貼ったというニュースが流れていたんですが、その「銅」の字というのが手書き!
横断幕は活字の立派なものなんですが、そこにマジックで手書きされた「銅」のステッカーが貼ってあるのはとてもほほえましい光景で、天王寺まで見に行きたいと思ってしまいました(笑)。←ちなみに、うちの家から40分くらいで行けちゃいます。奈良だけど意外と大阪に近いんです。
入江選手はそのあとで銀メダルも獲得しましたので、今は銀色に「銀」と手書きされたステッカーも貼ってあるんでしょうか

追記:今日(8/5)のニュースで見かけたら、銅・銀ともにパソコンで書いた文字になってました。誰か作ってくれたのかな?