「二月花形歌舞伎」昼も夜も(2)
前回に引き続き、二月花形歌舞伎の感想です。
昨日載せた(1)は、最初、いろいろ取り散らかしたまま慌ててUPしてしまったので加筆・訂正を行いました。
実はまだ漏れ落ちもあるので、それはこの記事の末尾に載せておきます。

では、夜の部「GOEMON」のお話を。
この演目は、一昨年、大塚国際美術館の「システィーナホール」で上演されたものですが、まず異色中の異色作と言ってよいでしょう。
去年の「伏見の富くじ」を見て「歌舞伎は今現在も生きて呼吸している」と感じたのですが、この「GOEMON」は叫び、疾走しているという感じで、とてもエキサイティング!まさに「かぶいて」いるんです。
三代目猿之助(現・猿翁)さんが生み出したスーパー歌舞伎も新たなエネルギーに満ちていましたが、これは21世紀の歌舞伎として、更にもう一段飛び越えた感があります。

一昨年上演されたシスティーナホールは、バチカンのシスティーナ礼拝堂とまったく同じサイズでミケランジェロの「最後の審判」の大壁画・「天地創造」の天井画が再現されており、それ自体が舞台美術であり、劇場空間でもあったわけですが(私は映像でしか見てないので、たしかなことは言えませんが)、今回の松竹座は、そのシチュエーションがない状態を逆手に取った大胆な舞台構成。
一般の現代劇やミュージカル、コンサートで使われるような鉄骨組み(十字架をモチーフにしています)、回り舞台の真ん中に設けられた簡素なセット、そして、強烈な照明。
圧巻は南禅寺の山門。大きさは「楼門五三桐」に出てくる門とほぼ同じくらい(かなり大きいです)、満開の桜と豪華な装飾に代わって鉄骨と照明がギラギラ輝いており、シンプルでも迫力がありました。
そこで「絶景かな、絶景かな」とやる愛之助さん五右衛門の豪快さにもしびれます。
二度の宙乗りでの笑いは、荒事の雰囲気がありました(宙乗りといえば、鷹に「さあ母上、参りましょう」と言ったのはちょっと笑ってしまった)。
愛之助さんは話の雰囲気に合わせてか、どこか現代的な五右衛門で、豪快さの中にもきびきびとした雰囲気があるのがいいですね。

この作品の一番の特徴は、歌舞伎以外のジャンルとのコラボ。
特に、スペイン人神父・カルデロン(松也さん)と明智光秀の家臣の娘・石田局(梅枝さん)との間に生まれた五右衛門という設定から、全体を通してフラメンコが重要な役割を果たしています。
劇中で五右衛門が「フラメンコは魂の踊り」だと言っているのですが、フラメンコダンサーの佐藤浩希さんの踊りは、まさにその「魂」の化身。美しく、情熱的で、セクシーで、パワフルで、作品の世界にぴったり合っていると思います。
日本人である佐藤さんがスペインの魂であるフラメンコを踊っているということも、五右衛門の存在とどこかかぶっているなと思いました。
カルデロンが幻想の中で友市(子供の頃の五右衛門。吉太朗さん)とフラメンコを踊るシーン、五右衛門が出雲阿国(壱太郎さん)にせがまれてフラメンコを教え、それを阿国が発展させて激しく踊るシーンは、歌舞伎俳優がフラメンコを踊るというきわめて異色なものですが、フラメンコのリズムや踊りが驚くほど違和感なく、歌舞伎の始祖・阿国もきっといろんな面白いものを取り入れて「かぶき踊り」を作ったんだろうな~と思いをめぐらすことができます(もしかしたら本当にフラメンコも取り入れてたかも~(笑))。
また、阿国の弟子としてOSKの卒業生たちが出ており(着物のほかに、洋装でのダンスもあります)、他にもコロス的に男女の俳優さんたちが出ています。
音楽も下座音楽に加えて、バイオリンなどの弦楽器やパーカッション、フラメンコギターとカンテ(歌手)、邦楽からは筝曲など、さまざまな要素が取り入れられています。
とくに大薩摩とフラメンコギターの掛け合いは迫力があっておもしろく、三味線とギターの音色のハーモニーには独特の哀愁がありました。
こんなふうにいろいろな要素を取り入れながらも、浄瑠璃が入ったり、歌舞伎でよく使われる手法や型などの基本は押さえてあり(私はまだまだ気づかないところもあるけど、詳しい方はどんな演目のどの要素が入っているのかちゃんと分かって楽しいだろうな~)、歌舞伎としてきちんと成立しているのがすごいです。
そして、出演している10代・20代の俳優たちが、この作品によって若い感性にどれほどの刺激を受けているかと思うと、ますます彼らの行く末が楽しみになってきます。

夜の部の上置きは、ベテランというよりはちょっと先輩格な吉弥さんと翫雀さん。
吉弥さんは北政所と名古屋山三の二役。
北政所は嫉妬で怒っていながらもどこか可愛らしくて、若かりし頃の秀吉とのやりとりを話すところは少しコミカルで笑ってしまいます。
名古屋山三は若々しく爽やかで、終盤には立ち回りまで見せて大活躍。見た目も気性もいい男だったなぁ。
余談ですが、助太刀をしにきたときの衣装が「本朝廿四孝」の勝頼と同じもので、吉弥さんの勝頼も見てみたいと思いました。
翫雀さんは重要な役どころである秀吉。権力者で好色でちょっと悪いヤツな感じを出しているのにもかかわらず、阿国をはべらせようとした現場に北政所が来ると知って「なにっ、奥が!」と慌てる姿が可愛かったです(笑)

さてさて、若手の方たちも見てみましょう。
カルデロン神父の松也さん、歌舞伎の舞台で一人だけスペイン人役というのはさぞ大変だったでしょう。化粧にずいぶんと苦心しているようでしたが(元OSKの方も出ているので、アドバイスをもらってみてもいいかも。既に教えてもらってるかな?)、演技は切なく美しく、特に浄瑠璃とフラメンコのところでは悲しみが胸に迫りました。
石田局の梅枝さん、昼夜ともに魂として出てくる場面があり、時空を超えた雰囲気が、スケール感を増した彼にぴったりだなと思いました。
また、冒頭でカルデロン神父に、自分の愛と、子どもができたことを伝える場面は、光秀の重臣の娘らしい気品が漂っていました。
阿国の壱太郎さんは「止め女」として出てくるところに阿国らしいキリッとした雰囲気があり、特によかったと思います。
この場面の台詞には「飛んで入りたる寒すずめ」や「成駒屋」など、壱太郎さんの家紋・屋号が織り込まれていて面白かったな。
フラメンコは、教えてもらっているところではステップに色気があり、自分独自のフラメンコを踊っているときには「狂い」を感じるほどの激しさがありました。
昨年以来、私の押しメン(笑)な種之助さんは加藤虎之助(清正)を演じています。
初日近くになって夜の部も出演と発表されたので、出番どれくらいなんだろう?と思ってたのですが、第一部も第二部も五右衛門を追いかけて大活躍!
刀を持ったままぐるぐるぐるぐる…どんだけ回るんだ!しかも回りに回った後で2階客席にまで登場して立ち回り。若いねえ。今更ながら19歳の体力に感心…とか言ってる間に20歳になりますね。お誕生日おめでとう!
それにしても、種ちゃんはお父さん(又五郎さん)そっくりやな~(笑)。
そういえば、2階客席での立ち回り。私は3階にいたので、どうなっていたのか詳しくは分からないのですが、桟敷の扉から愛之助さん、壱太郎さんの姿が見えたときは興奮しました!
できれば3階にも来て欲しかったな~。
まあ、距離的に大変でしょうから、立ち回りは無理かもしれないけど、秀吉の手下たちが「五右衛門、どこへ行ったー!」と駆け抜けてくれるだけでも嬉しいのにな~。
石田三成の梅丸さん、美男子の優男ですが、きちんと立役の見せ方で、年相応の青年らしさが漂っていました。
友市の吉太朗さん、両親と別れ、一人ぼっちになったときに「父上の国はどこですか?」とあどけなく話す姿に 涙が出そうになりました。
吉太朗さんはまだ小学6年生なのに、時にはませた雰囲気になったり、かと思うと、もっと幼く、あどけなくなったり、作品によって全部印象が違っていて、すごくお芝居が上手いなと思います。
フラメンコはステップがしっかりしていて、さすが若い子は吸収が早いなと感心してしまいます。そして、踊りでも父を思う切なさをお芝居としてきちんと出していて上手かったです。

それにしても今回は、大向こうの方々もけっこうノリがよくて面白さ倍増だったな。
大向こうというと歌舞伎通の方というイメージで、こういった作品は「異端」ととらえて冷ややかなのかと思っていましたが、とても楽しげに声をかけておられて、本当に歌舞伎を愛している姿勢が感じられました。
とくにフラメンコのシーン。「オーレィ!」などと声をかけていて「おっちゃんら、いつそんなん覚えてん!」と驚いてしまいました(笑)。
五右衛門がフラメンコを踊るシーンでも、けっこう早く「待ってました!」の声がかかり、愛之助さんがそれに応えて頷いていました(笑)。ちなみに、五右衛門と阿国が踊るところでは「ご両人!」と声がかかっていました。吉野山じゃなくてもそうなのね(笑)。

さてさて、前回の漏れ落ちはコレ。
写真を載せるのをすっかり忘れてました。
hanagatakabuki2

hanagatakabuki1
はー、楽しかったなー。
来年もまた意欲的な演目を見せてくださいね
スポンサーサイト
「二月花形歌舞伎」昼も夜も(1)
ずっと楽しみにしていた松竹座の「二月花形歌舞伎」、一昨日、昼夜通しで見てきました。
松竹座は去年の2月も花形歌舞伎で、「大当たり伏見の富くじ」などユニークな演目で大盛り上がりでしたが、今年も盛り上がりがすごくてとても楽しかったです。
これから先も「二月花形歌舞伎」が定着していって、出ていなかった若手たちが「自分も出たかった!」とくやしがるような、意欲的な演目を上演し続けてくれたら…と思います(そして、くやしがった面々が次の年に出てくれればなお良し)。

さてさて、今年の昼の部は「南総里見八犬伝」の書き換え狂言である「新八犬伝」。
11年前、シアタードラマシティで上演された「平成若衆歌舞伎」の第1作を、松竹座上演に合わせてバージョンアップした作品です。
「平成若衆歌舞伎」は残念ながら一度も見ることはできませんでしたが、秀太郎さんの著書「上方のをんな」でその誕生の経緯を知り、また、第4作でのタカラジェンヌとの共演も映像で見ていたので、今回の上演に、どこか他人事とは思えぬ感慨があります。
新作とはいえ、照明や細かな演出以外は古典的な歌舞伎に近く、以前に南座で上演された復活狂言「霧太郎天狗酒醼(きりたろうてんぐのさかもり)」にも似ていたと思います(そういえば、あの作品で愛之助さんが天狗をやってたなー)。
舞台には伸び盛りの若い俳優達が色とりどりの衣装で出てきて、なんとも華やか!
もちろん、技術面は彼らのお父さん・お祖父さん世代には到底かないませんが、前へ前へと進んでいく意欲が感じられ、みんなとても魅力的です。
そして、その若い面々の前に悪の主人公として立ちはだかるのが、今回の座頭である愛之助さん。   
いつもは爽やかな愛之助さんですが、今回は公家悪の隈取がぴったりくる大きさが出ていて、この物語が八犬士の物語でありながら、実は天狗の大魔王となった崇徳院のピカレスク・ロマンであるということがよく分かります(崇徳さんもかわいそうな人ではあるんだけどね)。
物語の鍵を握る伏姫の梅枝さんは、昨年五月以来の大阪お目見えですが、瑞々しい美しさに加えてスケールの大きさも備わり、とてもいい女形に成長しているな~と嬉しくなりました。
愛之助さんと同様に、この作品を「お兄さん」として引っぱる犬山道節の薪車さん、梅丸さんと双子の兄妹というのはちょっと笑ってしまったけど(ごめん)、相変わらずのかっこよさ!そして、情感あふれるお芝居で舞台を引きしめていたと思います。
犬塚信乃の松也さん、いや~、すごい成長ぶりです!華といい、品といい、単なる「若手」から「花形」へ、見事な変貌を遂げましたね。屋根の上での大立ち回りの時、上を脱いで赤い襦袢になるのですが、あざやかな色が似合っていてかっこいい
仕官する気持ちは固まりながらも、恋人の濱路を残していくことだけが心残り…とつぶやくところは甘さもあり、よかったと思います。
秋にはミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(ジェラール・プレスギュルヴィック版)でベンヴォーリオを演じることになり(発表されたときびっくりしたよー!)、今からすごく楽しみなのですが、花道で見得を切る姿を見て、なぜか「あ、これならベンヴォーリオも大丈夫!期待できそう」という予感のようなものがありました(笑)。
犬川荘介の巳之助さん 誰よりもよく通る声で爽やかに好演。「みっくんってこんなに声が良かったんだ!」と驚きました。見るたびに成長していて頼もしいです。
犬坂毛野の壱太郎さん、本当は男性なのですが、敵をおびき寄せるために女装して、「男嫌いの遊女」というふれこみで売っているのですが(そんなん、商売あがったりやがな!)、正体を現すところで、かんざしを一本ずつ抜いていく度に、はんなりした太夫の表情が凛々しい若武者に変わり、その変化がめちゃめちゃかっこよくて、思わず「若成駒!」と声をかけたくなるくらいでした。
壱太郎さんの女形の可憐さはよく知られているところですが、今回は男性としての凛々しさに魅力を感じました。
足利成氏の萬太郎さん、人情味あふれる「お江戸みやげ」の角兵衛獅子の兄が印象に残っていますが、今回は庶民ではなくお殿様。いかにも萬屋の御曹司らしい端正な顔立ちが若殿にぴったりです。
信乃の恋人・濱路はこれが大阪初お目見えの梅丸さん。まだ高校生で変声期のため、台詞が聞き取りづらいのはしょうがないのですが、可憐な容姿で目を引きます。七之助さんのような香り立つ女形になってほしいなと思いました。
種之助さん(犬村角太郎)、吉太朗さん(犬江親兵衛)、萬太郎さんのもう一つの役である犬田小文吾は、何の説明もなしにいきなり出てくるので驚いてしまうんですが、立ち回りがかっこよかったです。
そして、「この企画のすべてはこの方から始まった」といっても過言ではない秀太郎さん!
一つの役で品のいい未亡人も、色と欲とに目がくらむ悪女も見られるのはとても面白かったです。
そして、殺されるシーンがセクシーだぁ~あの色気、若手たちにぜひ学んで欲しいですね。
若手中心ではありますが、舞台の引き締まりはベテラン勢あってこそのもの。
吉弥さんはいつにも増して美しく、清らか。
扇之丞さんのはんなりと風情ある所作はさすがです。いつもガン見してしまうんだよねー。
當十郎さんのコミカルな味わいも健在でとても嬉しいです。  
11年前にメインキャストを務めた上方歌舞伎塾出身者の活躍もめざましいです。
千壽さんは毎年2月になると犬になる運命なんだろうか(笑)。りき弥さんはいつも本当に綺麗ですね~。腰元がよく似合ってます。
いつかまた、若いメンバーで、こんどは義太夫狂言も見てみたいなと思いました。有名な狂言はもとより、書き換えや復活狂言で何か面白いものがあったらぜひやってほしいです。

夜の部の感想はまた次の記事で…。
梅ほころぶ
菊之助さんが結婚されるそうですね。
お相手はなんと、吉右衛門さんの四女・瓔子さん!
同じ歌舞伎界だし、子どもの頃からの知り合いなのでしょうか?
本日、バレンタインデーに結納で、26日に挙式だそうです。
今日は記者会見もあるそうで、幸せいっぱいの菊之助さんの顔を見るのが楽しみです
それと、いつか菊之助さんの口から「播磨屋の父が…」なんて言葉が聞けるかも…と思うとワクワクします(笑)。
菊之助さんの幼なじみ・海老蔵さんの父である団十郎さん、音羽屋・播磨屋両方の親戚である勘三郎さんが生きていたらどんなに喜んだだろう…と思うと、ちょっと涙が出そうになってしまいますが、姿は見えなくても、お二人とも、きっと空の上で祝福されてるんだろうな~。
菊之助さん、瓔子さん、本当におめでとうございます!

そうそう、歌舞伎界にもうひとつおめでたい話題が。
今月5日、亀三郎さんご夫妻に男の子が誕生しました!
亀三郎さんツイッターによると、デレデレのパパっぷりだそうです(笑)。
将来が楽しみだー!

勘三郎さん・団十郎さんを続けて失い、とても悲しかったのですが、明るい話題が2つ続き、寒中に梅の花がポワッとほころぶようでとても嬉しいです。

P・S このご結婚で、菊之助さんと染五郎さんが従兄弟になったんですね。
歌舞伎界にまた新しい繋がりができましたね。
ココア&チョコチップのミニマフィン
今日はバレンタインデーですね。
最近は、女性から男性へチョコレートを送るというところから発展して、いろんな方とチョコやプレゼントを贈り合うようになりましたね。
変わったチョコやおいしいチョコを女性も口にできるのはいいですね♪
さて、私は、この間の連休に、家族へのプレゼントとしてココアとチョコチップのミニマフィンを作りました。
cupcake
シリコン製の焼き型を使ってみたんですが、すごく楽だった~
小さめで食べやすかったし。
マフィンって簡単にできて美味しいけど、大きくてモサモサするのがちょっと…と思って今まであまり作ってこなかったのですが、これからは色んな種類を作れるぞっ
なでしこ会レポ その1
報告が遅れましたが、私たちがやっている茶道・華道のグループ「なでしこ会」のレポです。

先月、先生の体調不良でお稽古が終わってしまったのですが、その後、みんなで集まって、以前から「なでしこ会」という名前をつけていたグループで、友達の家で活動をすることに。
そして、今月2日に、現在誰も住んでいない友達の家の片付けに行ってきました。
お稽古用に想定している和室があるので、そこに置いてある棚などを隣の部屋に移動しました。
箪笥だけは大きすぎて移動できなかったので、これからまた対策を考えます。
そして、その部屋の押入れに、先生からいただいた(今はあずかっている状態ですが)茶道・華道のお道具を運び込みました。
かなりたくさんあったのですが、ないものもあるので、それは話し合って、次回、家にあるものを持って来ることに。
お稽古の費用も決めたので、誰も持っていないものは後日、その中から買うことにしました。
そして、友達の家のお雛様を出しました!
10年以上出していないので、友達はどうなっているのか心配していましたが、きれいに保管していたので、昔とほとんど変わらないとのこと。よかったー
ちなみに、私も10年以上(ひょっとしたら20年ほど)お雛様を出していませんうちの狭い倉の中がぎゅうぎゅう詰めで出せないの

道具を押入れに片付けるのにどれだけ時間がかかるか分からず、ちょっと心配していたのですが、思ったより早くできて、お雛様も出せてよかったです。

なにぶん、個人の家ですので、あまり写真は載せられないかもしれませんが、自分たちの活動記録として、これからもできるだけレポしたいと思います。
團十郎さん…
勘三郎さんが旅立たれてわずか2ヶ月後に、まさかこのようなことになるとは…

團十郎さんがお亡くなりになりました。

まさか…!という気持ちで、非常に辛くてしかたありません。
あの優しい笑顔と明晰な台詞が頭の中によみがえってきます。
今はまだ言葉が見つかりませんが、團十郎さんのご冥福を祈ります。