なでしこ会レポその2 大徳寺・大仙院のお茶会
先月末に風邪をひいてから、ずっと周回遅れなブログになってしまってすみません
やっと追いついたと思ったら、今度は仕事が忙しくなり、またもや更新できなくなってしまったのですが、昨日を持ちまして仕事が契約満了になり、退職しましたので、来月はまた普通に更新できると思います(って、暢気なこと言ってる場合じゃないだろうと言われそうなのですが、超ネガティブで心配性なはずの私本人が意外に気楽な気持ちでいるので…(笑))。

さて、周回遅れなので急がねば…。
17日に「なでしこ会」の課外授業として、友達と大徳寺の塔頭・大仙院のお茶会に行ってきました。
nadeshikokai2
この大仙院は、普段は非公開なのですが、この日は特別に、歴史ある建物やお庭も見せていただきました。
かの有名な沢庵和尚と宮本武蔵が対面した部屋や、千利休が「つくばい」を考案するヒントになった、窪みに水がたまった庭石など、まさに歴史を見つめてきた物事がここにあります。

この日は、安土桃山時代の住職で千利休とも親交が深かった古渓和尚の忌日(古渓忌)で、誰でも予約なしで参加できるお茶会でした。
私は表千家流なのですが、今回のお点前は裏千家流。
いろいろと違いがあって、友達と「どうする…?」と不安げに顔を見合わせたりもしましたが、気軽なお茶会というコンセプトだったので、特に心配することもなかったようです。
道具はどれも寺に伝わるすばらしいもので見ごたえがありました。
御年80歳になられる住職にもお会いでき(またこの方が最高にお茶目な方で、著書を買った友人も楽しそうでした)、とても楽しかったです。

大徳寺は他にもいろいろな塔頭があり、前回来たときに行った二つの塔頭のほか、細川家ゆかりの高桐院にも行ってきました。
こちらには細川三斎・ガラシャ夫妻のお墓もあります。
nadeshikokai4
この写真はお庭の一部なのですが、風雅の道に精通した細川家らしく、竹林をわたる風の音にまで気を配ったと思われる、とても素敵なお庭でした。

帰りに今宮神社にも立ち寄ってきました。
nadeshikokai1
ここへ来たのは三度目だったのですが、今回はお掃除を担当されているおじさんにいろいろと詳しいことを教えていただけてとても良かったです(ちなみに、このおじさんはかなりの歴史好きのようで、誰かに話したくてウズウズしてたんじゃないかと思います(笑)。

ここまで昼食を食べそびれていたので、今宮神社名物・あぶり餅を食べてきました。
nadeshikokai6
久々に食べるとすごくおいしかった!
前回一緒に行った友達にメールを送ったら、「懐かしい!」と言ってました。
nadeshikokai5
あぶり餅屋さんは二軒あるのですが、私たちが行ったのは左側のお店です。

来月の「なでしこ会」は、メンバーの都合がつかないので、開催は難しいかもしれませんが、五月にはみんなでお稽古できると良いな~。
スポンサーサイト
ホワイトデー
バレンタインにマフィンを作ったので、ホワイトデーも何か作ろうと思い、14日は平日で無理だったので16日にティラミスを作りました。
whiteday
前にも使った無印良品のティラミスミックスなのでお手軽調理です。ココアパウダーも付いてるんですよ。
以前は底にビスケットを砕いてコーヒーをかけた生地を敷いたんですが、今回は真ん中にも敷いてます(今回はちょうど家にあったリッツを使いました)。
コーヒーは、ネスカフェのバリスタでエスプレッソを作りました。エスプレッソのボタンなんて初めて押した(笑)。
どちらかというと、生地は真ん中にしたほうがおいしかったです。
そして、これなら水切りヨーグルトでもっと低カロリーに作れるかも…と思ったので、また今度挑戦したいと思います。
今年も、なばなの里へ
風邪をひく前の話は前回で書き終えましたので、やっと風邪が治った後のお話です。
3月3日、桃の節句になばなの里へ行ってきました。
以前に行ってウインターイルミネーションがすごく良かったので、今回は両親を誘って行きました。
この日の早朝(4時か5時頃)に「風邪が治ったー!」と実感し(こんなにはっきり分かったのは初めてです!)、元気よく行けてよかったです
ただし、鼻がつまっていて食べ物の味が全然分かりませんでした(泣)。せっかく大きいエビフライ食べたのになー…。

ウインターイルミネーションを見る前に、今年もベゴニアガーデンへ入りました。
ベゴニアの写真は去年いっぱい載せましたので(こちら)、今回はベゴニア以外のお花を載せておきます。
これはフクシア。
nabana3
これは名前は忘れてしまいましたが、白いネムの花みたいですね。
nabana4

さてさて、今年のウインターイルミネーションのテーマは「大自然」。
去年は桜の木にいろいろな映像が映るようになってましたが、今年はどうでしょう。
まずは、去年と同じ「光の回廊」を通って会場へ。
nabana5
そして、メイン会場では、壮大な光のショーが!
どれくらい壮大かというと、こんなんです。
nabana8
オーロラと流れ星。きれいでしょ?
nabana7

nabana11
これは月なんですが、ちゃんと満ち欠けがあって驚きました。
富士山。
nabana9
蝶々とお花畑。
nabana10
そして、虹です。
nabana6
去年もすごかったけど、今年もすごかった~!
帰りのトンネルは「河津桜」です。
nabana13
ピンクで可愛かった。

父も母も「こんなにすごいとは思わなかった」「来年も行きたい」と満足してくれたので、また来年もウインターイルミネーションを見に行きたいと思います。
今度は食べ物の味が分かるといいなあ(笑)。
ロックオペラ モーツァルト
先月24日に梅田芸術劇場で「ロックオペラ モーツァルト」を見てきました。
この日は無事に劇場に入るまでに一騒動~。
前日までの旅行の疲れが残っていたせいか、携帯を忘れていったん家に引き返すというハプニングが起こってしまいました!
「間に合わなかったらどうしよう」と泣きそうになりながらも、何とか15分前に劇場へ着いたら、すごい混雑でなかなか入れず、でも「まだ並んでるから大丈夫」とホッとし、(たぶん)開演時間が予定より遅くなったおかげで無事に3階の自分の席までたどり着くことができました。
朝から精神的にも体力的にも消耗したせいか、この週に風邪をひいて熱を出し、二週間もブログを休む羽目にはなってしまいましたが…

さて、そんなこんなでやっと観劇できた「モーツァルト」。
モーツァルトを描いたものといえば、映画・舞台での「アマデウス」やウィーンミュージカル「モーツァルト!」などが有名ですが、これは両者をミックスさせたようなお話でした。
キャストはみんな役に合っていたし、歌もすごい迫力、そのうえ生演奏という豪華さだったのですが、話の筋にもう一押し、なにか強烈なものが欲しかった気もします。
たとえば、モーツァルトの不遇時代と同時期にサリエリが栄光を得ていく場面があれば、「自分の地位は表面的なものにすぎず、逆にモーツァルトは真に神に愛された天才だ」というサリエリの嫉妬心がもっと表に出たと思います。

今回はモーツァルトとサリエリがダブルキャストで役替わり。
私が見た回は、モーツァルト…中川晃教くん、サリエリ…山本耕史くんという配役でした。  
モーツァルト役の中川くんはウィーン版「モーツァルト!」での鮮烈なタイトルロールが記憶に残っていますが、その時に培ったものが今回のモーツァルトでもどこかに発揮されている気がしました。
もちろん、まったく違うモーツァルトではあるのですが「彼の中にあったモーツァルトの魂が再び動き出した!」というのが見えた気がします。
山本君のサリエリは黒っぽい衣装が似合っていて、性格俳優でもある彼の雰囲気に合っていたと思います(やっぱり「悪左府どの」なのか(笑))。役替わりのモーツァルトはどうだったのかもすごく気になるな~。歌は低音部から高音部までよく出ていて聞き応えがあります。
モーツァルトの妻・コンスタンツェの秋元才加さん、メイクがあまり似合わなかったのは気の毒ですが、コンスタンツェの良い面も悪い面もちゃんと出せた気がします。
AKANE LIVさん(私は宝塚時代から見てるので呼び方はいつまでも「アカネちゃん」のままなのですが(笑))、宝塚退団後、久々に見ましたが、ロックもクラシックも歌いこなす抜群の歌唱力に、さすがロックシンガー!さすが元タカラジェンヌ!と嬉しくなりました。押し出しも立派で、プリマにのし上がるアロイジアにぴったりでした。
モーツァルトの父レオポルトの高橋ジョージさん、ちゃんと歌ってるところ、久々に見た(笑)。さすがにめちゃめちゃ上手いですね!お父さんの愛情、保守性と厳しさ、いろんなものが歌から見えて来ました。
鶴見辰吾さんがものすごくロックな扮装で「運命」という役をやっていてびっくり!「エリザベート」のトート閣下のようだなと思いました。もう一つの役は酒場の主人で、こちらはいろいろ工夫していて楽しかったです。
ほか、コンスタンツェの父フリードリンと皇帝ヨーゼフⅡ世を演じた酒井敏也さんの芸達者さ、コンスタンツェの母セシリアを演じたキムラ緑子さんの「さすが!」な存在感、ローゼンベルク伯爵を演じた湯澤幸一郎さんのインパクトの強い三枚目メイクと、ナヨナヨと権力におもねる貴族という雰囲気が印象に残っています。モーツァルトの姉・ナンネールの菊池美香さんは愛くるしい方だなと思いました。

また、セットが面白く、大きな柱の上を切ったようなものが中央にあり、それが回転することで場面が変わるというのがすごいなと思います。そして、柱の上(ヤオヤ舞台のように少し傾斜している)でもいろいろ芝居が行われていて、話に立体感が出せたと思います。

それにしても、短期間のカンパニーとしては珍しいくらいに、スタッフ、キャストにチームワークがあったなと思います。
またこのメンバーで何か面白いものをやってほしいなと思いました。
リニア鉄道館
ご無沙汰してます。
風邪の間に滞ってたことはどうにかこうにか片付いたので、今日から再開します。

さてさて、もう先月になりますが、22・23日に名古屋に行ってきました。
今年も宝塚の中日劇場公演を見に行ったのですが、その次の日(23日ね)にリニア鉄道館に行ってきました。
riniatetsudou2
ここには実際に試験走行に使われたリニアモーターカーが展示されていたり、リニアのシミュレーション体験ができる所があったりします。

さっそくですが、これがリニアモーターカーです!
riniatetsudou3
入ったところにいきなり展示されてて感動!
中にも入りましたが、椅子とかは普通です(笑)。
このスペースを抜けたところには、汽車から新幹線まで、いろんな列車が展示されています。
中に入ることもできて、すごく楽しいです!
riniatetsudou5
この汽車の中身はこんな感じ。
riniatetsudou4

ひさしぶりに0系新幹線にも会って来ました。
riniatetsudou1
懐かしい!懐かしすぎる!
そして、こちらも懐かしい食堂車。
riniatetsudou7
私は子どもの頃に一度だけ利用したことがありますが、すごくワクワクしたなぁ~。
当時のメニューもあったんですが、カレーが1000円近くで、けっこう高いです(新幹線の中だから仕方ないんですが)。私たち家族が一度だけしか食べに行かなかったのも納得だわ(笑)。

それはさておき、中に入れる電車はすべて入ったので、けっこう時間がかかりました。
その中でも特殊なのは、このドクターイエロー。
riniatetsudou8
新幹線の線路の点検・補修を行うための列車で、黄色い0系です。
中身ももちろん一般車両とは異なっていて、たとえば、点検用の天窓があったりします。
riniatetsudou6
車内で説明の映像も流れていて勉強になります。

続いてはリニアのシミュレーション体験。小さい子ども達&ご両親やおじいちゃんおばあちゃんに混じって参加してきました。
私はもちろん子どもらの世代ではなく、もうすでに親世代だというのに、まだ一人で嬉々として参加してるんですよね…。考えてみれば恥ずかしい。
だからといって、シミュレーション体験しないというのもナンセンスなことなので、堂々と乗ってきました。
写真がなくて申し訳ないんですが、このシミュレーション体験は、リニアの車内を再現したスペースに入って、動きや映像などでリニアの速さを体験するというもの。
磁力で一瞬浮いた感じになるのも分かるし、ちゃんと窓もあって、どれくらいの速さで動いているかが分かります。
いやはや、時速500キロというのはとんでもなく速いですね。
実際に乗れるのはあと15年くらいかな?

ほかにもいろいろ楽しいところがあるのですが、全部見て体験したらかなり時間がかかると思います。
帰りにミュージアムショップにも寄りましたが、この店だけでもすごく楽しいです。
友人たちへのお土産以外は買わない予定だったのですが、列車の絵の手ぬぐいがあったので、思わず買ってしまいました。めちゃめちゃ可愛いんですよー。機会があったらまたブログに載せますね。
今週は休みます
お久しぶりです。
先週は風邪をひいてしまって、仕事以外はずっと寝ていたのでブログの更新をお休みしました。
昨日治ったので、本当は今日から更新したいところなのですが、風邪の間に滞っていたことを片付けたいので、今週いっぱいはブログをお休みします。
メールは見ますので、ご用件のある方はメールフォームからお願いします。
なお、「T-YOMOYAMA」は更新する予定です。