新撰組と会津藩の足跡
皆様、戦国の次は幕末でございます(笑)。
日曜日に友達と京都・壬生へ行ってきました。
(あ、「遊んでばかりでちゃんと仕事探してるのか~?」と思われてるかもしれませんが、なんとかやってます。念のため。)

まずは新撰組が最初に屯所とした八木邸へ。
mibu5
最初に案内係の方のお話を聞くのですが、その話を聞くお部屋で、組織内の抗争により芹沢鴨の愛人・お梅さんが斬られたと知ってビックリ!ちょっとコワくなってしまいました…
そして、その隣の部屋で芹沢鴨が斬られたそうです。
そのときについた有名な鴨居の上の刀傷もバッチリ見てきました。
お話によると、芹沢鴨さんは大変な美男で教養も申し分ない人でしたが、お酒を飲むと人が変わってしまい、めちゃくちゃをしたそうです。
新撰組が幕府方のヒーローになった現在でも悪役認定な鴨さんですが、お酒さえ飲まなければ優秀な人なんだな…と、彼の一面を知ることができてよかったです。

八木邸は現在は和菓子屋さんになっており、入場料を払うとお菓子(屯所餅)とお抹茶がいただけます。
懐かしい大河ドラマ「新選組!」のポスター(早いもので、もう9年前になります。みんな若かった!)を見ながらいただいてきました。
mibu6
これが屯所餅です。壬生菜が入っています。
mibu7
新撰組が来た頃の壬生は閑静な農村で、壬生菜など農作物の畑が広がっていたそうです。
そういえば、ネギ畑で薩長の浪士と斬り合ったというエピソードもあったな…。

続いて、隣接する壬生寺へ。
mibu8
ここには近藤勇の遺髪塚をはじめ、新撰組隊士のお墓があります。
近藤さんの像の横に絵馬をかける場所があるのですが、今は「薄桜鬼」や「ピースメーカー」などの新撰組の漫画が流行っているそうで、ものすごく上手い絵が描かれた絵馬もありました(その前の世代だと「風光る」とか「るろうに剣心」だったと思う(笑)。もちろん映像では大河ドラマやら色々あったけど)。そして、合格祈願のものが多くて意外でした。若い参拝者が多いからかな。

続いては、こちらも屯所だった前川邸へ。
mibu4
前川邸は非公開で、日・祝のみ新撰組グッズショップを開いておられます。
大河ドラマにもここで撮影されたシーンがあり、出演者のサインがいっぱいありました。
土方歳三役だった山本耕史さんの台本もあります。あれはホントにハマリ役だったなー!

そして、壬生でもうひとつ、新撰組隊士のお墓がある光縁寺に行ってきました。
mibu10
このお寺は、幕末の頃の住職と山南敬助が昵懇だった縁で、山南さんのお墓もあります。
新撰組は戦闘で亡くなった人よりも切腹で亡くなった人のほうが多かったくらいらしく、お墓を見ても切ないものがあります。

お昼ご飯は電車で錦市場まで行き、食べ歩き…のつもりだったのですが、ハモの天ぷらを食べて、お餅のセット(写真)を食べたらお腹がいっぱいになってしまいました。
この2つを2人で半分ずつ食べました。
mibu3

mibu1
お寿司みたいで可愛いでしょ?
梅かつお(シソを巻いたもの)と白味噌とチーズが美味しかったな。

昼食の後は、京都守護職の本陣だった金戒光明寺へ。
mibu11
この石碑の横に「奥州会津藩 京都守護職」と書かれた看板のかかった門があるんですが、この日は、翌日にここで狂言師・茂山千作さんの告別式があるとのことで、その立て看板がありました。
それにしても、すごいタイミングで来たな~。千作さんのご冥福をお祈りします。

金戒光明寺は美術館めぐりなどの時によく行くのですが、今回は初めて会津墓地に行ってきました。
ちょうど大河ドラマ「八重の桜」で戊辰戦争をやっていましたが、すごくタイムリーですね。
それにしても、金戒光明寺の墓地は広かった!
壬生寺で売っていた本に「墓マイラー」(歴史上有名な人物の墓に参る人)という言葉があったので、友達と「今日は墓マイラーだね」と言いながら歩きました(笑)。
暑い中で歩いたので、本堂で少し休んでから(この本堂は何度行っても大好きです)、行く道の途中にあった「岡崎カフェ」でお茶してきました。
mibu9
友達が町家カフェに行ってみたいと言っていて、岡崎にあるかな~、なかったら他へ行こうと言っていたんですが、あってよかったです(昔は美術館の周りでさえ、うどん屋さんくらいしかお店がなかったんだよね~)。
このお店はチーズケーキ専門店で、いろんなチーズケーキがあります。
私はラムレーズンのレアチーズケーキをいただきました。
mibu2
ふわっと軽い食感でちょっとビックリ!美味しかったです。
また他の種類も食べてみたいな。

帰りに少し時間があったので、島原も見て帰ろうと思ったのですが、場所が分からなくて断念。
昔行ったことあるんだけど、違うところから行ったので思い出せない…。
また今度、近くの京都水族館等と一緒に行ってみようと思います。
ともあれ、念願の壬生に行くことができてよかったです
スポンサーサイト
長浜散策と安土城郭資料館
この間まで寒いと言ってたのにいきなり暑くなりましたね。ホントに春が年々短くなっていく…。
またすぐ梅雨が来ますので、その前に長浜と、ちょっとだけ安土へ行ってきました。

一ヶ月前に行った彦根を通り越して(途中で彦根城の天守閣が見え、「この間、あんな高いとこまで登ってきたんだー!」と少しびっくり)、米原も通り越して、長浜に到着。
日帰りで在来線でここまで来たのは初めて(ちなみに、バスでは関ヶ原まで行きました)。
まずは琵琶湖のほとり、長浜城へ。
nagahama2
今現在ある建物は秀吉が建てたものではなく、30年前に作られたもので、元の長浜城の姿は分からないそうです。
ちなみに、この中は博物館になっており、けっこう貴重な文書も展示されているので、復元した建物といえど見逃せないところです。
私も久々に、秀吉の書いた手紙などを読んでみました。
さすがに直筆のものは難しくて、どう読むのか忘れている字も多いので、活字に直したほうを見ながらでしたが…。
他に信長の「天下布武」の朱印を押した文書も見ることができます。
まじめに文書と顔を付き合わせた後は、最上階から琵琶湖のさわやかな景色を見てきました。
nagahama3
この日も暑かったのですが、ここは風が心地よく吹いていて涼しかったです。

そして、お昼ご飯を食べるために、もう一度長浜駅を通って黒壁スクエア方面へ。
長浜は今でも秀吉への敬愛が残っている街で、駅前には秀吉と石田三成の出会いの像があります。
nagahama4
ちなみに、この近くの石田町が三成の出身地だといわれています。

さて、お昼ご飯は黒壁スクエアの一角、北国街道に面した老舗で郷土料理の焼き鯖そうめんをいただきました。
nagahama1
近辺に手軽につまめるようなお菓子などを売るお店がたくさんあるので、焼き鯖そうめんを単品でたのんで、あとで食べ歩きでもしようと思っていたんですが、そうめんの量がけっこう多くてお腹いっぱい!
焼いた後に甘辛く煮た鯖は香ばしくて美味しく、そのダシで炊いてあるそうめんも甘辛くて美味しかったです(私は甘辛い味が大好きなんです)。

食事の後は黒壁スクエアを散策。
nagahama10
写真の黒壁ガラス館をはじめ、各種ガラス製品のお店がたくさんあり、体験コーナーや、実際に作っているところを見られる施設もあります。
ガラス館の近くや食事をしたお店の辺りは、このようなレトロな風情です。
nagahama5
商店街もいくつかあるのですが、観光地によくあるチェーン店のお土産屋さんやせんべいなどの食べ物屋さんは少なく、自営でやっているお店がけっこうあって、シャッター街にせずに頑張っておられるのがとても良かったです!
そして、早くもこんな幟が!
nagahama8
長浜は数年前も「功名が辻」の舞台になったし、秀吉ゆかりの街ということもあって、大河ドラマ慣れしているからか(笑)準備が早いですね。

商店街をぶらぶらした後、曳山博物館に行ってきました。
nagahama6
長浜には曳山まつりという大きなお祭りがあり(これも秀吉ゆかりのお祭りです)、豪華絢爛な曳山(山車)の上で小学生の男の子が子ども狂言(歌舞伎)を演じます。
入り口にはこんな顔はめ写真も。
nagahama7
曳山の豪華さにも目をみはりましたが、歌舞伎が大好きな私、子ども歌舞伎に焦点を当てたドキュメンタリー映像
に釘付けになってしまいました。
芝居そのものや衣装の美しさもさることながら、最初は出るのを嫌がったりしていた男の子たちが、専門家の指導を受けていっぱしの役者になっていき(女形にもなったりして、すごくかわいいんですよ)、疲れから熱を出したりしても「どうしても舞台に出たい!」と頑張る姿が健気で、すっかり感動してしまいました。
また、幼い彼らを支え、祭りそのものも支える「若い衆」や「中老」と呼ばれる大人たちの姿にも、京都の祇園祭の町衆にも似た自治精神を感じます。
ちなみに、男の子が歌舞伎をやっているとき、女の子は?というと、「しゃぎり」と呼ばれるお囃子を一生懸命練習しています。しかも、歌舞伎は春休み期間を練習に当てるのですが、しゃぎりの練習は一年中あるのだそうです!

曳山博物館ですっかり楽しんで、少しお腹も空いてきたのでカフェに入り、黒壁スクエア特製のガトーショコラをいただきました。
nagahama9
一見普通のチョコレートケーキですが、中に黒米の粉や黒豆が入っていて、「黒」づくしなのが面白い!
黒豆がとてもチョコレートに合っています。
お皿も黒壁スクエアのガラスのお皿です。

もっと色々と訪れたい場所もありましたが、それはまたの機会にして、長浜から安土へ。
彦根へ行った時にすごく気になっていた安土城郭博物館へ向かいました。
駅前には信長像があります。
azuchi2
逆光ですが、まるで「城郭資料館へ行くのじゃー!」という感じのポーズです(笑)。
そして、城郭博物館は、いかにも信長が好みそうな、「かぶいた」建築です。
azuchi4
中はカフェと兼用になっており、20分の1サイズの安土城の模型(内部も見れます)やビデオなどを見ながら飲食ができます。
そのカフェの名前は…
azuchi1
天正少年使節がローマへ行った屏風絵があるからか、ローマブレンドというコーヒーが飲めます。私もアイスコーヒーを飲みました。
他に「らんまるサンデー」などもあります(笑)。
入り口には可愛い森家の三兄弟がお出迎えです。
azuchi3
中で資料を見ていると、安土にもいろんな史跡や施設があり、またゆっくり巡ってみたくなります。
次は安土散策にしようかな(笑)。

今回は信長・秀吉の足跡をたずねる旅になりましたが、長浜には観音の里もありますし(みうらじゅんさんが好きな向源寺の観音様も見ることができます。)、琵琶湖の竹生島にも行ってみたいので、また今度、探索しようと思います。
おめでとう、中村屋!
中村勘九郎さん&前田愛さん夫妻に、第二子となる男の子が誕生しました!
名前は哲之(のりゆき)くん。
祖父である十八世勘三郎さんの本名・哲明さんから一字もらった命名に、思わず涙が出てしまいました。
いつも勘三郎さんが見守ってくれているんだ!という気持ちになれるお名前で、とても嬉しいです。
お兄ちゃんになった七緒八くんと、まるで勘九郎さん・七之助さんのように共演する姿を楽しみにしています。
お兄ちゃん以外にも、最近生まれた海老蔵さんの長男・勧玄くんや亀三郎さんの長男さん(お名前は分からないんですが…)とも、同年代で切磋琢磨する姿をぜひ見たいものです。
あー私も頑張って長生きしなければ(笑)。
南座 五月花形歌舞伎 昼の部
先月、歌舞伎鑑賞教室で南座に行きましたが、今月もまたまた南座に見参。
海老蔵さんが座頭をつとめる五月花形歌舞伎です。
今回は昼の部を見てきました。

まず最初は、新歌舞伎十八番の内「高時」。
河竹黙阿弥が明治に入ってから作った活歴物(歴史考証をした風俗で描く歌舞伎)です。
右近さん演じる執権・北条高時は、自分の飼っていた犬を死なせた侍の一家を死罪にすると言い出して聞かず、家臣になだめすかされてようやく取りやめますが、その夜、どこからともなく現れた天狗たちに翻弄されます。
だいぶ前のNHK大河ドラマ「太平記」でも、北条高時が天狗の幻を見て怯える場面がありましたが、実質的に彼の代で鎌倉幕府が滅びていますので、何かそれを暗示させるかのような舞踊劇でした。
右近さんの声がやや小さく感じられて、聞き取りにくい箇所もありましたが(実は、近くの席から話し声も聞こえていたので、右近さんだけのせいではないのですが…)、前半は颯爽とした橘太郎さんの立ち回りや、可愛い野良犬2匹を演じた子役ちゃんたちがとても良く、また、高時の権力によって捕らえられる一族の姿に哀れさを感じました。
後半は、高時と天狗たちが絡んで踊る様子が圧巻!
右近さんがちゃんと天狗に「踊らされている」ように踊っていて、また宙に浮く(ワイヤーで吊られています)など、アクロバティックなところも、アクロバットではなく芝居として見せていて良かったなと思います。
天狗を演じた方たちの踊りは本当に大変なものだと思いますが、、日頃の鍛錬が見事に生きている気がします。
ほか、愛妾の衣笠を演じた笑也さんや侍女の面々が皆美しく、物腰にさすがと思わせるものがありました。

二番目は「太刀盗人」。
狂言を元にした松羽目物で、コメディタッチな楽しいお芝居でした。
若手の亀三郎さんと松也さんが主になるのですが、若さや勢いだけでは演じきれない演目に果敢に挑む姿勢が感じられ、好感がもてます。
田舎者万兵衛を演じた亀三郎さんのほうが年上なのですが、やはり一日の長が感じられ、よく通る声や小気味のいい踊りが印象的でした。
すっぱの九郎兵衛の松也さんは今は精いっぱい頑張っているという感じですが、これから何度も上演を重ねていけば、かなり良い味わいが出るだろうなと思います。
目代を演じた市蔵さんはさすがの実力。おじいちゃん目代なので耳が遠かったり、寝ていたり、そういった細かいところもとても面白かったです。
従者の新十郎さんは、引っ込みすぎず出すぎず、ほどよい加減で、また若さも感じられて好演でした。

切りは、待ってました!歌舞伎十八番「鎌髭」です。
十八番に選ばれながら長く上演が途絶えていたこの演目を、今回、海老蔵さんをはじめとする方々が復活させ、本邦初お目見えとなりました。
途中で海老蔵さんの口上があり、先日亡くなった團十郎さんに演じてもらいたかった旨が述べられて、少し涙ぐんでしまいました。
更に、團十郎さん最後の舞台が南座であり、その南座で演じられることが幸せだという海老蔵さんの気持ちにも涙…。
半年前に石切梶原を演じていた團十郎さんがもうこの世にいないというのが未だに信じられませんが、その意志を受け継いでいく海老蔵さんが、これから十八番をすべて演じるのを楽しみにしています。
さて、狂言に戻りますが、この「鎌髭」は、平家方の猛者・悪七兵衛景清が、源氏方の罠と知りながら、鍛冶屋に化けた三保谷四郎らの元に出向く姿を大らかに描いたもの。
景清はだまされたふりをして大酒を飲み、伸びた髭を鎌で剃ってくれと言いますが、観音菩薩の加護を受けていて不死身なので、源氏方が鎌などで斬り付けても死なないという豪快なおもしろさ。
荒事は細かいことを考えず、スカッとできるのがいいですね。華やかで、打ち出しにふさわしい演目になったと思います。
海老蔵さんは口跡にやや改善が見られ、また、どっしりとした大らかさが備わって頼もしくなってきました。
脇を固める面々では、猿弥さんの入道がユーモラスで可愛げもあり、チャリ役の市蔵さんらと共に舞台を盛り上げていたと思います。
三保谷の左團次さんは、もちろん初役ながらすっかり安心して見られるところがいいですね。セリフ回しに味があって、三保谷の策謀家らしさを感じました。
源氏方の若侍を演じた亀三郎さんと松也さん、この演目で唯一の女形である新悟さんの三人は若々しい華があります。
新悟さんの演技に七之助さんを思わせるところがあってハッとしました。
ともに勘三郎さんの元で修行した二人であり、年下の新悟さんが七之助さんを見て勉強しているんだなということが感じられます。

若手中心の花形歌舞伎であり、また歌舞伎座開場の影響もあって、出演者は少なめな印象を受けましたが、五月の若葉を思わせる伸び盛りの面々を見ることができ、また若い名題下の方々の活躍もあって、清々しい舞台だったと思います。
シュークリーム作れた~!
shucream
一日早いのですが、母の日にシュークリームを作りました。
高校生の頃、初めて作って失敗したので(生地に卵を入れるタイミングを間違ったんだな…)、シュー生地がふくらむかどうか不安だったのですが、ちゃんとできてよかった
この写真のものはレシピどおりの大きさに作ったのですが、今よく売られている大きさよりもだいぶ小さかったので、第2陣は少し大きめに作りました。ただ、シュー生地が市販のものよりもやわらかいので、食べるとき大変でした(笑)。
ちょっと注意しなきゃいけないのは、クリームを入れてる時にシューの上半分を適当に置いておくと、どれがどのシューのフタか分からなくなってしまうこと(笑)。ちゃんと横に置いておかなきゃね。
クリームはカスタードと生クリームを混ぜたものの上に、生クリームを少し乗せています。
カスタード+生クリームは美味しいですね
今度はエクレアも作れるかな~。
映画「図書館戦争」
今日はレディースデーで映画が1000円なので、「図書館戦争」を見に行きました。
私は原作もアニメも見ないで行ったので、最初は設定に驚き「なんで戦争までしなきゃならんのだ?有り得ない」と思いましたが、ふと、「これは有り得てはいけないことなんだ。いかなる場合もこうなってはいけないんだ」という思いが頭をよぎり、この映画が言いたかったことはそういうことなのかもしれない…と感じました。
娯楽作なので、そんなに堅苦しい映画ではないのですが、「言論の自由って何なのか?」ということを今一度考えてみたくなるような作品でした。

メインになる話のひとつに、鬼教官・堂上(岡田准一くん)と新米図書隊員・笠原(榮倉奈々さん)のほのかなロマンスがありますが、ちょっと少女漫画チックになっちゃうのはご愛嬌(笑)。でも、ハードな戦いの中で少しホッとできて笑えるところでもありました。

いやー、それにしても、岡田君は来年の大河ドラマ主演からひらパー兄さんまで(笑)大活躍ですね!
そして、もう1人、近ごろ大活躍な方、田中圭くん。
戦闘服を着て銃を構え、煤まみれで走り回る圭くん、初めて見た!(戦争を描いた「おひさま」で軍医さんをやってましたが、戦闘シーンが一度もないままに戦死でしたし…)
でも、なんだか、「銀英」のヤンに期待できそうな感じ!
ほか、橋本じゅんさん演じる隊長が役にハマりすぎでかっこよかったです。
できれば、「キル・ビル」で迫力あるアクションをやった栗山千明さんにも戦闘をやってほしかったなー。

それにしても、「阪急電車」と「図書館戦争」が同じ有川浩さんの原作だというのは驚きです。
他にも「フリーター、家を買う」や「県庁おもてなし課」など、幅広いですね。
普段あまり読まない作家の方なのですが、また一度読んでみようかな。
録画
皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?
私はなにぶん先月から失業してますので、今行けるところ、行きたいところは連休前の空いている期間に行ってしまい、3日に宝塚に行った以外はずっと家にいます。
失業保険も来週以降に振り込みされるので、連休が終わったらぼちぼち次の職を探そうかと思ってます。

さて、連休中、ネットを見るのもちょっと暇になってきたので、今まで録り溜めしていたテレビ番組のダビングに取り掛かっています。
私はどっちかというとこのダビングが苦手…。
うちの母のように、機械がわからない(母は電子機器は何でも「機械」と呼びます(笑))というわけではなく、作業自体はそう大変でもないんですが、同じDVDに落とす番組の組み合わせに毎回苦心してます。
そんなにマメなほうではないので、ジャンルは舞台(主に宝塚のCS放送と歌舞伎)とドラマとそれ以外というくらいにしか分けてないんですが、ドラマはまあいいとして、舞台や普通のテレビ番組だと、どうしても時間の長短がありますので、「この番組とこの番組を録るか?いや、こっちの番組にしたほうが残量が少なくて済むか」「この番組を録ってもまだまだ残量があるので、棚にしまわず手元に置いて、ちょうどいい長さの番組があるときに録るか?でも、この先、ちょうどいい長さのなんてあるのか?」などなど、いろいろ悩むのがしんどいんですね…
しかも、どの番組を録るかあらかじめ決めておいても、残量がなかったりしてその場で判断しなければいけないし、ダビングしてるときは他の番組見れないし録れないし…けっこうめんどくさいですね
マメだったり凝り性な人ならたぶんそんな悩みも楽しみに変えられるのだと思いますが…私は無理だ~。
なんか便利なものないかなあ。
あ、でも、ぜひDVDに残したいものとそうじゃないものは結構バッサリ決められるので、その点は苦労してません(笑)。