ちいさくて切ない事件、そして…
昨日、レディスデーだったので、映画「小さいおうち」を見てきました。
なんということでしょう、まさか、泣いてしまうとは思いませんでした。
この作品の中には、本当はやっちゃいけないことや秘密もあるけど、そんな小さな事件や葛藤、言葉にはならないような複雑な想いを、圧倒的な暴力である戦争がこともなげに踏みにじっていくのが苦しくてやりきれなかったです。
そして、どんな生き方であれ、「みんなが生きている」ということは、こんなにも光り輝いていることなのか…とも思いました。
けれども、この映画は決して堅苦しいものではなく、少し笑えるようなところもあります。
そういったところは、山田洋次監督だからか、まるで「寅さんシリーズ」みたいだな…と思ったりもして(笑)。
そして、松たか子さん演じる時子の快活さと美貌、揺れ動く心、黒木華さん演じる女中のタキちゃんのいじらしさ、時子奥様に対する想いが、切なく美しく、そして、ヒリヒリするほど哀しく響き合っていたと思います。
ほかにも、いかにも昭和!というものを感じさせる片岡孝太郎さんや、若い繊細さを感じさせる吉岡秀隆さん(松たか子さんより年下に見えた)も上手かったなと思いますし、中島朋子さんはモダンでかっこよかったです(都会的な彼女の時子に対する想いが、純朴なタキちゃんと共通しているのはなかなかおもしろいと思いました)。
現代の部分を演じる方々も役にはまっていたと思います。倍賞千恵子さんが泣く姿にはこちらも胸が痛みました。
戦争以外は何も激しいものはない作品ですが、じんわりと心に広がるものがあり、もう一度見たいなと思える作品でした。
スポンサーサイト
久々の船場センタービル
前のブログで、すり減った草履の裏をどこでなおせばいいのか…と書きましたが、調べてみると、船場センタービルにある「ちぐさ」という問屋さんなら上手になおしてくれるそうなので、昨日さっそく行ってきました。
船場センタービル、久しぶりだな~!というか、本町に来たのも久しぶりです。
帯揚げや帯締め等、着物関係のものをあんまり持っていなかった頃は、買い物をしたり、ついでにこの辺りのカフェめぐりをよくしたんですが、最近はめっきり来なくなりました。

ちょうどお昼に着いたので、まずは地下でお昼ご飯。
ここにも有名な「自由軒」があります(ここが本店?)。
「自由軒」といえば、インディアンカレー!
織田作之助の小説「夫婦善哉」で「あんじょうまむしてある」と表現された混ぜカレーです。
先日のテレビドラマでもそのシーンがありましたので、皆様、それを思い出してください(すみません、昨日はぜんぜん写真撮ってないんです…)。
このカレーを食べるのは今回が二度めです。
最初に食べたのは難波のほうのお店なんですが、食べている最中に中座が火事で消失してしまったという、忘れようとしても忘れられない、胸が痛む日になりましした。
今回は何も起こらず、平和そのもので、美味しいカレーを味わって食べることができました。

そして、「ちぐさ」へ。
あんまりにも底がすり減っているので怒られたら嫌やなぁ…と思いつつ(怒る職人さんもたまにいるんです)、おずおずと草履を持って行ったら、お店のおっちゃんは笑顔で「ちょっと待っとき」。
そして、あっという間になおしてくれました。
しかも、すり減った部分がそれ以上減らないような位置にかかとのゴムを付けてくれました。
このお店の草履は、品質が良くて履きやすくて、しかもお安くて人気があるのですが、私が来る前にも東京のお客さんが二人来たそうです。東京からってすごいな!
私も一足買う予定でお金を持ってきたんですが、予定の半額で買えました!
超シンプルなクリーム色の草履なのですが、すごく上品で素敵です。
またいつかここでお披露目できればと思います。

あまりにも安く草履が買えたので(しかも、裏の張替え代をサービスしてもらいました)、下の階で帯揚げと帯締めを買いました。
以前から白っぽいの帯揚げと帯締めが欲しかったのですが、クリーム色の帯揚げと、金糸の縁取りがついた薄いベージュの帯締めをGET!
色味が似ているので、セットではないですが、あわせて使ってもなかなか良さそうです。
それもまたここでお披露目できたらいいな(笑)。

かなり早く用事が済んだので、帰りは本町から難波まで、いわゆる「心ブラ(心斎橋をぶらぶら歩くこと)」をして帰りました。
途中まで御堂筋を通って、クリスタ長堀を歩いてから心斎橋筋に入ったのですが、つい何年か前まであった老舗がほとんどなくなって、騒々しい音楽が流れているお店が増え、風情が失われてしまったのはちょっと淋しいです。
今回持って行った草履を買った「てんぐ」も、もうありません。
前を通るたびにヨーロッパの香りが漂ってくるようだった老舗の画材屋さんも閉店したようですね。
ただ、大丸前のお茶のお店からは、以前と変わらない茶葉のいい香りがして少しホッとしました。
子どもの頃、このお店の前を通るのが好きだったんです。(ただし、その少し先の道頓堀には、例の巨大なカニやフグや、巨大ではないけど眉毛が動く「くいだおれ」の太郎くんがいたので、「もうすぐだ…」と思うとちょっと怖かったんですが(笑))
そして帰りギリギリに難波でバレッタを買いました。
このお店は「ライフ」系列のお店の一角で、種類はあんまりないんですが、アクセサリーのチェーン店では見ない感じのものが置いてあったりして重宝してます。

船場センタービルにいるより心ブラをしている時間のほうが長かったくらいなのですが、久々にお買い物目的でウロウロできて楽しかったです。
こんどアベノハルカスが全面開業したら、次は天王寺でも買い物したいなあ…。
喜ばしい悩み
友達から結婚式の招待状が届きました。
さあ、早く出すぞ!と思ったのはいいんですが、それからが大騒ぎ!(…といっても私1人で大騒ぎなんですが)。

まず、返信の書き方で忘れていることがあってはいけないので、ネットで調べてみました。
そしたら、「行」「ご」などは二本線で斜めに消すとか、はたまた普通に縦(横書きのところは横)にまっすぐでいいとか、「寿」という字を書いて消すとか、いやそれはもう古いとか、いろいろなやり方が載っていて迷う迷う…。
結局、一番シンプルに、まっすぐ二本線で消して、「ご結婚おめでとうございます」「喜んで(出席)させていただきます」等を書き加える形にしました(中学生くらいの時、学校でそう習ったような記憶もあるので)。

招待状の返信を出したら、次は着ていくもの。
着物(訪問着)を着ることは前から考えていたんですが、帯結びをどんなふうにするかが問題です。
華やかなほうがいいのか、お太鼓をアレンジした形のほうがいいのか、その中でもシンプルなのがいいのか、可愛い感じなのがいいのか、家にある雑誌やネットの画像を見比べて迷ってます(私はどっちかといえば、おしりが隠れるので、お太鼓アレンジが希望です)。

ほかにも、裏がかなり減ってきている礼装用の草履をどこで修理してもらったらいいのか、髪飾りは最近見つけて買ったものがあるけれど、本当にこれでいいのか、他の種類のものも一緒に美容室に持っていって選んでもらおうか…など、色んな悩みが出てきました。
まあ、服装で悩まないお呼ばれなんて一度もないんですが(笑)。
そういえば、私が小学校5年生の時、叔父の結婚式の前もこんなんだったな。
あのときは私以上に両親が私と弟(当時、小学校1年生)の服装で悩みまくってましたが。
ちなみに、その時、私はピンクのワンピースを買ってもらい、弟は子供用のモーニングをレンタルしました(このモーニング、めっちゃ可愛かったんですよ(笑))。

それにしても、こういうウキウキした、めでたい悩みが出てくるのは、本当に喜ばしいことです。
とにかく、楽しみなんですよね~。
中でも一番楽しみなのは、友達のウェディングドレス姿。いっぱい写真撮りたいなぁ…。
写真といえば、友達と一緒に写真に写るときにひとりだけ相撲の新弟子みたいに見えたら恥ずかしいので(笑)、もうちょっとダイエットに励もうと思います。
結局、そこが一番の悩みどころですね(汗)。
コメントについて
先のブログ記事で、コメントの表示設定がうまくいっていないとお伝えしましたが、この記事以降につきましては、コメント欄が表示されることになりました。
ただし、過去記事につきましては、個別に設定しないと投稿・表示できないようですので、コメントをいただけるのは、本日以降2月19日までの記事となります。
申し訳ありませんが、過去記事へのコメントはブログ拍手からお願いいたします。
限定企画
私のサイト「かもな・まい・はうす」が、明日1月19日で10周年を迎えます。
サイトのほうは更新停止中ですが、記念企画として、1/19~2/19まで、このブログと「T-YOMOYAMA」でコメントを受け付けます。
どなたからもコメントをいただけない状態では淋しいので(笑)、私も頑張って楽しい記事を書こうと思います。
非公開コメントもOKですので、皆様、お気軽にコメントしてみてください。

追記:ただ今、コメントの表示設定がうまくいっていないため、投稿していただくことができません。表示でき次第、お知らせさせていただきます。
あれから19年
19年前の今日、阪神淡路大震災が起きました。
「もう19年」と思ったりしますが、今でも解決していない問題があることを思えば、「まだ19年」でもあります。
東日本大震災など、他の災害も含めて、心と物の両面が復興し、癒されていくようにお祈りしています。
そして、防災についてもきちんと考えていかなければ…という思いも新たにしています。
宝塚&歌舞伎でトーク
CS放送の宝塚スカイステージで、中村壱太郎さんと月組の沙央くらまさんのトークが放映されましたので、私の宝塚ブログ「T-YOMOYAMA」に感想を書きました。
このブログを読んでくださってる歌舞伎ファンの方もおられるかと思いますので、よろしければ、こちらからどうぞ。
坂東玉三郎初春特別舞踊公演
正月五日目にしてやっと動き出しました(笑)。
今年の初観劇は、松竹座の坂東玉三郎初春特別舞踊公演です。
玉三郎さんの舞踊公演は過去に何度も行われていますが、私は今回初めて観に行きました。
私に舞踊が分かるのか心配でしたが、めちゃめちゃ楽しかった~!

ロビーには、玉三郎さんの発案でお正月らしい飾り付けがされています。
uma
この凧に書いてある「午」の字は玉三郎さんの筆です。
そして、お正月ということで、客席も着物のお客様が多く華やか!
「ええ訪問着着てはるな~」「あの帯も素敵」と、こちらも目移りしてしまいます(笑)。
及ばずながら、私も着物を着て行きました。
kimono2014
これは家の鏡の前で撮ったのですが、ベージュの付け下げと銀糸の入った名古屋帯で(年末にやっていた「にっぽんの芸能」の「ナンノの着物ことはじめ」で、金糸・銀糸入りの名古屋帯は格が高くて付け下げにも合わせられると言っていたので実践しました)、共に薔薇(だと思う)の柄です。
アンサンブルとか共布でない限り、同じ柄を合わせることはほとんどないのですが、これは同じ薔薇でも色合いやタッチが違うので面白いかなと思って合わせてみました。

さて、最初の演目は「村松風二人汐汲」。
松風と村雨の姉妹が都に帰った在原行平(在原業平の兄)を恋い慕って踊るという「松風・村雨もの」の舞踊です。
完璧に美しく愛らしいけど、ちょっと大人っぽい玉三郎さんの松風。
村雨の七之助さんは、最近大人っぽくなったと思いましたが、玉三郎さんと一緒だと、とっても可愛い妹キャラでした。
2人が汐を汲む仕草とか、水に映った月を眺める仕草が分かりやすく、また、衣装も歌舞伎ならではの華やかさで、初心者でも見やすい舞踊だと思います。

二番目は、澤潟屋一門&坂東薪車さんによる「操り三番叟」。
新春定番の「三番叟」のおごそかさと、人形振りの楽しさが両方味わえて、とても面白かったです。
まずは月乃助さん(翁)と笑三郎さん(千歳)の舞。
これは通常の三番叟と同じで、2人の美しい舞が楽しめます。
膝の故障から無事に回復した月乃助さん、以前のように踊れるようになってホントによかったですね!
笑三郎さんはいつもながらの涼やかな美しさ。紫の衣装がよく似合います。
そして、猿弥さんの三番叟と後見の薪車さんの踊り。
これはすごく楽しいです!
猿弥さんは持ち前の愛嬌が生きて、ころんと丸いお人形のような、可愛くてコミカルな雰囲気。
そして、踊りがすごい!身軽です。
薪車さんは去年に引き続き二度目の後見で、切れた糸を結び合わせる振りが巧く、またキリリとしたたたずまいも素敵でした。
足を踏み鳴らすのは、後見がリズムを取って、それを見ながら上で人形を操っているという設定だからでしょうか。

三番目は「二人藤娘」。
この松竹座の公演が初演という、記念すべき舞踊です。
この踊りも玉三郎さんと七之助さん。
通常1人で踊る「藤娘」を2人で踊るので、衣装の色も工夫があって面白かったです。
あと、お酒を飲むところも、注ぐ方といただく方がいて、楽しい雰囲気が出ていました。
私は「藤音頭」の部分が粋で好きなのですが、ここも2人なので豪華でした。
それと、七之助さんの手の動きのちょっとしたところが勘三郎さんに似ていてハッとしました!(そして、勘三郎さんのそんな細かい動きを覚えていた自分にも驚きました(笑))

最後は「於染久松色読販」。
七之助さんの三役早替わりが見どころです。
2日にテレビ中継でダイジェストを見たのですが、その時分からなかった早替りの仕組みもちょっと分かりました(笑)。
そして、早替りそのものもさることながら、やっぱりすごいのは七之助さんの演技。
一瞬で表情も声も変えていてお見事です。
そして、とっても素敵な立ち回りも!
こちらは久しぶりに名題下さんの技を堪能できました。
いてうさん、オペラグラスで見なくてもはっきりと分かるくらい上手ですね~。
玉三郎さん演じる土手のお六が久松を助けるために出てきて幕だったのですが、これもすごくかっこよかったです!
最後に口上があり、玉三郎さんは風邪で声が出にくく申し訳ないということで、手拭い撒きがありました。
この日は声が少し出るようになってきたそうで、「明日からは手拭い撒きはないかもしれません」と笑わせてもくれました。

このところ、歳とともに出不精になっていってる気もするのですが観劇だけは別です(笑)。
今年もいっぱい観に行けたらいいな~と思います。
私のお正月
今年のお正月三が日は究極のインドア派でした。

元日のお昼間は、宝塚100周年の生放送をひたすら追いかけ、夜は「相棒」スペシャルというテレビ三昧。
二日の朝もゆっくりしてましたが、お昼からはロールケーキを作りました。
写真は撮ってません。忘れましたまた作ります(笑)。
三日は叔父の家と私の家に親類(伯母&従兄家族)が遊びに来ました。
なんと、三が日に私が出かけたのは叔父の家だけです。何たることでしょう。
従兄が今住んでいるのは東京。奥さんのMちゃんと娘2人は関東生まれで初めての奈良です。
前日に私がロールケーキを作ったのはこのためです。
都会ならデパートの初売り等で美味しいケーキが手に入るかと思いますが、なにぶん田舎のことで、ケーキ屋さんはまだ軒並み閉まっているので…。
プレーンとココアのイチゴロールを作ったんですが、従兄の長女(Sちゃん。小学3年生)に「どっちがいい?」と聞いたら「どっちがおすすめ?」との言葉が返ってきました。めっちゃウケた~!
母に言ったら「やっぱり東京の子は違う!」と言ってました。
たしかに。奈良の子どもはたぶんそんな受け答えはできないと思います(笑)。

一日二日はお節もお雑煮もお餅もたくさん食べたし、三日はお寿司やら何やらたくさん食べたのでたぶん太ってると思います。
なので、運動は大晦日のみ休止で、一日からやってます。
慣れてきたのかちょっと動きが良くなってきてるので、今年もゆるダイエット頑張ります。
お正月を写そう 2014
皆様、新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

さて、今年の「お正月を写そう」は、お正月の植物です。
osyougatsu1
これは、いただきものの新年の寄せ植えです。
かわいいでしょ?
紅白の葉牡丹にキラキラしたパウダーが少し振ってあって綺麗です。

そして、年末にもらった啓翁桜の花が、年明けと共に咲きました!
osyougatsu2
(これは去年ブログに載せた以外にもうひとつ生けたものです。)
こいつぁ春から縁起がいいわぇ!

ここでお知らせです。
私のHP「かもな・まい・はうす」を模様替えしました。
今年は10周年です!
このブログ同様、今後ともよろしくお願いします。