初!あべのハルカス美術館
仕事が休みの日に、あべのハルカス美術館へ行ってきました。
あべのハルカスは初めてでちょっと迷いましたが(すぐ目の前にあるエレベーターに乗ればよかったのに、ぐるっと回って元の位置に戻ってきてしまった)、ロビーはビルの16階にあるとは思えないほど天井が高く、開放感があったし、展示場所も広くてよかったです。
今回見たのは「ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション」。
ミラノの名門貴族の末裔、ジャン・ジャコモ・ポルディ・ペッツォーリのコレクションを集めたものです。
この人は自分のためというより、死後に邸宅を美術館として公開し、社会に役立てるために美術品や甲冑などを収集していたそうです。
その品々はいずれも大変価値のあるものばかり。
ルネサンス期に自ら傭兵隊長として活躍し、領国を繁栄に導いたウルビーノ公の甲冑の右手部分を見て「うわぁー!ウルビーノ公ってほんまに生きてたんやなー!」と大興奮。
よくぞ収集してくださった!と喜んでしまいました。

この展覧会の目玉は、なんといっても「貴婦人の肖像」。
abeno
(これは入り口にある看板です。)
写真などで見て、肌や髪の色が淡いのに、なぜくっきりして見えるのか?と思っていたのですが、生で見て、その秘密が分かりました。

他にも、ボッティチェリをはじめとするルネサンス絵画、ヴェネチアングラスなど、たくさんあって見ごたえがありました。
展示品以外にも、心理テスト(内容がちょっとミーハーかなとは思いますが…)やロビーの写真スポットなど、プラスアルファで楽しめるものもあります。
abeno2
(ここが写真スポット。邸宅の映像になっています。他にちょっと笑えるものもありました。)

帰りにテラスにも寄ってみました。
天気が悪くてあまり良い写真は撮れなかったのですが、眺めが良くてたいへん爽やかでした。
abeno3
今度は展望台にも行ってみたいな。
スポンサーサイト
そんなに変わらない
ここ最近おやつの話題ばかりで、「この人、ほんとにダイエットしてるの?」と思われそうなんですが、相変わらずゆるダイエット継続中です(ちなみに、おやつは3日に一度です)。
先月、あまりにも疲れるので運動を軽いものに変えたんですが、体重が減るスピードは今までとそんなに変わらないのでほっとしてます。
それと、うちの体重計、内臓脂肪の数値も出るんですが、その数値が5から4に減りました
私、太ってる割に内臓脂肪は少ないんですが(10くらいまでは正常値だそうです)、やっぱり減ると嬉しいですね。
その代わり、皮下脂肪はここに書けないくらい多いです…
ちょっとずつは減ってきてるんですが、もう少し早く減ってほしいなー。
エクレア
最近早く寝るようになったので写真のUPが遅れましたが、13日に仕事が休みだったので、父の日のプレゼントとしてエクレアを作りました(ちなみに今日がほんとの父の日なんですが、お仕事でした)。
ekurea
以前、シュークリームを作ってみてけっこう上手くできたので、今回はそのアレンジです。
写真ではまだチョコレートを塗ったばかりだったのでテカテカしてますが、冷蔵庫に入れたらちゃんと固まりました。
中のクリームはカスタードと生クリームを混ぜたものです。
カスタードと生クリームを重ねても美味しいけど、混ぜると食感が軽くなるんですよね。
エクレアは何やかんやと手順が多いんですが、美味しいのでまた作りたいなあ…。
梅の甘露煮
家の梅で甘露煮を作りました。
ume
いつも梅ドリンクは作るんですが、たまにはちょっと違うものを…。
さっき食べてみたらまだちょっとすっぱかったので、もう2~3日待とうと思います。
他に、梅のしょうゆ漬けも作ったんですが、こちらはあと20日くらい漬けておくと食べられるようになります。
できたらまた写真UPしますね。
明雄さんご逝去
「ザ!鉄腕DASH‼」の「DASH村」で農業指導をされてきた三瓶明雄さんが亡くなられました。
TOKIOのメンバーと冗談を言い合いながら和気あいあいと作業していた姿、和やかに食卓を囲んでいた姿を思い出します。
願わくば、今一度ふるさとの浪江町へ、DASH村へ…と思っていたのですが、たいへん残念なことに叶いませんでした。
DASH村をこよなく愛し、TOKIOのメンバーやスタッフばかりでなく、私たち視聴者にも昔ながらの生活の知恵を教えてくれた明雄さん。画面越しではありますが、本当にお世話になりました。
もし、もう一度DASH村に帰れる日が来たら、TOKIOやスタッフの方たち、手伝ってくれていた浪江町の人々と共に、明雄さんの魂もきっと帰ってきてくれるんだろうなと思っています。

W杯間近!
いよいよワールドカップブラジル大会が始まります。
先日、宝塚に行ったら、地元・宝塚市出身の岡崎選手へのメッセージを募集していました。
w-cup
見てみたら、ユニフォームや旗に応援メッセージがいっぱい!
日本代表の皆さん、頑張って下さいね
堺サイクリング
初夏とはいえ、暑い日が続きますね~。
そんな中ですが、堺市で歴史探索してきました。
今回はレンタサイクルで歴史散歩ならぬ歴史サイクリングです。

そもそも、堺を訪れようと思ったのは、数年前、あるガイドブックで「南蛮人の像」なるものを見たため。
それから友達と計画を練っていたのですが、その時は急用のために行けず、今回、何年か越しに実行することができました。

堺といえば古墳が有名なので、まずは市役所の21階にある展望台から古墳を眺めることに。
sakai5
これが世界最大の墳墓、仁徳天皇陵(推定)です。
他にも大小さまざまな古墳があり、その当時の大王の権力をしのぶことができます。

さて、それでは自転車に乗って実際にそばへ行くことに。
市役所近くの観光案内所で自転車を借りて、20分ほど行けば、仁徳陵に着きます。
sakai4
これが正面なのですが、古墳の端からここへたどり着くまでも結構な距離があります。
広すぎて、一瞬、方向が分からなくなってしまったほどです(笑)。
奈良県内にも古墳はいっぱいあるので、私たち奈良県民は変に古墳慣れ(笑)していて、ちょっとやそっとでは驚かないのですが、ここまで大きいのはありません。
ちなみに、この場所は二重の堀をめぐらした外側です。
これだけでも、古墳のスケールの大きさが分かるかと思います。

そして、そのそばにある堺市博物館へ。
古墳や鉄砲、自治都市の展示があり、社会見学の中学生もたくさん来ていました。
きれいな映像で古墳の紹介ムービーを見ることもできます。
今回は特別展も開催されていて、平安時代~の貴重な、美しい仏像をたくさん見ることができました。
彩色してあるものは、そのままでの保存がたいへん難しいのですが、色や模様がよく残っていて素晴らしかったです。

この博物館は大仙公園という公園の中にあります。
すごく広い公園で、景色も良く、休憩できる木陰やベンチがたくさんあるので、近くでパンを買って昼食に。
百舌鳥駅のそばで買おうと思って自転車を走らせていくと、偶然、テレビなどでちょっと話題になったパン屋さんを発見!
何と、ここの名物メニューは「古墳パン」!
もちろん、早速買ってきました。
sakai3
これはアンパンで、すごく大きいので、友達と二人で分けて食べました(ちなみに、分けることを想定して作られているので、つなぎ目で分けたら中の餡がちょうど等分になるように工夫されています)。
sakai2
こちらはメロンパン。
他にも、カレーパンやクリームパン、トースト(チーズと古墳型のハムを乗せて焼いてある)もあります。

公園でのんびりランチの後は、堺市が所有する茶室の外観を見学してきました。
sakai1
ここには、「伸庵」と、橿原市の今井町から移築された「黄梅庵」があります。
安土桃山時代に同じく栄え、茶人・今井宗久を生んだ今井町と、現代に通じる茶道の祖・千利休のふるさと堺の縁がここで結ばれているんですね。

そして、千利休ゆかりのお寺、南宗寺へ。
ここはとても有名で、下の写真の客殿も何度もテレビや映画で取り上げられています。
sakai10
そして、利休だけではなく、ある歴史のミステリーがここに隠されています。
それは「徳川家康影武者説」。
大坂夏の陣の際、深手を負った家康は、南宗寺まで逃げ延びてきたがここで命を落とし、方丈(下の写真)の下に埋葬され、影武者と入れ替わった…。
もし本当ならば、今までの歴史を揺るがしかねない衝撃の真実ですね。
sakai9
実は、このお寺には東照宮もあったそうです。
現代は焼失し、昭和に入ってから、水戸家家老の末裔の方によって家康の墓が建てられてました。
sakai8
東照宮があった理由は、二代将軍・秀忠、三代将軍・家光が南宗寺に参拝したからなのかもしれませんが、実は、それだけではない理由があるのかもしれません。
歴史に「たら」「れば」は禁句ですが、学術的なことを離れて考えると、こういうミステリーがあるのは面白いなと思います。

南宗寺を後にして、もう一つ、利休ゆかりの場所へ。
sakai7
ここは利休の邸跡です。
残念ながら、入り口の鍵が閉まっていて、外から見るだけでした。
お茶をたてるために、京都一条戻橋(今の清明神社のあるところ)など、名水のあるところに住んだ利休なので、ぜひとも井戸を近くで見てみたかったのですが…何かのイベントの時でないとダメなのかな。

そして、ここから南蛮人を探して、一気に南海の堺市駅まで走りました(めっちゃ暑かった)。
プラットプラットというショッピングモール近くの橋に、例の南蛮人を発見!
sakai13
やっと会うことができました!でも、横顔しか見れないんだな(笑)。
この人と一緒のポーズで写真を撮ったり、肩を組んだりする人もいそうだな。
安土桃山時代に国際都市として栄えただけに、堺には彼以外にも南蛮人がいます。
それがこの人たち!
sakai13
このバス、めっちゃ可愛いです。
さらに、乗り場の案内も南蛮人がしています。
sakai12
これも可愛いですね。

堺といえば、もう一人、忘れてはならないのは、情熱の歌人・与謝野晶子。
彼女は裕福な和菓子屋の娘さんとして、この堺に生まれました。
堺市駅のロータリーに彼女の像があります。
sakai6
凛として静かに見えますが、なかなか気迫のこもった顔立ちをしています。やはり情熱の歌人ですね。

ここからまたフェニックスロードという大きな道を堺東駅まで戻りましたが、暑いし、フェニックスの木がいっぱい植えてあるので、ここは南国の街?という感じ(笑)。
それでも、古墳の緑の木々が近づいてくると「ああ、堺だな」と思います。
ついでに言うと、「もうすぐ観光案内所に着くぞ!やっとゴールだ」という感じ(笑)。

帰りに堺の高島屋で斗々屋(ととや)饅頭という、お茶碗の形のおまんじゅうを買ってお土産にしました。
斗々屋とは、千利休の実家の魚問屋・魚(とと)屋のことです。さすがは堺!
味も美味しかったので、また食べたいです。