夜への長い旅路
久方ぶりに、宝塚でも歌舞伎でもミュージカルでもない、ストレートプレイを見てきました。
しかも、場所は大阪におけるミュージカルの中心地・梅田芸術劇場シアタードラマシティ。
私にとって、ドラマシティはまるで宝塚の出張所のような劇場なんですが、今回ばかりは雰囲気が違いました。
わずか3週間前、同じ場所で華やかな宝塚のコンサートをやっていたとは思えないほど、張りつめた空気に包まれています。
キャストも、麻実れいさん、益岡徹さん、田中圭くん、満島真之介くんという、華やかな4人が登場しますが、決して楽しい作品とは言えません。重いです。ひたすら重いです。
でも、見てよかった。
いろいろ考えさせられる…というより、見ていくうちに、普段は考えない「家族」について、「愛情」について、自然にいろいろ思わされる、思わずにはいられなくなる作品でした。

「家族という病」という本が流行っているようですが、ここに出てくるタイロン家は「病」そのものです。
母は病気の治療でモルヒネを処方されたために麻薬中毒。その傍らで気を抜くことができない三人…父は衣食住に対して極端な倹約をするのに、土地を買うことに関しては浪費をやめられず、上の息子は働かず酒びたり、下の息子は結核になっても酒をやめられない。
一見すると、この家族はきわめて特殊なように見えます。
しかし、彼らの言葉を聞き、喧嘩を見ていくうちに、この家族はどこにでもある家族とそんなに変わらない気がしました。
もちろん、私の家族も例外ではありません(私はどうも、自分が長男ジェイミーであるような気がして仕方がありません)。
タイロン家のような大きな崩壊はありませんが、すぐ忘れてしまうほどの小さな崩壊なら、どこの家庭にも山ほどあると思います。
そもそも、絵にかいたような理想的な家族なんてホントは一つもないのでは?とさえ思ってしまうほど。
でも、完全に崩壊しそうで崩壊しないのも家族なのではないでしょうか。
「病」を「病」のまま放置していても、どうにかやっていってる存在。
歪んでいたり、傷がついていたり、バラバラになっていたり…完全に「円満」などとはいえないけど、あちこち凹凸をこしらえながら、その凹凸を共有してしまっている存在。
それが家族なのでは?と思いました。

今回は上演の後にアフタートークがありました。
お芝居の時とはテンポが違っていて、笑いがあふれるような、ちょっとボケボケしたところもあって面白かったです。
そして、この4人が本当に家族のように見えました(あ、もちろん、「病」がそんなに重篤でない家族ですよ!)。

P・S あと、なんだか「カラマーゾフの兄弟」が見たくなりました。
しかも、ほぼ原作どおりに、重苦しく、逃げられないような雰囲気で…。
カラマーゾフ家は男だけの家族なので、上演するとなると、麻実さんは出られなくなってしまうけど…って、男役で出ればいいんだよね!(笑)
スポンサーサイト
四人同時襲名
橋之助さんが、お父様の名前を継いで八代目芝翫を襲名されます。
同時に、長男の国生さんが橋之助、次男の宗生さんが福之助、三男の宜生さんが歌之助を襲名されることも決定。
芝翫の名前がまた戻ってくることも、今まで本名で出ていた三兄弟に芸名がつくことも、とっても嬉しいです!
一つ気になるのは、橋之助さんのお兄様・福助さんのこと。
現在、リハビリ療養中ですが、具合がよくなって、先延ばしになっている歌右衛門襲名、同時に児太郎さんの福助襲名もいっしょに、六人同時襲名…ということになったら最高にいいだろうな~!
でも、福助さん、いつまでも待ってますよ。
ユトリロとヴァラドン
南座に行った帰りに、京都駅の伊勢丹へ寄って、美術館「えき」KYOTOで「ユトリロとヴァラドン 母と子の物語」展を見てきました。

私はユトリロの絵が好きでよく見に行くのですが、その母であるスュザンヌ・ヴァラドンの絵はほとんど見たことがなく、今回たくさん見られてとても良かったと思います。
そのヴァラドンの絵ですが、「上手い!」としか言いようのないデッサンの上手さ。
しかし、そこに「無個性」という言葉はまったくありません。
上手くて、個性的。そして、力強い。
色合いは濃く柔らかく、線は太く。
女性の優しさと強さ、おおらかさに満ちた絵でした。

そして、ユトリロ。
ユトリロといえば、あの、悲しみを塗り固めたような色調をイメージしますが、そこに至る前には、繊細で明るいものもあり、ユトリロにも印象派に影響された時代があったんやな~と思いました。
そして、意外な事実も。
ユトリロが描き続けたモンマルトルの風景は、実際に見た物より、絵葉書の写真を見て描いたものが多いということ(!)。
それでも、幼い日を過ごしたモンマルトルの街の質感は実に見事に表現できたそうですから、記憶力がよかったんでしょうね。

ユトリロとヴァラドンの絵に似ているところはありませんが、ユトリロは恋と芸術に激しく生きた母(幼かったユトリロを顧みることもあまりなかったと言われています)の影響を多大に受け、この母に対して持っていた、悲しみ、憤り、そして愛の入れ交じった気持ちが、彼の人生と彼の絵を形作っていたのだということを実感しました。
南座九月花形歌舞伎「あらしのよるに」
以前から楽しみにしていた、南座の九月花形歌舞伎「あらしのよるに」を見てきました!
絵本を歌舞伎にするということで、一体どういうふうになるのかと思っていたんですが、ちゃんと歌舞伎でした…というより、すごく歌舞伎でした!
脚本を書かれた今井豊茂さん、演出・振付の藤間勘十郎さん(やはりこの方は天才だった!)をはじめ、各スタッフの力量のすごさ、端にいるような若いお弟子さんに至るまでの全員の歌舞伎役者としての熱い心に感心しました。
そして、物語も感動的。ちょっと泣いた。
歌舞伎には、親子や兄弟や恋人や友達が敵同士に分かれてしまう話がよくありますが、(ストーリー展開はその逆ながら)そういった話を色々思い出しました。
また、従来の歌舞伎の中では比較的少ないと思われる(新歌舞伎ではけっこうあると思いますが、古典でパッと思いつくのは「三人吉三」くらいですかねー)、「友情」というテーマが、この作品では圧倒的な大きさでせまってきます。
大人になるとなかなか「親友」は作りづらくなってきます(「こっちはよくても向こうは迷惑かも?」と深読みしたり、利害関係が生まれるのを心配したり…)。
しかし、大人になるまでは確かに持っていた、掛け値なしに、自分が不利になっても「友達」といえる間柄。その清らかさがどんなに大切なものであるか、この作品は物語っていると思います。
友情というのは、恋愛とはまた違った思いがあり(恋愛は、たとえ片想いであっても心の「欲」を満たせている状態ゆえに相手のために動けるものだと思いますが、友情は「欲」そのものを離れたところで相手のために動けるものではないかと思います)、その熱さや優しさに胸を打たれました。
また、この作品には動物だけが登場しますが、その動物たちを通して、「人それぞれの違い」や「誰にも動かすことのできない自然環境」というものがあっても、それを憎しみの材料にしてはいけない、ということを語りかけているのではないかと思いました。

藤間勘十郎さんの番附のあいさつ文によると、今回の「あらしのよるに」は擬古典という手法で、伝統的な歌舞伎の演出が随所にあります。
パッと見て分かるところでは、たとえば、松也さん演じるヤギの「めい」は白塗りの化粧で歌舞伎の二枚目(商家の若旦那ふう)の雰囲気。狼の首領「ぎろ」の月之助さんはまるで石川五右衛門のような、盗賊ふうのこしらえ。
そして音楽。心の中を詳細にあらわす竹本の浄瑠璃のおかげで、登場するのが動物であっても、人間が共感しやすくなっていると思いました。
効果音も一部を除いて伝統的な黒御簾音楽を用いています。雨の「パラパラパラ…」という撥の音がファンタジックなこの作品にはぴったりでした。
そして、その伝統的な手法を逆手にとって、「がぶ」が「うるさいよ!食いてえな食いてえなって!」と竹本の太夫さんに話しかけている!(笑)これはなかなかのアイディアでした。

仲間の狼たちから「弱虫」「はみ出し者」と蔑まれながらも、亡き父の「自分の信じた道をひたすらに歩めば、いつかお前にも同じ気持ちを持った仲間ができる」という言葉を胸に生きる、心優しい狼「がぶ」の獅童さん。
小鳥を逃がし、ヤギと友達になるほど優しいけれど、他の動物を食べないと生きていけない悲しみ。そして、それを「めい」に気づかれまいとする姿がいじらしくて涙が出ます。
また、発声や竹本の「食いてえな」のところのコミカルさがよかったです。
松也さんの「めい」。
つっころばし的な、やわらかな台詞回しながら、心は正統派の二枚目。
どんなことがあっても「がぶ」を友達だと心から思い、また、悪い狼たちに捕えられた「みい姫」や「たぷ」を救い出そうとする気持ちに感動しました。彼の熱い思いや信念がヤギたちを動かしたんですね。
狼の占い師的な「おばば」(ちょっと「空ヲ刻ム者」の鳴子のおばばみたいな感じ)の萬次郎さん。
久しぶりに萬次郎さんにお会いできて嬉しかったです!
こういう役はやはり萬次郎さんのお手の物ですね~。
「たぷ」に「めい」の居所を白状させる薬を作る時に、手下たちがはしゃぎすぎて鍋が割れてしまい、慌てふためく様子がいかにも萬次郎さんの演じる「おばば」らしくて面白かったです。
(「この薬を飲ませれば、あんなことやこんなこと、恋バナまでぜーんぶ喋ってしまう」というおばばの言葉に「たぷ」が「エッ!」となってました。「たぷ」の中の人はお年頃ですからね~(笑))
権十郎さんの「がい」は狼だけれど、悪事を働いて首領になった「ぎろ」を許さず、正義を通す狼。
「狼がヤギや他の動物を食べるのは自然の摂理で仕方のないことだけど、仲間を欺いて殺したりするのは許されることではない」ということだと思いますが、これは人間にも当てはまりますね。
萬次郎さんと権十郎さん、ご兄弟が一緒に活躍されていると何だか嬉しいです(笑)。
ご兄弟と言えば、若手の梅枝さん・萬太郎さん兄弟も。
梅枝さんの「みい姫」は、ヤギのお姫様で、正統派の歌舞伎の姫の演じ方。美しい梅枝さんにぴったりです。
姫が出てくると空気が静かで穏やかなものに変わりますね。
「めい」や「たぷ」にとって、心優しく頼りになるお姫様でした。
ヤギの若者「たぷ」の萬太郎さん。若々しくはっきりとした台詞回しで、冷静な「はく」との掛け合いが楽しかったです。
萬太郎さんは色々なタイプの役を演じていますが、今回は等身大に近い感じですね。
「はく」の竹松さん、勉強が好きで冷静なヤギ(笑)。みんなだいたい世話物風な台詞回しの中で、突然現代語っぽく話したりして面白かった。
竹松さん、長い間学業に専念されてたので、実は初めて生で見たんですが、まだあどけなさの残る可愛らしい顔で、学生っぽい若い役が似合いますね。
普段、舞台以外では眼鏡をかけているんですが、今回は舞台でも大きな丸眼鏡をかけていて、そういえば、南座に来た海老蔵さんのブログで「眼鏡大きくなってない?」と書かれてましたね(笑)。
ヤギの長老「おじじ」の市村橘太郎さんは、最初はノーマルに長老だったんですが、大砲を撃つときの「発射」が飄々として面白かったです。
夏に近鉄アート館の「晴の会」で活躍した上方歌舞伎塾一期生の三人がここでも大活躍!
関西弁で喋りまくる狼「ばりい」の千壽さん。普段は女形なので、あんなに動き回っているのは久しぶりに見ました。
動物は「伏見の富くじ」の犬の小春ちゃんをはじめ、もうかなり演じてますよね(笑)。
それにしても、「怒るで、しかし~」って、横山やすしかっ!(笑)
松十郎さんと千次郎さんは「じぐ」と「ざく」という激しい狼の役で、すごい段差の階段(しかも上のほうは超狭い)を駆け上がったり、アクロバチックな動きをしたりと目を引きます。薬を作るところはコミカルでお茶目でした。

今回はいつもの歌舞伎と客層が少し違っていて、小さな子どもさんも見に来ていましたが、よく知っている話で、すごく集中しているのか、静かに見ていました(客席が明るくなった時に普通に起きていたので寝てたわけでもなさそう)

おまけ:花道が緑色でびっくりしたー!
草原なんですね。
minamiza
ハートのくりぬきネイル
そろそろ靴下が恋しい季節になってきましたので、今年のペディキュアは今月いっぱいまでで終了の予定です。
その前に、以前からやってみたかった「くりぬきネイル」に挑戦!
heart
ベースに薄いオレンジ色を塗り、その上にマスキングテープをハート型に切って貼り(今回は穴あけパンチで開けました)、さらに上から赤を塗って、乾いたらピンセットでテープをはがします。
理論上では簡単にできるけど、何回も失敗しました~。
完全に乾いた後でテープを取らないと周りがにじんできてしまいますね。
塗って乾かして、また塗って乾かして…割と時間がかかるので、忍耐力が要ります(笑)。
私って実はイラチやったんや~!ということを発見してしまいました
でもハートは可愛いので気に入ってます。
来年もやろう…かな…?(笑)
待ってました!
巷で話題の、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」。
新橋演舞場にて来月開演しますが、来年3月、大阪・松竹座での公演も決定しました!
あ~、今から待ち遠しい~!大相撲と日程がかぶらないといいな(笑)。
漫画やアニメの「ワンピース」は全く見ていないので、まっさらな状態で観劇したいなと思っています(実は、猿之助さんもまっさらな状態から入ったそうですよ)。
クリームチーズケーキ
弟の誕生日にケーキを作りました(まあ、誕生日の数日後ですが…)。
cake
レアチーズケーキの一種だと思うんですが、レシピにはクリームチーズケーキと書いてありました。
パイナップルが入ってるんですが、切ったら出てきてしまいました(笑)。
今はネットで美味しくて簡単で甘さ控えめなケーキのレシピを探せますが、これは古いレシピだからか「えっ、こんなにボウル使うの?」「えっ、鍋も?」というくらいたくさんの調理器具を使いました。洗うのがしんどかったよ…。
でも、クリームチーズの量を減らして水切りヨーグルトを使ったり、スポンジケーキの砂糖の量をできる限り減らしたり、現在に合うようにちょっとヘルシーに(?)調整しました。
チーズクリーム、なかなか美味しかったですよ。
チーズ系なので重いはずなのに、けっこうな量を食べちゃった(笑)。
また節制しないとね…。