もう一個リフォームアクセ
この間作ったリフォームアクセサリーのパーツがまだたくさん余っているので、使っていないパールでイヤリングを作りました。
tezukuri4
今回は小さなパールでちょっとおとなしめに。
チェーンは2本にしようと思ってたんですが、実際につけてみると1本のほうがよかったので変更しました。
これをつけてお出かけしたい
スポンサーサイト
フローランタン
今年のホワイトデーはフローランタン(アーモンドのタルト)を作りました。
whiteday1
ヌガー(キャラメル)作る時のタイミングが難しかったけど(焦げるんちゃうか…と思うとめっちゃ怖い。プリンのカラメルソースを作る時も怖いです)、これは家族に大好評でした!
冷めてから切るとすごく固くて大変だったので、もし今度作るなら、出来上がりをすかさず切ります。
下のタルト生地が余ったので、レーズンとグラニュー糖を乗せてクッキーにしました。
whiteday2
本当はもっとレーズンを乗せたかったけど、ドライカレーを食べた時のトッピングの残りなので、こんだけしかなかった…。
でも、これも美味しかったです。
リフォームアクセサリー
以前せっかく作ったのに全然使わなかったパールのネックレスをリフォームしました。

この三連のネックレスは、新しくチェーンを買ってきて、何個か連なっていたパールを一個だけはずして(笑)つけました。
tezukuri3
一番短いのと一番長いのは同じチェーンで、真ん中だけ少し違います。
実はこれ、三本とも取り外しできます!
tezukuri2
服に合わせて本数を変えることができます。この間は一番短いのと真ん中ので二連にして使いました。
三連にしたいけど、ちょっと派手かも…と思う時や、二連でも同じチェーンにしたいときのために、真ん中のチェーンと同じ長さで一番短いのと長いのと同じ種類のネックレスも作りました。
tezukuri1
下に写ってるイヤリングもリフォームです。
このチェーンは元のネックレスのものを使いました。
ネックレスとペアで使えないこともないけど、揃えすぎるとあんまりおもしろくない感じになりそうなので、たぶん別々に使うと思います。
「LA LA LAND」
アカデミー賞でも話題になった(まさかのハプニングでしたね~)映画「LA LA LAND」を見てきました。
明るく楽しいオープニングから、懐かしいMGMミュージカル的なものになると想像したのですが、結末はまた違ったものに(だからこそ、アカデミー賞の作品賞にノミネートされたんだと思いますが)。
物語の終盤、ミアとセブが「こうだったらよかったのに」と思う場面が、まるで夢のように展開され、その美しさが却ってほろ苦く、切なく、人生には掴み取れるものも、そうじゃないものもあるということを伝えています。
私がもっと若ければこの結末には納得できなかったかもしれませんが、幸いにも(?)オバサンになりつつあるので、たとえ掴み取れないものがあったとしても、それが人生。成功しても失敗しても人間はいろんな思いを抱えながら生きて行くんだと思うことができました(まさか「グランドホテル」を観た時のような感慨を得るとは、思ってもみませんでした)。
それにしても、主演のエマ・ストーンとライアン・ゴズリング、二人とも踊りが上手いですね~。
それも、いかにも踊ってますというパワフル系ではなく、とても自然で上品なダンス。
こういうところは古き良きMGMミュージカルの要素を踏襲してますね。

P・S 新聞評には、この映画には様々なミュージカル映画へのオマージュがあると書かれていたのですが、宝塚で舞台版の「TOP HAT」を観ていたので、どの辺に「TOP HAT」へのオマージュがあるのか、すぐに分かりました。ポスターにもなってるあのタップのシーンね(笑)。

P・Sその2 「LA LA LAND」、なぜこのタイトルなの?と思ってたんですが、もしかして、LA=ロサンゼルスってこと?「スターの街よ」って歌も出てきたし…。