和コレクション 風呂敷編
数ある「和」グッズの中で、私が今大好きなのは風呂敷と手ぬぐい。
着物よりも身近にあって、日常で使えるのがいいですね。
最近は結んでバッグやペットボトル入れにしてます。
では、まずは私が持ってる風呂敷をご紹介します。

ふろしき1

この3枚は、もともと家にある風呂敷です。
一番手前の紺色は、弟が友達の結婚式でもらってきたもの。レーヨンのちりめんです。
持っている中で一番小さいんで、ペットボトル入れにしてたんですが、最近はもっぱら手ぬぐいでペットボトルを包んでるんで、畳んでカバンに入れておくほうが多いかな。時々ハンカチと間違えて手を拭いてしまいます(笑)。
その上のオレンジ色は、ナイロン製で薄くてかさばらず、大きさも適当なので、かなりのすぐれもの。ちなみにいつから家にあるのかは分かりません。
これもよくカバンの中に入れてるんですが、演劇のプログラムを包むのにぴったり。歌舞伎関係のところは、プログラムを買っても袋をくれないので必需品です。
そして、大きい辛子色の風呂敷は、両親が東大寺で掛け軸を書いてもらったときにもらったもの。東大寺の瓦文様で、綿製です。
これは結んでバッグにして使うことが多いですね。
宝塚で、「MAHOROBA」という古事記をモチーフにしたショーを見たとき、ほんとは浴衣を着て行きたかったんですが、暑くて着られなくて洋服で行ったので、これをショルダーバッグにして和のテイストを取り入れてみました。

ふろしき2

この3枚は、私が新たに買ったり作ったりしたものです。
一番手前は京都で買った小風呂敷。
鹿の柄があまりにも可愛くて衝動買いしてしまったんですが、厚手の綿でサイズが小さいのはけっこう使いづらい…。
ペットボトル入れにしてたんですが、ごつくて結びにくいんですよ。
キャンディのように結んでポーチにでもしようかな。
その下は、以前にもご紹介した(コチラ)手製の風呂敷です。1メートルくらいあるので、バッグにして使うことが多いですね。ゾウさんの柄なので、洋服でも違和感なく使えます。
今度はもう少し小さめで、カラフルな洋風の布で風呂敷を作ってみたいと思います。
これと、先ほどの辛子色の風呂敷は旅行でも重宝しました。
奥の、紫と薄緑の風呂敷は最近買ったもので、京都の「くろちく」のものです。大阪でお買い得になってたので買いました。レーヨンのちりめんで、昨日着物を着たときにリングを通して「いちごバッグ」にして使いました。
いちごバッグ

ちなみに、いちごバッグはこれくらいの大きさ(70cmくらい。厚手のものなら80cmくらいかな)の風呂敷が限度かも。大きいのでもできますが、あんまり可愛くないです。小さくてもよく入るのでご安心を。

そしてこれは番外編です。
スカーフ

ウールのスカーフなんですが、バッグにしてみたら可愛かったので、冬に使おうと思っています。

長くなったので、手ぬぐいはまたの機会にご紹介したいと思います。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://myhouse.blog5.fc2.com/tb.php/160-3bcb8c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)