袷(あわせ)の季節到来
早いもので、もう10月です。着物も単から袷(あわせ。裏地がついてる着物)になりました。
日曜日にお茶のお稽古で今秋初めて袷を着てみました。
着物

母の着物で、橙色の更紗写し(?)の小紋に、またまた登場・博多帯です。買ったばかりなんで、どんな着物に合うかお試し中です。
買うときに予想はしてたんですが、着物にも帯にも青が入ってるからやっぱり合いました♪
帯揚げは京都の若い子向けの着物&小物屋さんで買いました(正絹だけどお買い得な値段でした)。
帯締めは、「ゆるぎ組み」と呼ばれる組み方で作られたものです。
組み方が密で幅もあるので、11月のお茶会にも使えるかな?と検討中です。
一度、お茶の先生に聞いてみようかな。
ちなみに、お茶会では深めの赤(れんが色?)の付け下げに、つづれの帯という組み合わせを予定してます。
スポンサーサイト
  
コメント

2代に渡って着てもらえるなんて、きっとお母さんの着物も喜んでいるね。(*^_^*)
mimi│URL│10.10. 22:55 [ 編集]

母はほとんど着ないから、新品状態のものもあるよ。買わなくていいからお得かも(笑)。
昔のもののほうが質がいいような気もするし。
ささ│URL│10.10. 23:44 [ 編集]
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://myhouse.blog5.fc2.com/tb.php/163-7e6a7a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)