火事、そして「エリザベス・ゴールデンエイジ」
昨日は「映画の日」で、1000円だったんで、「エリザベス・ゴールデンエイジ」を見てきました。
ウーロン茶とフライドポテトを買って、席に座って、さあ見るぞ!って時に、火災警報器が…。
「もし、この音が鳴った時は避難してください」ってことかな?と思ってたら、係の人が来て、「隣のゲームセンターが火事なので、念のためロビーに避難してください」とのこと。
ええっ、マジで!怖いよー!
外へ見に行ったら、消防車が来てました。
幸いボヤですぐ鎮火したみたいですが、ゲーセンは煙で真っ白でした。
30分くらいして、異常がないことが分かったんで映画も見れたんですが、ロビーで私の近くにいた小学生は、ショックが大きかったようで親御さんと帰ってしまいました。
あの子、トラウマにならなきゃいいけど…。

気を取り直して、「エリザベス…」を鑑賞。
シリーズ前作のほうがインパクトがある気がしましたが、スケールは今回のほうが上ですね。
海戦の場面、甲冑をまとったエリザベスが士気を鼓舞するシーンが圧巻でした。
叶わない恋や従妹メアリー・スチュアートの反逆と処刑に悩んだりしても、彼女はやっぱり「女王」として生きることが一番似合っていると思いました。
あと、去年の年末、宝塚で「エル・アルコン」を見ていて、まったく同じ時代なので分かりやすかったです。海戦でスペインが負けるシーンでも、「あー、ティリアンもここで死んだんやな」と思ったりして。
拷問とか、ちょっとグロいシーンがあって怖いですが、骨太な歴史ロマンが味わえる作品です。

火事のトラブルで招待券をもらったんで、今度はファンタジックな「魔法にかけられて」という作品を見ようかなと思ってます。コメディタッチで面白そう。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://myhouse.blog5.fc2.com/tb.php/199-cd00f8a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)