松阪&斎宮 歴史ロマンの旅 (松阪編)
最近なんだかバタバタしていて更新が遅れていますが、22日(土)に 、三重県の松阪&斎宮で遊んできました。
どちらもはじめての場所なので、行く前からずっとワクワクしてました

まず最初に訪れたのは松阪。
ご存知、松阪牛で有名な街ですが、ここは江戸時代の国学者・本居宣長生誕の地。彼の住居をはじめとして、江戸時代の古い町並みが残る、美しい街です。
さっそく、松阪城址の一角にある「本居宣長記念館」を見てきました。
本居宣長記念館

(写真は入り口の前の道です。)
家族全員が和歌を詠む、文学的な家庭に生まれた宣長は、若くして父親を亡くしてから、医者として生計を立てるかたわら、「古事記」「万葉集」「源氏物語」など国学の研究と和歌の製作にいそしみ、多くの門弟を育てました。
記念館には、宣長や家族、門弟などの書いた文書が数多く残されており、大変興味深かったです。
そして、その隣にある、宣長の旧居・鈴屋(すずのや)にも行ってきました。
鈴屋1

鈴屋2

この家は、明治時代まで宣長のご子孫が住んでらっしゃったそうで、もともとは町の中にあったようです。
ちなみに、宣長は鈴コレクターで、屋号もそこからついています。
記念館にも古代のものから宣長オーダーメイドのものまで、たくさんの鈴がありました。
あ、そうそう、伊勢や松阪あたりは年中しめなわをつけているようですねー。

鈴屋の外に出ると、お城の石垣から御城番屋敷の家並みが見えます。
御城番屋敷1

さっそく行ってみました。
御城番屋敷2

御城番屋敷は、江戸時代はお城に詰めている藩士たちの家でしたが、明治時代になって払い下げられ、現在でも民家として使われています。
とにかく、町並みがとてもきれいで素敵です!
ほかに、町の中にも風情ある建物がいっぱいあります。
古い町並み

こういう風情のある町並みを抜けて、目指すは松阪牛の「牛銀」!
でも、高いので、今回はリーズナブルな「洋食屋牛銀」へ(下の写真奥のほう)。
牛銀

デミグラスソースカツ丼をいただいてきました。
ソースカツ丼

デミグラスソースが甘辛くて美味しい~!!また食べたいなぁ~。
ちなみに、お味噌汁と漬物がついて、お値段は800円!めちゃめちゃお得です。

昼食後は買い物と町並み散策。
鈴屋がもともとあった場所にも行ってきました。
本居宣長旧居跡

建物の中は広い気がしたんですが、地面だけ(笑)だと案外狭く感じられますね。

このあと、美しい街・松阪を後にして、電車で斎宮に向かいました。
続きは「斎宮編」としてお届けしますので、また読んでくださいね。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://myhouse.blog5.fc2.com/tb.php/210-fb3df027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)