スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」
ヤマトタケル

連休最後の6日に、松竹座でスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」を見てきました。
前のブログに書いたように、連休の最初の3日に「アンナ・カレーニナ」を見たんで、今年のGWは芝居三昧になりました。
実は劇場ってGWの穴場かも。行楽地はどこもかしこも混んでますが、劇場は混むといっても定員内ですから。

スーパー歌舞伎は以前テレビで「新・三国志Ⅱ」を見て、圧倒的なスケールに感動したんですが、生で見て、それ以上のすごさを肌で感じました。やっぱり生はいいね。
セットも衣装もすごく豪華で重厚さがあり、それだけでもびっくりするんですが、そこに歌舞伎ならではの見得や宙乗り、早替り、だんまりなど、エンターテインメイントの要素が加わると、本当に舞台のスケールが大きく大きくなるんですね!
それに加えて、スーパー歌舞伎は現代語なので、分かりやすくて感情移入しやすい!
故郷に帰りたいと願いつつ死んでいくタケルの悲しみに思わず涙してしまいました。
また、敵役であるクマソやエミシの一族も悪い奴として書かず、独自の文化を大和王権に踏みにじられていく悲しみを強く出し、こちらにも感情移入することができました。
実は、去年、宝塚でも「MAHOROBA」という、古事記を題材にした作品を上演してたんですが、そのときに涙したことと同じことで涙してるんですよね…(そのときの感想はこちらこちら)。
スーパー歌舞伎と宝塚、ジャンルは違っても、ヤマトタケルの思いが心を動かすのは同じ。きっと千年以上、みんなこんな思いを感じて「古事記」を読んでいたのでは?と思います。
歴史書としては信憑性が薄いですが、文学の古典としては「古事記」は偉大ですね。
主人公のヤマトタケルは、私が見たバージョンでは市川右近さん。キリリとしててとってもカッコいい!そして、一人の青年としての繊細で優しい心を存分に表現していたと思います。
役替りで従者のタケヒコを演じた段治郎さんも力強さがあって素敵です。ほんとカッコいいね~。
タケルの第一の妃・兄橘姫(えたちばなひめ。通称・兄姫(えひめ))と第三の妃・みやず姫を演じた笑也さんは美しくて芝居巧者。兄姫とみやず姫がまったく別人に見えてびっくりします。
藤の花をモチーフにした華麗な衣装の兄姫の姿は本当に美しくて、客席からどよめきが起こったほどです。
兄姫の妹でタケルの第二の妃・弟橘姫(おとたちばなひめ。通称・弟姫(おとひめ))を演じた春猿さん、カワイイ!ちょっと背は大きいけど、本当の女の人以上に可愛いです。
今回は中国の京劇役者の方も6人出ていて、アクロバティックな宙返り等がすごくて見ごたえがありました。
あと、「火」や「波」を人力(!)で表現していたのがすごい!(ちなみに、宝塚やミュージカルはこういうところをダンスで表現することが多いですね)。
本当に、スーパー歌舞伎って総合芸術であり、エンターテインメントですね~!また観たいです(できれば「新・三国志Ⅱ」を生で観てみたい)。

さて、この日も着物で行きました。
やっぱり「歌舞伎」なので、着物の人も多かったです。
5.6の装い

大きい劇場なので、華やかにしたくて、松竹梅と鶴を染めた友禅の小紋と、白地に源氏香と花柄を組み合わせた袋帯にしてみました。
帯揚げと帯締めは「ミーマイ」の時と同じなんですが、以前にインターネットで見た某サイトで、同じような色合いの小紋(そっちは花柄でしたが)に白い帯というコーディネートに、こういう淡い色の帯揚げと帯締めを合わせていたので、それをマネしてみました(余談ですが、そこで見た帯締めとこの帯締めは本当によく似ているんですよ)。お正月とかなら赤や朱の帯揚げ&帯締めでもいいかも。
スポンサーサイト
  
コメント

スーパー歌舞伎は 現代語なのがいいね

普通の歌舞伎とまた違った華やかさがあるんやろうね!

着物可愛い柄やね~
素敵!
花音♪│URL│05.08. 18:32 [ 編集]

スーパー歌舞伎観たんですね。観たいみたいと思いながら
まだ観れてないんだよね。とゆうより、新・三国志シリーズ
が観たい、私もTVで新・三国志Ⅱを見てからスーパー歌舞伎
に興味持ったから。
縁│URL│05.09. 21:20 [ 編集]

>花音ちゃん
母も一緒に見に行ったんだけど、言葉が分かってよかったって言ってたよ。
普通の歌舞伎はやっぱり江戸時代っぽい色合いなんだけど、スーパー歌舞伎は現代的は色合いだったよ。

>縁さん
「新・三国志」いいですよねー。
私も、「孔明編」再演希望です。
また関西で上演があったら行こうと思ってます。
ささ│URL│05.10. 10:16 [ 編集]
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://myhouse.blog5.fc2.com/tb.php/220-9ad65e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)