映画「相棒」
昨日、親とレイトショーで「相棒」を見てきました。
うちの家族はみんな「相棒」が大好きで、ドラマ放映中は珍しく家族揃ってテレビを見てたりしてました。

さてさて、映画版ですが、いつもお馴染みの日常場面は少なめでちょっと淋しい…(その代わりに右京さんのティーカップが毎回違う柄だったりして、こだわりがすごいよ)。
でも、どんでん返しに次ぐどんでん返しで飽きさせず、最後まで犯人が分からないところがよかったです。
あと、「とくめいの、かめやまぁー!」の伊丹さんが亀山くんを助けてるっ!しかも、アクションスターのごとく船に乗ってる!これは見どころです。
私は鑑識の米沢さんのファンなんですが(笑)、今回も、「鑑識職人」とでも呼べそうな良い仕事してましたね。いつも冷静沈着な米沢さんが思わず安堵するところとかがあって面白かったし。

「相棒」は、サスペンス部分もさることながら、レギュラーメンバーのキャラクターの面白さがとても好きで親近感があるので、また次のシーズンもぜひドラマをやってもらいたいと思いました。

P・S 映画パンフも面白くて、ついつい読みふけってしまいました。しかも、ネタバレ厳禁ってことで「開封厳禁」の封筒に入れて売られてるんですよ(笑)。
スポンサーサイト
  
コメント

私もTVでは見てたよ~。
映画もやっぱりおもしろいんだね。
興行成績けっこういいみたいだし!
(*^_^*)
mimi│URL│05.11. 21:07 [ 編集]

いつもの「相棒」と同じノリのとこと、ちょっと違うところもあって、その違いが面白かったよ。
映画も一度見てみてね~。
ささ│URL│05.12. 07:00 [ 編集]
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://myhouse.blog5.fc2.com/tb.php/221-6983a86a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)