お茶事(ちゃじ)
日曜日は、茶道教室で「お茶事」をやりました。
茶事は説明が難しいんですが、お茶会の内輪バージョンって言ったらいいかな。
いろんな種類があって、その都度お勉強もしなきゃいけないけど、ためになるし楽しいです。
今回は5人で、掛物(軸)・花所望(はなしょもう)・炭点前・濃茶・薄茶のお点前を順番にやりました。
一ヶ月くらい前にくじ引きで決めたんですが、私は掛物のお点前でした。
2度ほど教室でお稽古し、家でも1度練習したんですが、普段しないお点前なのでキンチョー。実はちょっと失敗もしたけど、「えっ、どうするんだっけ?」というふうにならなくて本当に良かったです。ホッとしました~。
続いてKちゃん(実は私の同級生の妹だったりする(笑))が花所望(茶花のお点前です)。
ホタルブクロやアヤメ等の季節の花をきれいに生けてくれました。
お茶事(2)

そして、先生お手製の懐石をいただきました。
お茶事(3)

お茶事(4)

いつも写真を撮るのを忘れて後悔するので、今回は最初から「撮ります」と宣言して(笑)忘れないようにしました。
桜餅ふう(中には餡子ではなく、穴子が入ってます)のお吸い物、すごく美味しかった!
ほかのお料理も本当に美味しくて、先生は「簡単なものなのよ~」と謙遜されますが、いえいえ、とんでもございません。すごいです。
それから、Fさんのお炭点前、Yさんのお濃茶と続きましたが、すごく暑かったようです。でも、お二人ともそれを感じさせないようなスムーズなお点前でした。
お茶事(1)

あ、そうそう、この風炉先(小さい屏風みたいなもの)は、先生がデザインをして、近所の日曜大工が得意な方に作ってもらったそうです。
主菓子も先生お手製のおはぎ。お吸い物で余った道明寺粉で作ったそうです。
お茶事(5)

最後はAちゃんにお薄をたてていただきました。
お干菓子は紫芋のタルトと紫芋のちんすこう。なかなか珍しいでしょ。
お茶事(6)


今回の着物はスーパー歌舞伎を見に行ったときと同じだったので、写真は省略(でも実は今回のほうが綺麗に襟が抜けました)。
着物は袷だったんですが、暑いだろうと思って、長襦袢から帯板に至るまで全部夏物に変えました。
長襦袢は先生に教えてもらって自分で作ったんですよ(先生は和裁もやっておられたので、へらで印をつけてもらいました)。私は裁縫が下手なんで縫い目ガタガタだけど、さらしで作ってあるので快適です。
それでも、釜のそばは暑かったわー。でも、単は紬しか持ってないので、お稽古にしか使えないです(お稽古は紬など「織り」の着物でもいいけど、お茶席は基本的に「染め」の着物なんです)。
単の色無地か江戸小紋が欲しーい!
スポンサーサイト
  
コメント

お茶事お疲れ様でした~。
お茶の先生って、本当料理も上手で尊敬しますよね。

私も単は大島のみなのと、七緒を読んで以降、江戸小紋が欲しいのです。
ちゃん│URL│05.27. 13:09 [ 編集]

先生は「こういう料理なら、あなた方も作れるって」と言ってくれるのですが、とてもムリです…(--;)

お茶を習うと、やっぱり染めの単が欲しくなりますね。
来年か再来年に買えるように少しずつ貯めようかなぁ…(挫折しそう?)。
ささ│URL│05.27. 22:12 [ 編集]
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://myhouse.blog5.fc2.com/tb.php/226-b5daa1bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)