七月大歌舞伎
暑すぎて書くのが遅くなりましたが、土曜日に松竹座で七月大歌舞伎見てきました!
私が見たのは昼の部で、「春調娘七種(はるのしらべむすめななくさ)」「木村長門守(きむらながとのかみ)」そして、「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の三演目でした。
「春調…」は曾我兄弟の仇討ちを舞踊にしたもので、曾我十郎に菊之助さん、五郎に松緑さん、静御前に孝太郎さん。
30分ほどの舞踊で、「いや~、きれいやわ~」と思っているうちに終わってしまいました。
可憐な孝太郎さん静御前。菊之助さん十郎は水も滴る美しさ。博多人形のような松緑さん。皆さんとても素敵!後見の方たちも素晴らしく(本当は目で追ったりしちゃいけないんだろうけど)、あっという間でした。
「木村長門守」は、出てくるのは武将ばかり(笑)という歴史劇。大坂冬の陣後の、徳川と豊臣の和平交渉を描いたものです。
武骨な鎧姿ばかりで眠くなるかと思いきや、我當さん演じる長門守の気性の凛々しさ、左団次さんの徳川家康の職人技級の巧さにどんどん引き込まれ、少しも飽きずに見ることができました。
もちろん、大好きな進之介さんの血気盛んな若者ぶりもじっくり楽しめました
「先代萩」は、今回の演目の中で一番楽しみにしていた名作。
立女形の最高峰ともいえる乳母・政岡を藤十郎さんが演じるので、ぜひ見たいと思ってました。
いやーほんと素晴らしかった!幼い殿を守るために目の前で我が子が殺されてしまうんですが、殿への忠義と敵の眼前であることを慮って涙を流さず務めを果たそうとする姿、敵がいなくなってから子供を抱えて号泣する姿に思わず涙してしまいました。
子供を殺す奥女中・八汐は仁左衛門さん。もう、ほんまにワルい女で、殺した後もニヤリと笑みを浮かべて去って行きます。
この後、御家騒動を解決するための場面があるんですが、菊五郎さんの二枚目ぶり、愛之助さんのすがすがしさ、そして左団次さんの巧さに感動しました。
仁左衛門さんはこの場面では八汐の兄で事件の黒幕の仁木弾正。兄妹の役を一人でやっているんですよ!すごいですねー。
左団次さんとの立ち回りがすごくて、年齢を感じさせないところに感動しました。

前のブログで書いたとおり、今回もSOU・SOUの浴衣を着物風に着て行きました。
帯は黄色の夏博多をお太鼓にしてます(ヘチマスポンジでお太鼓枕作りました!ちょっとは涼しい気が…)。
やっぱり長襦袢を着ると全体的にピシッとなりますね。暑いけど。
7.19の着物
私は三階席でしたが、若い人が多くて、しかも着物の人も多く、とても嬉しく思いました。
みんな素敵だったので、できれば着物着てる人のそばに行ってコーディネートの勉強をしたかった…(笑)。
たとえ天井桟敷の住人であっても「お洒落を楽しみつつ歌舞伎を見る」という晴れやかな気持ちは忘れないようにしたいなと思いました。
スポンサーサイト
  
コメント

そんなにお着物の方が多いんだ~。
さすが歌舞伎だわ。(*^_^*)
でも、暑かっただろうね。
今回の浴衣姿も粋だよ~(^O^)
mimi│URL│07.22. 22:51 [ 編集]

劇場に入った瞬間に着物姿が見えて、「あー、歌舞伎を見に来たんだ!」と気分が盛り上がりました。
一階席は絽や紗に袋帯で正式に、三階席は浴衣を着物風に着たり夏紬だったりで、カジュアルな感じだったよ。
二階席はどうだったのか、見えなくて残念…。
ささ│URL│07.22. 23:18 [ 編集]
こんにちは♪
いぃですねー!松竹座っ!!
いつか関東を脱出して歌舞伎を観たいと企んでいる私です(笑)
孝太郎さんの静御前、美しかったんだろうなー(*^▽^*) 想像だけでも心が躍りますよ
お着物のコーディネート、博多帯の黄色が効いてて
猛暑でぼーっとしている頭がキリッと冴えてきそうっ!!
あーん(>_<")、黄色の帯持ってたら絶対盗みたいコーディネートです(*^▽^*) 素敵っ!!
ヘチマスポンジの帯枕、実践されたのですね♪
やっぱり涼しいんですねー
さささんのアイディアって、凄いですっ
志乃│URL│07.23. 11:07 [ 編集]

私は逆に、歌舞伎といえば南座か松竹座しか知らないので、いつか歌舞伎座に行ってみたいと思ってます。なんか「殿堂」って気がするので(笑)。
松竹座はレトロモダンな外装、南座は歌舞伎発祥の地らしく伝統ある雰囲気です。近くに阿国像があるのもポイント♪
コーディネート褒めていただいてありがとうございます。「ザ・浴衣」って感じの色合いですね(笑)。
この黄色の帯は母のなんですが、博多帯はやっぱり締めやすくていいですね。
ヘチマスポンジは、新聞か雑誌で芸妓さんが「へちまどす」と言っていたのを思い出して(笑)作ってみました。お茶の時に話したら、同じ教室の子達も「作ってみる」って言ってました。
ささ│URL│07.23. 20:21 [ 編集]
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://myhouse.blog5.fc2.com/tb.php/237-82ce2c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)