鼻煙壺と中之島プチ散策
なんかしんどくて、書くのが遅れてしまいましたが、土曜日に大阪・中之島の東洋陶磁美術館で「鼻煙壺(びえんこ)1000展」を見てきました。
鼻煙壺とは、嗅ぎタバコ(タバコの葉の粉末に香料などを入れ、香りをかぐもの)入れのこと。
ヨーロッパから中国に嗅ぎタバコが伝わった当初、嗅ぎタバコ入れは箱型だったそうですが、中国の気候に合わせて壺型になり、材質も陶磁器、ガラス、宝玉など様々なもので作り、そこに絵や細工が施されるようになったそうです。美しく豪華な鼻煙壺を持っていることは王侯貴族のステータスだったそうです。
実際、驚いてしまうほど手の込んだ細工が多く、それだけで立派なひとつの芸術作品でした!
7~8センチにも満たない鼻煙壺に、精巧な彫刻が施されていたり、ガラス器の口から細い筆を入れて内側から絵や文字を描いたりで、本当にすごかったです。
すぐれた芸術作品に圧倒されるあまりに気分が悪くなったり倒れたりすることを「スタンダール・シンドローム」というそうですが、私もちょっとしんどくなってしまうくらいでした(笑)。中国の芸術は密度が濃いですねー。

では、ここで、今回散策した場所をご紹介しましょう。
まずは、中之島といえば、やっぱり中之島公会堂。
中之島公会堂
今回のランチは、この一階にある「中之島倶楽部」で名物のオムライスをいただきました。
オムライス
丁寧に作っている上品な味。しかも、これで680円!リーズナブルなお値段です。
見た目は多そうに見えないんですが、けっこうお腹がいっぱいになります。

そうそう、中之島公会堂へ行く手前に、この前、歌舞伎で見た「木村長門守」の石碑がありました。
木村長門守表忠碑
やはり大阪。松竹座の七月大歌舞伎も大阪にちなんだ演目だったんですね(^^)
ちなみに、ここは今、地下鉄の工事中なんです。秋に中之島線が開通します。

地下鉄北浜駅を上がったところ、難波橋の上から水上バスが見えました!この先、中之島の端っこあたりで折り返すそうです。
水上バス
難波橋を渡ったところには、大阪証券取引所があります。
証券取引所
昔の証券取引所の建物も知っているんですが、今の新しい建物とよく似た形です。
材質が新しくなっても、円形に柱が立っている形(写真)を、そのまま残してくれてよかったと思います。
この向かいにある「北浜レトロ」はブログでも何度か紹介しましたが、重要文化財にもなっている、ビクトリア調の美しいカフェです。
今回はお茶しませんでしたが、紅茶を買ってきました。
さらに少し南にいくと、「五感」というスイーツのお店があります。
五感
この建物も明治の建築でとても素敵です。
ここで焼き菓子を買って家で食べたんですが、すごくおいしかった!
今度、中之島に行くときは、このお店でお茶してみたいなと思ってます。
スポンサーサイト
  
コメント

暑い中中之島を散策したのね。
最近行ってないなぁ。
このオムライス、昔食べたことあるよ。(^-^)
mimi│URL│08.09. 22:03 [ 編集]

私も一年ぶりくらいだよー。
大阪ってにぎやかなイメージがあるけど、中之島は静かで落ち着いてていいよね。
中之島倶楽部でオムライス以外にも食べてみたいなあ…。
ささ│URL│08.10. 09:45 [ 編集]

実は、この辺で働いてるのです。
GOKANのカフェは、かなり人気ですよ。ケーキも美味しいです。
ちゃん│URL│08.11. 14:39 [ 編集]

おお、ちゃんさんの職場の近くでしたか!
私が五感に入った時もティールームが満員で、大勢で来たお客さんが困ってました。
いろんなお菓子を売っているので、お持ち帰りで楽しむのも良いかも。
ささ│URL│08.11. 18:58 [ 編集]
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://myhouse.blog5.fc2.com/tb.php/241-1d892c4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)