周回遅れ日記 二日連続着物の日再び
長らくご無沙汰していてすみませんでしたm(_ _)m
なんだか忙しくて書くのが遅れてしまいましたが、先週の土・日はまたまた二日連続着物の日になりました。
まずは土曜日。
宝塚大劇場に宙組公演を見に行きました。
現代物でちょっとポップな感覚のお芝居に合わせて、ピンクの紬&赤の帯、水玉スカーフといういでたち(後で母から派手だといわれました(笑))。髪型は、普通のシニヨンではなく、両サイドをおさげ風に下ろしてました。
この日はまだ9月だったので単です。
9.27のよそおい

スカーフは正方形だし、つるつる滑る素材なので、帯枕に乗せるのに一苦労。帰ってきたら後ろのあたりが三角に垂れ下がっていて、なんとも情けない風情(^^;)帯の中に隠れてるんで、横から見ない限り大丈夫だと思うんですが、やっぱ見えてただろーな(汗)。
それはさておき、実は今回、初めての帯留めに挑戦しました。
トンボ玉の帯留め
以前から、最初の帯締めはトンボ玉がいいなと思って探していたんですが、夏にセール品をゲット!基本は夏物なのかもしれませんが、白だからいつでもいけるかな。
水色の市松模様の三分紐は、京都で買ったものです。欲しいのがなかなか見つからなくて、清水の舞台から飛び降りる気持ちでちょっと老舗っぽい店に飛び込んだんですが、意外にお安いものが見つかってラッキーでした。

翌日の28日は、奈良・西大寺のお茶会。
西大寺
西大寺は大茶盛が有名ですが、今回は普通のお茶席でした。
去年、うちの教室でもお茶会をやってすごく勉強になりましたが、お客さんとして出てみると、まだまだ勉強することだらけ!やっぱり、芸術は一生勉強ですね~。
この日は新品のブルーグレーの江戸小紋(単です)に、土曜日と同じ赤の帯、ピンクの帯締め&帯揚げでした。
西大寺お茶会
以前からずっと「単の柔か物が欲しい!」と言っていて、ボーナスで買おうかなと思っていたら、父が退職金で買ってくれました。
帯は名古屋帯だったのですが、先生からはもっと格の高い帯のほうが良いとのアドバイス。
今日、お茶とお花のお稽古に行って聞いたら、綴の帯は袷にも単にもOKとのことなんで、次着るときは家にある綴帯にします。
あとは、もうちょっと裾を長めに着たほうがよさそうですね。
お茶だけじゃなく、着物の着方も一生勉強ですね~。
スポンサーサイト