てくてく明日香
25日(土)に、石川県の友達Sちゃんが来たので、二人で明日香に行ってきました。
Sちゃんは明日香は初めて、私は15年ぶりくらい…。
まずは、甘樫丘へ。川原展望台にのぼって畝傍山を眺めてきました。
甘樫の丘から畝傍山をのぞむ
奥のほうに見えるのは二上山です。
畝傍山って見る方向によって全然形が違いますね~。
Sちゃんは、住宅街の真ん中にいきなり山があるのが不思議だと思ったそうです。
そう言われればそうかも。見慣れてると、意外にそういうとこに気がつかないんですよね。
甘樫丘にあるもう一つの展望台(甘樫丘展望台)に行こうと思ったら、すれ違った方から「マムシがいる」とのお話が…
怖くなったんでスタコラ退散。命は惜しいですからね~。

続いて、飛鳥寺へ。
飛鳥寺
ここは子供の頃、家族で来たことがあったんですが、中に入るのは初めて(とーちゃん、かーちゃん、拝観料ケチったか…)。
現存する日本最古の仏像といわれる「飛鳥大仏」とのご対面を果たしてきました。
さすがに大仏様だけあって、想像してたよりずっと大きかった!
お寺の中ではちょうど説明が始まったところだったので、詳しく聞けてラッキーでした。
飛鳥大仏は撮影自由。説明してくださった方にも「どうぞ、前まで行って撮ってください」と勧めていただきました。
おかげで、きれいに撮れて嬉しかったです♪
飛鳥大仏

その後、昼食と見学を兼ねて「万葉文化館」へ行きました。
まずはお昼ご飯。文化館内にある、先日新装オープンしたカフェ「ICHIE」でいただきました。
Sちゃんは日替わりランチ、私はざるそばセット。
吉野葛入り蕎麦
この蕎麦は吉野葛入りで、食感がもっちりしててすごーくおいしかったです!
以前、奈良で葛入りうどんを食べましたが、蕎麦もおいしいですね。
昼食後、館内を見学。今回は時間もないので常設展のみ見てきました。
常設展は万葉集の中の歌をモチーフにした絵画と、古代を再現した広場を廻ってタッチパネルでクイズに答えたり映像を見たり音楽を聞いたりするコーナー。
なかなか新鮮で面白く、他の博物館にはなかなかない遊び心があったと思います。
ミュージアムショップも可愛いものがたくさん売っていて、ついつい長居してしまいました。
万葉文化館見学の後は、2001年に発見された坂船石遺跡・亀形石造物を見てきました。
これは、文化館に行く道路を作るときに発見されたそうです。
発見されたときからずっと見たいと思っていた遺跡に行くことができて、感無量です!
亀形石造物
ボランティアガイドの方の説明によると、これは斉明天皇時代のもので、この場所に水が湧いていて、その水を儀式(禊など)に使う場としてこの石造物が作られたのでは?ということでした。
ここにあるものは水の湧く場所の石だけがレプリカで、あとはすべて当時のままの石などが置かれているそうです。
この薄いレンガ色の石も1300年ほど前のものだそうです。
亀形石造物周囲
ずーっと変わらずそこにあったのかと思うと、なんだかドキドキしてきます。
すぐ横の山にも行ってきました。
この山はなんと人工の山!石造物と同じ時代のものですが、なぜ作られたのか、はっきりした事は分かっていません。
こちらも、こんな石を並べ突き固めて作られています。
坂船石遺跡
その山の中にあるのが坂船石。
坂船石
お酒を造るときに使ったとか、噴水の一部だとかいう説がありますが、これも本当はなんなのか分かりません。ミステリアス明日香(笑)。
山を降りたあとは、板葺宮へ行きましたが、なんだか人だかりが…。
チェ・ジウさん主演の韓国ドラマ「スターの恋人」の撮影中だそうです。
生チェ・ジウが少し見れたのはいいんですが、ずっと撮影が続いていて遺跡が見れず、ちょっと残念…。見たかったなあ。
そして、最後は石舞台古墳へ。
石舞台古墳
子供の頃はタダで入れたんですが、今は入場料が要ります。
周囲の環境も整備されていて、それはそれで良いんですが、昔の「野ざらし」って感じのほうが親しみが持てた気がしました(ちなみに、今は絶対してはいけないことですが、父が子供の頃は石に乗って遊んでいたそうです)。
石舞台は中の石室に入れるようになっています。
中から見上げると、木漏れ日のようにわずかな光が見えます。
石舞台古墳2
ここに眠っていたのは、本当に蘇我馬子なのでしょうか。気になります。
石舞台近くのお店で、明日香の特産品等を買い(私はアスカルビー(イチゴの種類)のジャムを買いました)、バスに乗って橿原神宮前の駅へ戻りました。
途中、甘樫丘からは見えにくかった天の香具山も見えました。あんまり山っぽくない山だけどね…(笑)。
この日はSちゃんも私の家に宿泊。
お好み焼きを食べたり、ドラマを見たり、ヅカ友なので宝塚のビデオを見たり、とっても楽しかったです!
次の日は京都に行きました。
それはまた、後ほどレポしますので待っててね。
スポンサーサイト