寿初春大歌舞伎
土曜日に松竹座で「寿初春大歌舞伎」昼の部を見てきました。
演目もお正月らしく、華やかな物が3つと厳粛な物が1つで盛りだくさん。
(私は見てないんですが、夜の部は通し狂言で、また全然違った味わいがあると思います。)

まずは「義経千本桜」より「鳥居前」。
「千本桜」はとても興味のある演目で、できれば通しで一度見たいと思っていたんですが(ほんとに通しでやったらスゴイ長いだろうけど)、今回ちょっとだけでも見れてよかったです。(説明はコチラのサイトをどうぞ)
愛之助さん義経のかっこいいこと!本当に綺麗。
主人公・忠信(実は源九郎狐)は翫雀さん。こちらも男らしくてかっこいいわん。
面白いのは薪車さんの弁慶。めちゃめちゃいかつい風貌なのに、義経に怒られて大泣き(笑)。客席は大笑いでした。
松之助さん演じる面白い悪役・藤太&手下たちのやりとりにも爆笑!
静御前の孝太郎さんは可愛らしかったです。
忠信は実は狐なので、「狐六方」という引っ込み方をするんですが、今回は客席の関係であまり花道が見えなくてちょっと淋しかった…。
節約のためにいつも三階なんですが(笑)、もうちょっと下手寄りのがよかったなあ。

次は「良弁杉由来」。
実はこれが一番見たかった演目で、子供の頃、鷲にさらわれて東大寺二月堂の杉の下に落ち、後に東大寺の高僧になった良弁が生き別れの母との再会を果たすという涙・涙の物語です。
幕が開くと同時に、お香の香りが!この香りでお寺らしさを演出しているようです。すごい!
ものすごく静かな演目で、他の僧役の人たちも舞台上で正座。
しかし、その静けさがあるからこそ、良弁と渚の方が親子だと分かるときの場面の感動がすごく大きかったです。

三本目は「廓文章」。
遊女・夕霧と勘当された若旦那・伊左衛門の物語です。
遊女と廓通いで落ちぶれた若旦那というと最後に亡くなってしまう作品が多いですが、これは珍しくハッピーエンドの明るい作品。
扇雀さんの飄々とした伊左衛門がとても面白くて愛らしく、笑いを誘います。歩き方も若旦那らしくナヨナヨしてはります(笑)。
藤十郎さんの夕霧も、とても可愛らしかったです。
冷静に考えると「藤十郎さんって、扇雀さんのお父さん…なんだよね?」となってしまいますが(笑)、舞台では可愛い二人でほのぼのしてしまいます。

最後は「お祭り」。
仁左衛門さんかっこいいーー!!粋です。でもちょっとおちゃめ(笑)。
孝太郎さんの芸者も綺麗。私的には、静御前よりもこっちのが好みですね。あだっぽい仕草が似合います。
「お祭り」は、レビューのようにストーリーのある舞踊なんで、気軽な気分で楽しく見ることができました。

来月も松竹座で歌舞伎があるんですが、経済的なことを考えてパス(残念だ…)。
そのかわり5月の南座は行きたいな~。
スポンサーサイト