早朝花見
日曜に奈良公園でお花見してきました。
桜の時期はすごく混むんですが、早朝ならまだすいてるかな…と思い、朝8時に奈良に到着。
奈良駅に下りるなり、せんとくんと会いました(笑)。

奈良駅前

1300年祭の頃には着ぐるみせんとくんがウロウロしとったりして(怖)。
そのまま、興福寺のほうへ歩いていったんですが、やっぱり朝はすいてるな~。
横を見ると、花の下に鹿が一匹。絵になる光景です。

興福寺前

まず訪れた桜スポットは氷室神社。
樹齢100年あまりの枝垂桜が見事です。

氷室神社・しだれ桜

桜の下にはカメラマンがズラリ!みんな一眼レフで撮ってたりするので、ふつーのデジカメ&携帯で撮ってる私はかなり場違いな雰囲気
そそくさと退散して浮見堂へ向かいました。
途中で見たアセビも今が花ざかりです。

アセビ

そして今回メインの浮見堂。

浮見堂

浮見堂2

満開とまではいきませんが、確実に七分程度は咲いていて、とても綺麗!
子供の頃、奈良公園にお花見に行ったものの超満員で浮見堂までたどり着けず、残念に思っていたんですが、約20年ぶりに雪辱を晴らすことができました(笑)。
そして、「鹿男あをによし」でもよく出てきた飛火野へ。

飛火野

ここ飛火野は大きな桜がどっしりと咲いていて、この下でお弁当を食べたりできるのが魅力です。
ただし、鹿&鹿のフンにはじゅうぶんに注意してください。私の友人はシャツの裾を鹿に食べられました。
飛火野の横の道路は「鹿の飛び出し注意」の看板がいっぱいです。

鹿標識

丸いほうは反射板なので、夜も鹿の絵が見えるんでしょうね。
ここから、もと来た道を引き返し、旧産業物産館前の枝垂桜も鑑賞しました。

旧産業物産館前

この建物は和風と洋風とイスラム風が融合した珍しいもの。
燈花会の時も見たんですが、夜、ライトアップされた姿も幻想的でいいですよ~。
そこからまっすぐ歩くと、春日大社の一の鳥居に出ます。

春日大社・一の鳥居

このあたりも少し桜があるのですが、花と葉(赤紫っぽい色の葉)が一緒に出ていたんで、たぶん山桜だと思います。
染井吉野のような華やかさには欠けますが、自然で清楚な感じがこの参道に合っています。

あとは興福寺でちょっとウロウロし、もちいどの商店街の中の手拭い店「朱鳥」が10時に開くのを待って、母の誕生日プレゼントを買い、駅前で柿の葉寿司を買って家に帰りました(この時点でまだ10時30分!)。
帰りの電車は、先日から走り始めた三宮行き!
阪神なんば線ができて、近鉄と乗り入れしています。

電車

乗る前に、お客さんがいっぱい降りてくるのを見て、神戸と奈良は近くなったなーと実感。
みなさん、せんとくんに会いに(笑)どんどん奈良へお越しくださいね。
地元民として歓迎いたします!
スポンサーサイト