鴨川ホルモー
昨日、映画の日に「鴨川ホルモー」見てきました。
もう一回見たいくらい面白かった!!
「鹿男あをによし」の万城目学さんの原作で、四神や式神(オニ)など、古代史的な独特の世界観は好き嫌いが分かれるかと思いますが、神様への奉納の舞がなぜか「レナウン娘」だったり、オニにレーズンをあげると元気になったりと、キッチュでハチャメチャ、でもとっても可愛いコメディでした

オール京都ロケというのも魅力の一つ。ほとんどの場所に行ったことがあるので懐かしかったです。
とくに、ついこの間行った金戒光明寺がクライマックスシーンでびっくり!
京都の好きな方にも楽しめる作品だと思います。

キャストも個性派揃い。
山田孝之くん・濱田岳くんを中心に、石橋蓮司さん、荒川良々さん、栗山千明さん、芦名星さん、石田卓也くん、斉藤祥太くん、斉藤慶太くん、それに、パパイヤ鈴木さんまで!
これでハチャメチャにならないはずがない(笑)。
しかも、「ゲロンチョリー!」や「アイギュウ・ピッピキピー!」等、奇妙なオニ語&ポーズが満載(ポーズはパパイヤさん振付)。これらを真剣な表情で演じる若手陣が笑いを誘います。←でも、いつのまにかこっちも真剣に見入っちゃってるんですよね。
CGのオニも可愛くて、ホルモーに負けて死んじゃったりすると可哀想になるくらいでした。

かなり気に入ったので、原作も読もうと思います。
あ、それから公式サイト(こちら)も見どころいっぱいで面白いですよ。

P・S 実はそれぞれの役の名前も、歴史や陰陽師が好きな方なら思わずニヤリとさせられる名前なんですが、話すと長くなる(かつ、オタクっぽくなる)ので、興味のある方は調べてみて下さい。
スポンサーサイト