千家十職×みんぱく
昨日、茶道・華道の仲間と一緒に国立民族学博物館の「千家十職×みんぱく」展に行ってきました(内容はコチラ)。
これはなかなか実験的なイベントで、千家十職(安土桃山~江戸時代以来、茶道具作りを専門とする十家)の名工が、民族学博物館に所蔵されている世界各地のさまざまな品物にヒントを得て新しい道具を作り、それを作業のテーマ別(「叩く」「削る」「塗る」など)に展示するというものです。
最初は分かりやすいように各家の歴代の名品を展示。
歴史的価値のあるものが多く、素晴らしい道具をじかに見ることができて良かったです。
次に千家十職が選んだみんぱくの所蔵品と十職の作品とのコラボレーション。さらにそれを発展させたテーマ別の展示、と世界がだんだん広がっていきます。
世界にはいろんな道具があるんだなーと感心する一方、それらの道具を茶道具に「見立て」し、柔軟な発想で伝統の中に組み込んでいく十職の技に感心しました。
海外旅行した時に陶器や木でできた小物入れを買って、それを香合(お香を入れるもの)として使ったりすることは私たちでもありますし、伝統的にも「唐物」と言って舶来の貴重な品物を茶道具として大切に取り扱うお点前もあります。でも、ここまで大胆なコラボは初めて見ました。
常設展は時間の都合で見られなかったんですが、またいつか行って見たいと思います。

万博公園はバラが満開!
あまりきれいには撮れませんでしたが、2枚ばかり写真をどうぞ。

バラ1

バラ2

P・S みんぱくに行く途中、千里中央で玉木宏さんの新曲イベント(握手会)に遭遇!
整理券を持ってないので握手はできませんでしたが、生で玉木くんを見ることができました。やっぱ細いわー!髪形を変えて前より若くなった感じがします。
それにしてもすごい混雑だったなー。司会者さんの読み上げる整理番号も1000番台とか、すごい数字だったし。

P・Sその2 Sちゃんに引き続き、Aちゃんも結婚決定。おめでとー!!
でも、私はまだ後には続けないと思う(笑)。 
スポンサーサイト