カラーセラピスト養成5回目&アートセラピー3回目
カラーセラピスト養成講座もラスト2!本当に早いです。
今回はモデルを使ってのカラーセラピー実践。
モデルさんは学校見学に来られた方でした。
初対面の方のリーディングは初めてで3人とも緊張!
もう少しスムーズにやらないとなー、説明に終始せず、もっといろんなお話を引き出せばよかったなー…と猛反省でした。
残った時間でもう一度リーディングさせてもらったときは、なんとか上手く行ってアドバイスもすることができました。セラピー(療法)なんだから、アドバイスできないと単に占いみたいになっちゃうからねー…。
この日は学校が終わってから友達二人と会ったので、友達にもセラピーの練習をさせてもらいました。
心臓ハクハクしてて的確なアドバイスができたかどうか…
来週は試験で、今、色の意味を覚える勉強をしているので、ちゃんと覚えたらもう一度セラピーさせてね。

翌日はアートセラピー3回目。
今回も、意味の深い絵を読み解く授業でした。
過去の受講生の方の絵も見せてもらい、同じテーマの絵でもこんなに違うものかと驚きました。
一つの絵でその方の心のすべてが分かるというわけではありませんが、悲しみや悩みや苦しみが現われている絵を読み解いて、アドバイスできるようになりたいです。
カラーセラピー、アートセラピーの両面から診断してアドバイスするとより的確かも。
この日も同じ受講生の方にカラーセラピーの練習をさせてもらいました。
カラーセラピーとアートセラピーの先生は同じ方なんですが、だいぶ良くなったと言っていただきました
あとは、もう少し私自身の緊張を解かなければなーと思ってます。
セラピストが緊張してたら向こうも緊張しちゃうもんねー。
スポンサーサイト