おと・な・り
昨日、京都で映画「おと・な・り」を見てきました。
ストーリー展開は、まあ、絵空事かなって思うけど、30代前半の独身男女のリアルな感情が見事に描かれてると思いました。
主人公は二人とも私とほぼ同年代で(年がバレるよ)、「超氷河期」「ロストジェネレーション」と憐れまれたり「モラトリアム」と呆れられたりする世代。
自分たち自身でも「モラトリアムだよな」と自嘲してみたり、もっと普通に結婚したりして生きていくべきなのかなあ…と迷ったり、でも自分は自分なんだから人と同じでなくてもかまわない…と思い直してみたり、いかにも私たちの世代らしい感情が端々に見えます。
聡(岡田准一くん)も七緒(麻生久美子さん)も、夢を追いながら現実も受け止め、でもこれでいいのかな?と一人でひそかに悩み、いろんな人に囲まれていても心の中に孤独な部分を抱えている。
その孤独さを埋めているのが、隣同士の二人の部屋の「音」なんですよね。
お互いに遠慮や照れや気まずさもあって、顔も知らずに暮らしているけど、お互いの存在を伝える「音」が無意識のうちに心の支えになっている…。
そんな儚いような、でも暖かいような関係がとても良くて、最初に書いた「絵空事」な部分はあるけど、終わりが近づくにつれて「二人とも、お願いだから早く気づいてくれぇぇ~!」と真剣に願ってしまいました(笑)。
ネタバレかもしれないんで白色で書きますが(読みたい人は下の行からリロードして見てね)、
ラストの声だけのシーン、二人の会話がとっても可愛くて、あの時点では恋人なのかまだ恋人じゃないのか分からないけど(まあたぶん恋人になったんだろう)、幸せそうで良かった…!と笑顔になりました。
ひょっとして、二人は留学と海外での撮影を終えて、あのアパートに戻って来てる?そうだったらいいな~。


聡がカメラマンを務めているモデルのシンゴ(池内博之くん)も同世代。実際に出てくるのは後半だけなんですが、写真の中にシンゴの迷いや心の揺らぎ等が繊細に映し出されていて、一瞬の表情だけでもいい芝居ができる人なんだなーと感心しました。
もう一人の同世代、コンビニ店員の氷室(岡田義徳くん)。彼はまあ、ちょっとトンデモなところがあるんですが、なぜか憎みきれない。「あー、コイツも追い詰められてるんだな…」と思ってしまいます。岡田くんがまた巧いんだ。

他、「魔王」でもいい芝居を見せてくれていた清水優くん(「優」と書いて「ゆたか」と読みます)の、純情で心優しくて不器用な山賀くん役に涙…。可哀想すぎるよー。
谷村美月さんは、シンゴの恋人の茜。「メイちゃんの執事」の多美を髣髴とさせるようなお騒がせキャラ。でも、不安だからああいう振る舞いしかできないんだよね。
聡も茜も、シンゴと共依存関係なところがあって、大丈夫かなあと思ったりするんですが、最後はいい形になって良かった。
もう一人、モデル事務所のスタッフ・由香里役の市川実日子さんが芯のある役どころで素敵でした。
聡が無意識のうちに隣の七緒に惹かれていることに気づいてるのは由香里だけなんですよね。

感情はリアルだけど嫌にならない、むしろ見終わった後に優しさが漂うような作品なので、アラサー(とくに30代前半)世代独身者で迷ったり悩んだりしている方々にはオススメです。


P・S ものすごく関係ない話だけど、麻生さんと市川さんは二人とも「おりょうさん」やってたよね(麻生さん…「新選組!」、市川さん…「篤姫」)。麻生さんの酔いつぶれてるおりょうさん、可愛かったんでよく覚えてます。市川さんは龍馬のことを「旦那さん」と呼ぶのが可愛かった。
スポンサーサイト