TAJOMARU
ここでも何回か話題にしている「TAJOMARU」を、ついに昨日見ることができました!
一部「ありえへん」と思うようなとこもありましたが(笑)、なかなか素敵。
あらすじを読む限りでは、原作の「藪の中」的なところはちょっとしか出て来なくて、ただモチーフになるだけかと思ってたんですが、本編を見ると、けっこう最後のほうまで謎を引っぱってて、やはり「原作:藪の中」なのだなと。
そして、思ったよりもラブストーリーでした。阿古に対する直光の愛、直光に対する阿古の愛がしっかり描かれています。
小栗旬くん扮する直光(多襄丸)の「愛しているんだ」ってセリフに、けっこうグッときちゃいました。
小栗くんは「天地人」で石田三成をやってますが、時代劇は何回かやっているので、それにふさわしい存在の仕方を身につけてるなーと感心しました。
阿古姫を演じた柴本さんは「鹿男あをによし」を見てからお気に入りの女優さんの一人なんですが、すばらしい表情の変化で難役を演じきっていたと思います。
注目の田中圭くんは、直光を裏切り策謀の中に陥れる家来・桜丸。でも裏では室町幕府将軍・義政が糸を引いていて…という役どころでした。
子供時代がけっこう描かれているので、桜丸の気持ちもすごくよく分かります。おそらく、義政の男色の相手に選ばれなかったら彼はこうなっていないんだろうな。
圭くんは童顔で少し子供っぽく見えるという欠点はありますが、終始冷たい眼をして、暗い屈折した気持ちを精いっぱい表していたと思います。
それにしても、桜丸ってば、すごい剣の遣い手だな!圭くん、殺陣も時代劇も初めてらしいんですが、すごい迫力でびっくりしました。
あとは、ベテランの先輩方や小栗君たち、スタッフさんたちから時代劇のたたずまいみたいなものをきっと学べたと思うので、またそれを生かすような役が見たいです。
そして、やはりこの作品に欠かせないのはベテラン勢の皆さん!とくに、松方さん、ショーケンさんの存在を抜きにしてこの「TAJOMARU」は語れません。
ベースにある時代背景までしっかり感じさせてくれる映画になったのはお二人の功績だと思います。
ほか、やべきょうすけさん率いる盗賊軍団もすごくよかった。
やべさんは、ある舞台に出ているのをヅカファンブログをやっている方が観劇されて「良い役者」と書かれていたので、どんな演技をするのかと期待していたんですが、ほんとによかった。ごく自然に盗賊・道兼(どうけん)になっている!
あと、盗賊の手下・鷹に扮した須賀貴匡さんは「天地人」で宇喜多秀家を演じているので初めて見たときは「宇喜多どの!」と驚いてしまいました(笑)。
「魔王」に出ていた竹内寿くんも、セリフはありませんが可愛らしい小姓役で出演しています。
そしてもう一つ、奈良の曽爾高原でもロケを行ったようです。
エンドロールを見ていて「曽爾高原」の文字が出てきたのでビックリ!思い返してみると「あのシーンかな?」と思うところがいくつかありました。いつ来てたんだろう?
スポンサーサイト