キラー・ヴァージンロード
昨日、映画「キラー・ヴァージンロード」を見てきました。
この映画は、俳優の岸谷五朗さんの初監督作品。上野樹理さん、木村佳乃さん他の出演です。田中圭くんも出ています。
最初のあたりは「うわ、ブラック」と思ったんですが、話が進むにつれて、芸の細かいコメディシーンの応酬に笑いっぱなし。そして、ちょっぴり涙も(というか、そのシーンは号泣です)…という作品でした。
岸谷さんはミュージカル大好きで、この作品も最初のほうに「シカゴ」ばりのミュージカルシーンがあります。ただ、ほんの少しだったので、もし次にメガホンを取られるなら、MGMやインド映画のような全編ミュージカル映画に挑戦していただきたいです。
普段テレビでよく見る若い演技派女優二人、上野さん・木村さんのかみ合わないようなそうでもないようなコンビぶりが面白い!とくに木村佳乃さんには観客をストーリーにグイグイ引っぱっていく力を感じました。
「えええー!!」と思ったのはMAKIDAIこと眞木大輔さん。EXILEでのかっこいい姿しか知らなかったので、終盤の演技には、ただただびっくりです。
寺脇康文さんも、「相棒」でのイメージだけで見に行くと大変な目に遭うと思います(笑)。
圭くんは警官の利根川という役。春に「子育てプレイ」で山本という役をやってたんですが、それを髣髴とさせるテンションの高い演技で、はっちゃけてて面白かったです。
たぶん、何も知らずに「TAJOMARU」と両方見る人がいたら、そのギャップにすごくびっくりするはずです。
それにしても利根川くん、一晩中、自転車であんな森の中を走ってて、しかも顔に猪が激突!って、普通生きて帰れないよ(笑)。
暴走族のリーダー役の中尾明慶くんもすごく面白かった。ガンを飛ばしながら「ふざけんじゃねーぞ、コラァ!!」って出てくるのに、その後のギャップがおかしすぎる。しかもそれが何度もあります。
余談ですが、中尾くんはうちの従弟にすごく似ている…(笑)。
あと、圭くん同様「チーム魔王」の一員である、東根作寿英さんがすごかった!今までのイメージになさすぎる役だ(笑)。
そして、ヅカファンの私としてはとても嬉しいことに、元タカラジェンヌの祐輝薫さんと蘭花レアさんが出演しています。二人ともけっこう目立つところにいます。私、この二人の現役の頃、舞台で何度も見てるんだよねーと思うと、何だか不思議な感じでした。
最初は映画ならではの迫力と、ちょっとギャグちっくな展開に、「テレビで放映されたら嘘くさくなってしまうかな」と思ったんですが、一番最後まで見ると、ぜひいつかテレビで放映してほしいと思うようになってました。それくらい楽しい映画なので、テレビ放送も待ってます。
スポンサーサイト