美しきアジアの玉手箱
日曜日に神戸市立博物館で「美しきアジアの玉手箱」展に行ってきました。
これはシアトル美術館所蔵の日本美術・東洋美術コレクションを展示したもので、俵屋宗達・画&本阿弥光悦・筆の鹿下絵和歌巻(しかしたえわかかん)という巻物をはじめ、古代~近代に至る逸品が揃っています。
鎌倉時代の仏像や、葛飾北斎の美人画、中国・韓国の陶芸品などが印象に残りました。
それにしても、こんなにいっぱいアメリカに流れてるのね。
一緒に歴史を勉強していた大学の時の友達と行ったので、二人で巻物に書かれた字を読んだりしてたんですが、ある程度は読めても、達筆すぎるのは読めませんでした(+ +)本阿弥光悦の字なんてホント達筆だよ~。

久々に神戸に行ったので、おいしいパンを買って帰りました。
神戸はいろんなおしゃれなものやおいしいものがあるので、また行きたいな。
何か良い展覧会があったら行こうかな。
スポンサーサイト