ハッピーエンド!
ドラマ「おひとりさま」も昨日最終回を迎えました。
切なくてもどかしい里美と真一の恋愛も思わぬ形でハッピーエンド!
でも遠距離恋愛で「恋人がいてもいなくてもおひとりさま」…って面白いな(笑)。いかにも里美らしいね。
そして、私はなぜだか「これが21世紀の男女の生き方だ!」と興奮(笑)。
女性が10歳年上でも、お互いの仕事の都合で一緒にいられなくても、自分達の心がしっかりしてれば恋に問題はない。
これからは「形」の時代ではなく「心」の時代なんじゃないかと思わせてくれる終わり方でした。
いろいろ引っ掻き回してくれた「クリオネ女子」君香も、博之とくっついてハッピーエンド。
この二人もエリート教師のお嬢様とフリーターの格差恋愛ですが、やっぱり、自分達の心がしっかりしてれば(略)。
博之は恋に目覚めたことでしっかり身を立てていこうと努力するようになったし、いい男になったね。
それにしても、「クリオネ女子」って言葉は初めて聞いたけど、めっちゃコワイよ~(笑)。
校長先生も真一の成長を見守る…って形になったし、これも一つの答えとして納得できました。
登場人物みんなが少しずつ成長したからこそ迎えられるハッピーエンドで後味良かったです。
でも、これもまたスペシャル版があればいいな~(笑)。
今期は「サムライ・ハイスクール」「おひとりさま」と、とても愛着を覚える登場人物がいっぱいで楽しかったです。
また会えるかな…。
スポンサーサイト