初釜
昨日、お茶の初釜に行ってきました。
掛け軸
お軸は「松寿千年翠(しょうじゅせんねんのみどり)」、お花は結び柳と有楽椿(うらくつばき)です。
棚飾り
…すみません、お棚の名前忘れました
今度お稽古に行った時に聞いておきます。
水指は赤絵、蓋置は膳所(ぜぜ)焼です。
膳所のブルーはとっても珍しいです。
今年はお菓子を持ってきて下さった方がいて、お薄席でたくさんいただくことができました。ありがとうございます!
ちなみに主菓子は花びら餅。表千家の初釜では本当は常盤饅頭(うぐいす餡の入った薄緑色のお饅頭)なんですが、少し華やかさに欠けるということで、先生は毎年花びら餅にされています。
あ、ちなみに、今年の茶懐石も先生のお手製です!

今年は赤の付下げを着て行きました。
初釜の装い
可愛い若いお嬢さん二人が振袖姿で、すごく華やかな初釜になりました。
振袖はやっぱり他の人が着ているのを見て「きれいねえ」と言うのに限ります(笑)。
先生は「ささちゃんも振袖にすれば良かったのに」とおっしゃいましたが、年齢も年齢だし(前述のお嬢さん二人とはひとまわり近く違うんですよ)、あんなに重いものを自分が着るのはもういいです…。
スポンサーサイト