阪急宝塚沿線・寺社めぐり
昨日、ヅカ友Dさんと売布神社・中山寺・清荒神の3ヶ所に行ってきました。
実は私、長年のヅカファンなのに、一度も宝塚沿線の寺社に行ったことがなかったんです。
そのことを奈良へ行った時にDさんに話したら、「今度行こう」ということになり、ヅカファン歴17年目にして初めて沿線の寺社参りをすることになりました。

まずは売布神社へ(写真撮るの忘れたよ)。
阪急の駅近くの静かな場所にあるのですが、初詣にはけっこう人が来るようで、おみくじや願い事を書いた札(絵馬ではなく短冊のようなものでした)が木にたくさんくくりつけてありました。
売布神社の創建は古く、なんと推古天皇の時代!
今年で1400年らしく、新しく奉納されたものもあり、社殿もきれいでした。
神社の近くには、珍しくキリスト教の女子修道院があって、神さんと神さんやなと思ってしまいました(笑)。

続いて中山寺へ。
ここは西国三十三ヶ所の二十四番札所(私、これでいくつ行ったことになるんだろう?)。
中山寺1
なんだか標識が目立ってますが(笑)、立派な門があります。
仁王様は近年塗り直されて新しい感じになっていますが、「どうもプラスチックのように見える」と失礼なことを述べてしまいました(笑)。ホントは江戸時代からあるのでプラスチックではありません!
この門を入った先には、本当にたくさんの塔頭があります。
全部行くのは大変なので、私とDさんの干支の守り本尊のところ、2つくらい入りました。
境内には椿や蝋梅がたくさん咲いていてきれい。
中山寺2
蝋梅、いい香りでした。
中山寺で面白いのは、古刹にもかかわらずめちゃめちゃ近代的なところ。
安産祈願のお寺なので、妊婦さんや赤ちゃんにも負担にならないようにエスカレーターやエレベーターがあったり、携帯から映像が見れるライブカメラがあったり(しかも3ヵ所)、なかなかのハイテク寺です。
この塔の前にもライブカメラがありました。
中山寺3

中山寺を出てから、清荒神へ。
うちの母の話では、亡き祖父がよくお参りに行っていたそうなんですが、私は一度も一緒に行ったことがないです。
祖父は寺めぐりが好きで、子供の頃、よくいろんなお寺に連れて行ってくれたんですが、子供連れではここは遠いと思ったのかな。
それはさておき、駅から参道が続いているんですが、平日にもかかわらずなかなかの賑わい。
屋台の数もびっくりするくらい多かったです。
お昼は参道のうどん屋さんへ入りました(清荒神前の食べ物屋さんは、ほとんどうどん屋か蕎麦屋です)。
長い長い参道を通って、ようやく荒神さんに着きました。
清荒神1
清荒神は正式には清澄寺というんですが、ホントは神仏習合。
境内には鳥居のある神社があります。
そして、なぜか、その前には布袋さん。なんでやろ?
清荒神2
荒神さんは火の神さんなので、火箸を奉納するそうなんですが、どうやって持つのか分からないほど大きい火箸もあってびっくり!
そして、最後に滝のそばの岩に彫られた不動明王にも案内してもらいました。
ちょっと分かりづらかったけど、よくあんな危険な場所に彫ったな!と感心しました。

雨が降っていて寒かったので、お参り後は喫茶店でぜんざいをいただきました。
そしてDさんとヅカ話。たとえ大劇場に行かなくてもヅカ話です(笑)。
それにしても、常々行きたいと思ってた場所をいっぱい巡れて楽しかったな。
Dさん、また行きましょうね~。
スポンサーサイト