待ってましたっ!
のぼり1 のぼり2

久々に歌舞伎を見に行きました。勘三郎さんの復帰公演です。
加えて、新歌舞伎座1周年の公演でもあります。
劇場前にはこのようなのぼりがはためいていてとても華やか。「待ってましたっ!」と書かれたのぼりもあります。

今回の演目(昼の部)は、「御摂勧進帳(ごひいきかんじんちょう)」「男女道成寺(めおとどうじょうじ)」「人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)」の3つ。

「御摂勧進帳」は、有名な「勧進帳」よりも古い形のお芝居で、「荒事」と呼ばれる勇壮なもの。
「勧進帳」よりも明るく大らかでスピーディーなおもしろさがあります。
弁慶の姿もふつうの山伏姿ではなく、「義経千本桜」の弁慶と同じように隈取を取り、派手やかな衣装です。
よく笑いよく泣き(「義経…」でも泣くよね(笑))、それでいて博識。
人間味にあふれたヒーロー的な役柄が橋之助さんによく似合います。
注目の若手役者・尾上松也さんも義経役で気品があり美しかったです。
「御摂」の名のとおり、弁慶の登場のときに「どうぞごひいきに…」というようなセリフがあり、最初から「スターが弁慶を演じます」という設定になっているところや、終わりに「皆様のおかげで、この大役をつとめることができました」と客席とコミュニケーションをとるところが江戸時代の古風を伝えていると思います。

「男女道成寺」は、「娘道成寺」に代表される「道成寺もの」のバリエーションで、最初は白拍子2人と思いきや、片方は実は男性の狂言師で、男女ふたりで道成寺を踊り分ける美しい舞踊劇です。
勘太郎さんと七之助さん、やはり兄弟だけあって、同じ衣装を着るととてもよく似ています。
今回も、踊りの名手である勘太郎さんの表現力、大人びてきた七之助さんの美しさを堪能できました。
僧役の方々の踊りも楽しく、華やかな舞台はお祝いにふさわしいですね。

「人情噺文七元結」は、落語の「文七元結」を元にしたお芝居。「男はつらいよ」の山田洋次監督が補綴した新バージョンです。
宝塚でも、いろんな落語を元に作られたミュージカル「なみだ橋えがお橋」の中で少し出てきました。
酒と博打で身を持ち崩した左官の長兵衛が勘三郎さんなのですが、たとえボロを着ていても、だらしない役でも、この方には人の心を明るくする天性の華やかさがありますね
その女房お兼の扇雀さんは、今まで美しいお姫様や二枚目の役しか見ていなかったので、気の強い長屋のおかみさんに驚きましたが、こちらも本当によく似合っています。
他にも、娘・お久を演じる可愛く美しい芝のぶ(しのぶ)さん、いかにも気の弱そうな手代・文七の勘太郎さんなど、みんなはまり役でした!
ストーリーももちろん面白く、客席も笑いがいっぱいでとても盛り上がったお芝居でした。
山田洋次バージョンでは、お久はお兼の実の娘ではなく、亡き先妻の娘という設定なのですが、そこに「この子が幸せにならなければ産みのおっかさんに申し訳が立たない」「なさぬ仲の自分を今まで育ててくれたおっかさんをこれ以上つらい目に遭わせたくはない」という思いがにじんで、人情がより際立ったと思います。
今回は見れなかった夜の部の「引窓」にも義理の家族が出てくるんですが、やはり歌舞伎はこういう人情あふれる作品が多くて昔風のあたたかさを感じますね。
スポンサーサイト