博物館 明治村
連休に犬山市の明治村まで遊びに行ってきました。
すごーく広くて、明治時代の建物がびっくりするくらいいっぱい(よくぞここまで移築したなーと感心しました!)で、一日ではすべて回れないくらいでした。また行かなきゃ(笑)。

まずは入り口。

明治村1

これは名古屋にあった第八高等学校の正門です。
効率よく回るために、ここから村内バスに乗って、一番奥の「5丁目」にある帝国ホテルへ。

明治村2

かの有名なフランク・ロイド・ライトの設計です。
内装もお洒落。

明治村3

家具もお洒落。

明治村4

とにかくとてもお洒落で、しかも結婚式もやっていて、たくさん写真を撮ったんですが、この調子ではいつまでたっても他のところへ進めないだろう…ということで、次は新潟にあった小熊写真館へ。

明治村6

屋根のガラス張りのところが写場(スタジオ)になっていて、自然光が入るようにしてあります。
光の量はこういう白黒のカーテンで調節します。

明治村5

明治村には監獄の建物も移築されています。

明治村7

これは金沢監獄の門です。この先に続く監獄は、バスの中から見ました。

続いては教会。
壮麗なザビエル天主堂へ。

明治村8

この天主堂、長崎のどこかにあったのかな?と思いきや、なんと京都にあったそうです。
ここはステンドグラスが綺麗幻想的です。

明治村9

明治村10

お次は劇場。というより、芝居小屋というほうが風情があるかな。

明治村11

呉服座と書いて「くれはざ」と読みます。
大阪府池田市にあったもので、明治から昭和に至るまで、川上音二郎・貞奴夫妻やミヤコ蝶々さんら錚々たるスターが舞台をふみました。
中はこんな感じ。

明治村12

ここで歌舞伎やってほしいな~。

続いて、お伊勢さんのお膝元、宇治山田郵便局へ。

明治村13

伊勢では一年中注連縄を飾っておくそうです。
入り口には昔のポストもあります。
ここは建築の豪華さも素敵なんですが、普段見ることのできない、窓口内からの眺めも見ることができます。

明治村14

そして、おどろくべきことに鉄橋まで移築されています。

明治村15

汽車もありますが、今は動かしていません。

神戸の旧居留置からも移築された建物があります。

明治村16

二階が渡り廊下でつながってて、しかも洋風と和風というのは面白いですね。

歩き回ってお腹がすいてきたんですが「食道楽のカフェ」なる食堂は満員。他の食堂も満員で、なかなか食事にありつけず、屋台の「たません」(えびせんべいの間に大阪のイカ焼きのようなものをはさんでいる尾張名物)とひき肉と馬鈴薯のコロッケー(コロッケと呼ばないのがポイント)を食べました。
たませんはけっこうお腹がいっぱいになったのでよかった。
コロッケーは見た目は普通だけど、角切りじゃがいもとミートソースのようなひき肉の炒め物で、今のコロッケとは少し違う感じ。とても美味しかったです
これを食べた時点で、そろそろバスの時間になりました。
名古屋の栄で降りて、中日ビルにあるキャトルレーヴ(宝塚グッズのお店)に寄ってから奈良へ帰りました。
スポンサーサイト