初!文楽
昨日、国立文楽劇場で初めて文楽を見てきました!
実は、今まで一度も文楽を見ていなかったにもかかわらず、文楽劇場の舞台には立ったことがあるんです。
もちろん、私が人形を遣えるわけではなく、学生時代にクラブ活動で琴をやっていて、その先生の一門の発表会でなんですが。
その時は盆回し(回り舞台が回ること)を経験できて楽しかった~

さて、文楽です。
よく「舞台は総合芸術」と言いますが、文楽はまさにそれ!
人形、太夫、三味線、皆様いずれも高い技術を持っておられますが、それが三位一体となって、より素晴らしい芸術になっています。どれ一つ欠けても成立しない、チームワークが大切な演劇だとも思いました。
まず、文楽といえば人形が出てくるのが特徴ですが、この人形一体でも3人の人が操っていて、これ単独でも三位一体といえます。一挙手一投足が絶妙のタイミングで、本当にリアルな動きでした。
人形なので表情は変わらないはずなのに、微妙な動きで表情があるように見えるのが不思議です。
当然、人形は喋らないので、浄瑠璃の太夫さんは語りもセリフも一人でやるんですが、ちゃんとそれぞれの登場人物の声として聞こえるのがすごい。どこか落語に通じるものがあると思いました。
三味線は、歌舞伎を見るようになって「こんなにすごい技術を持った方がたくさんいるとは!」と驚いている次第なのですが、文楽劇場で、舞台と同じくらいの高さのところで聞くと、より素晴らしさが分かります。
そして、ただ演奏が素晴らしければいいというものではなく、音の速さや強弱で、人物の心情や人形の細かな動きをドラマチックに表現しなければならず、当然、太夫さんともきっちりタイミングを合わせなければいけないので、とても大変だなと思いました。

今回見た演目は、『恋女房染分手綱』より「道中双六の段」「重の井子別れの段」、『伊賀越道中双六』より「沼津」、『紅葉狩』の三つ。
『恋女房…』は、生き別れの母と息子の、「沼津」は父と息子の再会と別れを描いています。
とくに「沼津」は、なんと悲しいお話なのかと心がしめつけられるようでした。
私は卒論で「忠臣蔵」をテーマにしていて、「江戸時代の芝居が最も強く表現したいのは『情』だ」などと生意気なことを書いてましたが、この二つの演目はとくに「情」が重要ですね。
そういえば、もうすぐ始まる平成中村座で「沼津」を勘三郎さん、仁左衛門さん、孝太郎さんらが上演されます。
東京なので見にいけませんが、さぞかし良いだろうなと思います。
『紅葉狩』も、歌舞伎で有名な演目。宝塚でも日本物レビューとして海外公演で演じています。
これは、いかにも秋らしい美しさと、そこから一転しての大迫力で、見る者をまったく飽きさせません。
歌舞伎舞踊を想定して作られた演目なので、人形は芝居をするだけではなく、舞を舞ったり立ち回り(殺陣)をしたり、これこそ遣い手さんたちの腕の見せどころなんだろうなと感じました。

あと、おもしろかったのは舞台の上のあたりに字幕(日本語)が出ること!
時々、無意識のうちにオペラグラスを目から離さずに見てしまって「うっ、字が大きくて見えない!」となったりしてしまいましたが(笑)昔の言い回しなどで分かりづらいところも字になると分かったりするので助かりました。

この三演目のように、文楽から歌舞伎に取り入れられたお芝居がかなりたくさんあるので、同じ演目の歌舞伎バージョンもぜひ見てみたいです。
スポンサーサイト